レッドクリフ Part Iの作品情報・感想・評価・動画配信

「レッドクリフ Part I」に投稿された感想・評価

Omochi

Omochiの感想・評価

3.7
三国志の有名な戦いで
赤壁の戦いに繋がる話!!
戦法がとにかく頭よくて圧巻。
登場人物多いけど中国史好き
ならわくわくしちゃうはず!
劉備軍のチームワーク素晴らしい。
とにかく続きが見たくなった。
Burn

Burnの感想・評価

3.5
戦シーンは兵法がカッコいい!
殺陣は微妙なのから良いシーンまでが入り乱れてる感じ。
話の内容は面白く、
part Iは序章みたいな感じだったので、
partⅡを観たくなりました!
いかにも中国映画といったアクションがメイン。
変に期待と先入観を持って観てしまったせいか、壮大な戦闘シーン以外はただただ退屈だった。

自分は三国志大好き人間で、なまじっか三国志に詳しいだけに赤壁で2部構成なら頭脳戦がメインだろうなんて勝手に期待してしまったのが悪かった。
ただのアクション映画なら三国志でなくてもいいなぁなんて勝手な失望で意気消沈。

配役も微妙。劉備、周瑜、曹操の重役達がいずれもイメージに合わない。関羽はよくあるイメージ像だが迫力が無くチープ。
これらよりも中国のドラマ三国志の方が全然合っている。

演義のストーリーを選んでる割には三国志ならではの面白さ、旨味が薄い。
と言っても、うまく表現出来なかったとかではなくそもそもアクション重視だから仕方がないのだが...

つらつらと文句を垂れたけど、全て自分の勝手な先入観のせい。
やっぱ映画は0の気持ちから観るのが一番楽しいな、と再認識した。
映画感

映画感の感想・評価

3.5
ストーリー重視の映画だと思ったが割と戦闘シーン多めだったのが意外。合戦の規模がとてつもなく大きく圧巻でした。
たなか

たなかの感想・評価

4.8
やっと観れた!解放😭😭

最初からずっと熱くてかっこいいーー痺れる
長いから後回しにしちやってたけど全然飽きない

限られた描写の中でこれだけキャラクターの個性がしっかり表現されてるの凄すぎる。それぞれに見所と熱い関係性があって、悪役がしっかり悪役してるし入り込みやすい。これは絶対に推しが見つかる。
孔明の最初のシーンもらしさが出てて好き、引き込まれた

でもやっぱり最終的にはトニーレオンが奇跡。人類の初恋。全部かっこいい。水牛の所で一生着いてくって決めた。
sora

soraの感想・評価

4.3
スケールが凄い!!
趙雲が好きだなぁーカッコ良かった。
戦闘シーンは見応えあった。
as

asの感想・評価

4.3
久しぶりに一気観ー‼️
いや〜面白い。
良くできてるし、キャラがキチンと確立されててそれだけでも見る価値あり。
キングダムを思い出したー
D

Dの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます


一昨日、今作のオープニング曲であるbeginningを合奏という形で演奏する機会に恵まれました。当時からずっと観たいな、と思っていたのですがなかなかタイミングが合わず…ようやく観賞です。やっぱりbeginningは良い。

乱世の時代、ロマンです。
野心、忠義、愛、正義、信念…。何かのために生き、命を捨てる。すべてのカットが非常に胸熱でした。人間が綺麗に綺麗に綺麗に描かれてます。これぞ創作物。
戦がメインの話なので勿論非常に血腥い作品です。血がブシューッて吹き出るけど、それがまた良い。やり過ぎアクションシーンのド派手さが気持ち良いです。
にも関わらず、音楽、調度品や建物、服装の優美で絢爛豪華なことと言ったら。素敵だ〜!
何よりキャラクター一人一人が非常に魅力的。登場人物は多いですが、時間をかけて個性的に描いています。絶対に一人は推しキャラが出来ちゃうような。圧倒的に諸葛亮孔明でしたありがとうございます!!!
文字通り「みせる」映画だな、と思いました。教養や前知識がなくてもついていけるつくりになっていて有難かったです。お金と時間のかかった超大作です。

にしてもbeginning戦いのシーンでも濡れ場でもいつでもどこでも流れるし弾くし歌うし使い勝手の良い素晴らしい曲だな、と思いました!
三国志の世界を良くここまで映像化してくれたなという気持ちです。戦闘シーンは特に見応えがあります。個人的にはパート1の方が面白いかと思います。
n

nの感想・評価

3.5
駄作だな…という印象しかなかったけど、原作をかじってみるとこれはこれでかなり良かったのかもしれないという気がしてきた。何よりキャスティングが。
製作当時、配役が確定するまでに相次ぐ降板また再登板など一悶着あったと聞くけれど、何にせよ諸葛亮孔明が金城武って神の采配ではないか。孔明の好感度が天を衝く勢いで爆上がりです。天然軍師、本当にかわいい。胡軍様の趙雲も他の人が考えられないぐらい最高だし、周瑜=トニー・レオン?というのは一見すると不思議な感じだけど、考えてみるとなるほど小喬様の夫だからか…と心から納得がいくのでこれも大正解。よくぞここまで揃えてくれた。
岩代太郎さん作のテーマ曲ももちろん素晴らしい。近々もう一回観てみようかな…。
>|