レッドクリフ Part Iの作品情報・感想・評価

「レッドクリフ Part I」に投稿された感想・評価

twilight

twilightの感想・評価

3.5
三国志が好きなので見ました。

個人的には良かったです。

孔明やっぱ好き。
三国志の一大エポックであった赤壁の戦いを映像体験できるのだから、それだけでも魅力ある映画だと思います。実際に映像は凄い迫力あるものに仕上がってました。現代のCG技術があることが前提なのですが、大人数のエキストラも人海戦術をお家芸とする中国らしさを感じます。
ここからが苦言なのですが、前述の迫力以外に強く印象に残る部分がなかったのが残念なところです。三国志というストーリーには、圧倒的な数のファンがいるだけにそれぞれの登場人物の個性を表現するのが難しいのは分かります。でも個性豊かにしないと、歴史を忠実に描きすぎて、想像が膨らまないと思えますね…。
それとパート2への序章的な作品なので、本作だけでは映画としては成り立ってません。
しかし駄作ではなく、微妙な作品でした。
キングダムにはまって、中国の歴史モノを見たい!ってなってひっっさしぶりにレッドクリフひっぱりだしてきてみた。

おおおおもしろいいいい
動く戦闘シーン、キングダムで見てたような世界は実際こんな感じなんやぁておもしろさ2倍。
はじめの趙雲が単騎で敵やっつけまくるシーンがかっこよすぎて、え?この人主役じゃないん?てなるくらい主役級のかっこよさ…

周瑜も孫権も趙雲もとにかくかっこいい人たくさんでてくるけど
金城武の諸葛亮孔明と林志玲の小喬の美しさが限界突破。ため息でる。
Hagiwara

Hagiwaraの感想・評価

3.3
トニー・レオン、チョウ・ユンファの降板、トニー・レオンの復活やリン・チーリンの怪我など・・・
数々の困難を乗り越えて映画を完成させたジョン・ウー監督。
あんた、漢(おとこ)だねぇ!
まぁ、映画も漢な映画だしなぁ(笑)

自分的にはトニー・レオンが諸葛亮で金城君が美周郎のイメージがあって、 「配役逆じゃね」って思っていたのだが、金城孔明はなかなか良かったです。
トニー・レオンの周瑜は美化されている気がするなぁ(笑)
孔明と周瑜の友情を軸に進めるジョン・ウー三国志。
周瑜は孔明の才を恐れ、しまいには・・・ってところを映画ではどうまとめるのだろう。

日本では金城武とトニー・レオンが大フューチャーされていますが (もっとも主役なので当たり前なのですが) 自分的には趙雲役の胡軍(フー・ジュン)がお気に入りなのです。
映画冒頭、阿斗を抱え単騎で敵軍を突破する超有名シーンは三国志ファンなら感涙モノ。
会社で「趙雲のイメージが違う」などとほざいているヤツがいたが、三国無双しか知らぬモノは黙っとけ。
胡軍は金庸の武侠ドラマにも出ているので「降龍十八掌」で敵を蹴散らす姿を夢想した人は私だけじゃないはず(笑)

あと、金城武もインタビューで言っていたけど、三国志ファンならではの盛り上がるポイントというか 、有名武将が出てきただけで「キターーーッ!」って感じでニヤニヤしてしまうんだよねん。

趙雲登場!「キターーーッ!」
長槍使い、スゲー!!

関羽登場!「キターーーッ!」
神様登場! ヤベー、今年関帝廟にお参りしてないや。
青龍偃月刀って重いんだよなぁ(82斤)

張飛登場!「キターーーッ!」
せんだみつおー! 素手なのかよッ!

五虎将そろい踏みも観てみたいものだが、時代がずっと後だしなぁ・・・

また今回は陣形を再現しているとかで、陣の動き方を見せる演出になっていたけど、 八卦の陣の見せ方がイマイチだった気がする。
敵(劉備側)陣中に入ったものの、通路が塞がれ、退路が絶たれ、いつの間にか包囲されてしまう、 ってモノなんだけど・・・曹操軍が迷って慌ててって、感じがもう少し欲しかった。

三国志ネタは語ると長い(笑)


続編の見所予想は
「周瑜のいじわる」  孔明、矢を集める。
「連環の計」      龐統登場?
「天候を操る孔明」  護摩焚き。
「チーリン危機一髪」 曹操のエロ親父。

ってところでしょうか。
28

28の感想・評価

3.8
義に厚い劉備軍の皆様がカッコいいことこの上ない。
長いものには巻かれろ精神の私がこの時代に生きてたら間違いなく曹操に降伏状書きまくってる。

ながら見のときでも光の中から登場する関羽さんのシーンは絶対見逃してはいけない。
あのこれもうちょい戦闘とか多くしたり連環祈祷苦肉とか掘り下げないんすかね
曹操が逃げて関羽にエンカウントしてげえっ!とかまでやらないんすかね
ちゃん

ちゃんの感想・評価

4.8
三国志を好きになるきっかけになった作品。全く三国志のことを知らない人でもみやすい作品だから歴史系が好きな人は絶対みるべき。とにかく俳優陣の顔が美しすぎる。昔は関羽や趙雲などの武将をみてかっこいいって思ってたけど最近あらためてみると孔明みたいな賢い人ってすごくいいなって思うようになった。赤壁の戦いってやっぱりすごいな……
チィ

チィの感想・評価

4.0
これ10年前の作品?改めて観ても映像全然綺麗だわ。
最近中国ものばっかり観てるから無性に観たくなった。
公開時に観たけど、陣形がすごかった、女の人が綺麗だったぐらいの記憶しかなかったけど、中村獅童も出てたのね。(しかも特別出演。その理由が史実とは違う人物になったから。名前も違う。甘興じゃなくて本当は甘寧らしい。へー。)

さて、やっぱり戦術がすごい。
八卦の陣はもちろん壮観。その中で関羽が敵の槍を奪いながら刺して進んで行くのもすごいし、周瑜が曹操軍の旗をくるくるして槍代わりにして、最後に逆さに突き刺すのもカッコいい。

個人的に情に厚いシーン好きなので、劉備の奥さんが趙雲と子供を逃がすために自分の身を投げたとこ、うわーってなった。戦乱を生きた女性、ものすごい覚悟。
(近々、ケニー・リン(林更新)の趙雲伝も観たいから趙雲も記憶しなきゃ。)

あと、水牛のおじいさんに甘興が跪いたとき、兵士達も全員跪いたとこ。ウルっとした。こういうシーン弱い。
(蘭陵王観た時も、軍の兵士達の高長恭への忠義心にいい意味でゾワゾワしてた)

三国志はまだまださっぱりわからないレベルだけど、最初に観た時よりは中国史に興味が湧いてるから面白かった。
北京語もごくごく多少聴き取れるところもあり。
でも戦とか好きじゃないと全く面白くないんだろうな。どうなんでしょ。
自分は武将が好きかもと思い始めた。西洋の騎士とかも好きだしな。うん。

人物的には、周瑜のトニー・レオン(梁朝偉)も諸葛孔明の金城武もすごいんだけど、孫権のチャン・チェン(張震)がいい顔してた。ちょっとチン・ハオさんに似てるような。

全然関係ないけど、なぜか曹操が竹中直人、尚香が柴咲コウで変換されてた。なんか似てる。似てる役やったのかな。
関羽の登場シーンかっこよすぎな!

魏が好きなので、曹操も魅力的でした(o^^o)

三国志、好きになったきっかけの映画🎬
シー

シーの感想・評価

3.0
関羽登場シーンのキメ顏で絶対笑ってしまう。めちゃくちゃかっこよかったです。大河ドラマ見てる気分になりました。孔明のお色直しもたびたびあって良し。
>|