キングダムのネタバレレビュー・内容・結末

キングダム2019年製作の映画)

上映日:2019年04月19日

製作国:

上映時間:134分

3.8

あらすじ

「キングダム」に投稿されたネタバレ・内容・結末

クリップしたまま観てない映画を消化していこう企画第1弾。

うーんおおむね画面内の顔面偏差値が高い、!
お亮は言うことなし。
そして長澤まさみがかっこいい。
お面被ってる時は正直何を言ってるのかわからんかったけど、そのあとの低音ボイスにやられた勢。

ながら見だったのと顔が覚えられなさすぎて、昌文君が生きてるとわかった時の衝撃はなかった。。
これ誰だっけ?てなってた。。

これは続編あるかな?
良い実写化でした。
気になる点もほとんど無く、ワイヤーアクションに違和感があったぐらい。
やっぱりキングダムは面白いね。
原作漫画を忠実に再現していました。
これから観る方は漫画(5巻辺りまで)を読んでからだと各登場人物の理解が進んでより楽しめるかも知れません。
映画では特に敵側の説明があんまりないです。

楊端和役の長澤まさみが童顔で可愛すぎるのが違和感あるくらい(顔だけだったら黒木メイサくらいつり目のイメージでした)で、信役の山﨑賢人や河了貂役の橋本環奈は原作漫画のイメージ通りでした。
キングダムを映画化する上で王騎役の大沢たかおがかなり重要ですが、今回はそこまで出番は多くなかったので次作以降に期待します。
原作漫画の大ファン。
原作とのマッチ感、美術、音楽など、これはかなり頑張ってる。
ブリーチとか東京喰種とかもこれくらいのレベルで頑張ってくれていたら漫画の実写化ももっと応援したくなるのに。

信の漫画っぽい暑苦しい熱血さも悪くないし、満島真之介の壁、坂口拓の左慈など脇役のベストな配役が決まっている。
殺陣も悪くはなかったが、ワイヤーアクションが全体的にキメに欠けていて、もう一歩の所で格好がつかない形になっていたのは観ていて惜しさを逐一感じるところだった。

原作でいうとまだ5巻辺りまでの内容で、身内の内輪話だけでまとまっているから壮大さは抑え気味。
このスケール感だったからこそ綺麗にまとめ上げることができていたが、これより先は10万人対10万人という構図が当たり前になる文字通り戦場がメインとなるのでそのスケールをどう描くのかが不安材料でも有る。
続編の羌瘣の配役が非常に気になる所。
福原遥か浜辺美波が有力候補か。
原作読んでなくての鑑賞だったけど、面白かった。原作面白いて聞くけど、絵に抵抗あって未読のままなんだよな。話も綺麗にキリよく終わってるし良かった。

良かったのは、最後に左慈を倒す時に筋肉に力が入って汗が散る演出。マンガではよく見るけど、実写でマンガのコマのように丁寧にああいう演出してる作品を見たことがなかったから新鮮だった。視覚効果に訴えかける演出だし、映画ならではの楽しみでかなり良かった。

山崎賢人は、青春映画によくで出てた時はそんな注目してなかったけど、この映画観て、こんな演技もできるんだって思った。この映画の演技は良かったと思う。アクションもめっちゃ練習したんだろうなっていうのが伝わってきたし、殺陣のキレのある動きとかアクションシーンが良かった。原作読んでないから言えることなのかもしれないけど。

大沢たかおの王騎は、存在感がすごかった。見た目もだけど、出番が少ないのに、ラストでこの戦で王騎が取った行動が全て考えてあってのことで、シナリオ通りに進まされてたっていうのが分かった時は、全て持ってかれたって感じだった。あんな少ない出番で最後に全部持ってくのはズルい!良かった。見た目の役作りも良かったし、あの喋り方も良かった。「んふぅ〜」って言うのだけは知ってたけど、まんまって感じだった。

本郷奏多くんは、ああいうクズな悪役演らせたら最高だね。最後に嬴政に殴られるところの演技もめっちゃ上手かった。殴られて反動で頭が若干振り戻ってくるところとか、あまり息ができなくてゴホってなってるところとかリアルで上手いよね。悪役のなりきり振りも好きだけど、細かい演技まで神経張り巡らせて演技してるところはかなり良い。

この映画、冒頭で信と刺客が戦って信を足蹴にするところとか、若干演技で本気で力入れてないっていうのが分かっちゃうところあるけど、この殴られるシーンは、嬴政の吉沢亮の殴る演技はそんなにリアルっぽくはないんだけど、本郷くんの合わせるのが上手くてリアルっぽく見える。

キャストが豪華なのに、ちょっとしか出てなかったりとかキャストのムダ遣いが良かった。要潤とかほぼほぼセリフないよ?そういうムダ遣いしてる贅沢さがヒットにも繋がってたりしてとも思ったり。

公開前の事前情報で、王宮とかが全部セットっていうのがあったけど、あの規模のセットってやっぱすごい。そこは美術さんすごいなと思った。

マンガでいったら、この映画でやったところは序章のところなんだろうけど、嬴政の王座奪還だけにスポットを当ててる内容で構成されていたから、約2時間半という長編でも割とすんなり観られたと思う。綺麗に流れがあって終わり方も綺麗でまとまってたから良かった。2も期待できる。
信が、なぜ政を守る気になったのか、映画だけだとわからん。
また、信が信ではなく、ただの現代の若者にしか見えない。
漫画のリアクションを実写でやっちゃいけない典型例かな?とおもいました。

また、剣技がCG使いすぎで、萎えた。

漫画読んでるから補正してギリ見れた。

ただ、政、せいきょう、さじ あたりの役者さんが良かったので、最後まで見れた。

長澤まさみ、美しい。
大沢たかおがすごくいい
役ぴったり
戦闘シーンがいまいちでも
かっこいいしキャストが豪華
夢をあんな大声で言われたたら鳥肌立つ
山崎賢人かっこよすぎ
原作は途中までしか読んでないので、ネタバレが嫌で横目でチラチラと観た笑

吉沢亮がかっこいい、とにかくかっこいい
長澤まさみも素敵〜!
そしてわたしは大沢たかお結構好きなんだけど、初めて気持ち悪いと思った笑

原作ちゃんと読んでからもう一度観たい
中国の歴史物好きと人気俳優陣の融合はいかに。現代用語が気になるところもあるけどアクション含め楽しめる作品。長澤まさみの手足の長さは映えるけど、大沢たかおの巨漢はSFX並み。
・キャストが豪華で特に王騎将軍がよかった
・ストーリーは原作通り
・橋本環奈がちんちくりんで出るたび笑ってしまった。
>|