るろうに剣心の作品情報・感想・評価・動画配信

るろうに剣心2012年製作の映画)

上映日:2012年08月25日

製作国:

上映時間:134分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「るろうに剣心」に投稿された感想・評価

Keito

Keitoの感想・評価

4.1
るろうに剣心シリーズ 1作品目

実写るろうに剣心の記念すべき1作品目。映画の実写化という面から見ても成功しているし、邦画と言う面から見ても大成功と言える作品。主演の佐藤健は剣心にピッタリだ。私のイメージはこの作品で「俳優・佐藤健」というジャンルが確立したと思っている。身体能力を生かして漫画並みの殺陣のシーンは圧巻される。剣心が実写に本当に出てきたのではないかと。洋画顔負けのアクションの連続にドキドキした。そして剣心を取り巻く人物たちの再現度も高い。香川照之の小賢しい悪役、青木宗高の左之助など、他の演者の方の演技力が高いのでレベルが高い。実写化作品の中で一番成功した作品と言える。
きよ

きよの感想・評価

4.0
記録。
2021/10/17

新作の予習のために鑑賞。
今こうしてみるとキャスト豪華だな〜

剣心のところどころかわいらしい感じがおもしろかった!笑
アクションシーンはさすが👍🏻
kze

kzeの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

クオリティ高すぎて何回も見ちゃう
ストーリーは映画オリジナルの部分もあるけど、不自然な感じや違和感がなくて良かった⭕️
最新作がU-NEXTでの有料配信が開始になったので、前三作を見直そうと思い鑑賞。

まさかのもう10年も経っていたとは…。

邦画…特に漫画原作の映画化は本当にクソみたいなものが多く…というか90%以上クソだと思ってるけど、この映画は稀に見る例外。

原作が好きな故に評価が厳しくなりがちなのにも関わらず、よくできていると思う。

特にアクションシーンはかなり力が入っていて良いデキ。

キャストがちょっとなー…という部分はあるものの、今作はストーリー上の端折り方もそれほど無理がなく(この後の二作品は端折り方が酷い)、よくまとまっていたと思う。
SETSUNA

SETSUNAの感想・評価

3.8
単純だけどカッコいいに尽きる!(るろ剣1作目)
剣心と外印の戦いがアクションや雰囲気含めて好きなシーンでした!
【内訳】
①ストーリー★3.7
②テンポ感★3.8
③キャスト★4.0
④セリフ(言動)★3.9
⑤映像★3.8
⑥音楽★3.7
⑦満足度★3.7
⑧演出★3.7
剣心がアヘンで悪徳商法をする武田観柳とその手下で偽抜刀斎として人斬りをしてた刀衛と戦う話。
とりあえず新作の予習のために鑑賞。
いやー良かった。面白いって噂に間違いありませんでしたね。左之助の戦いは純粋に勝負を楽しんでる感があってすこです。
後香川照之のあのテーマすごく好き。
モツ

モツの感想・評価

3.6
初めて観た時は、剣心じゃんっ!と佐藤健くんのビジュアルのハマりっぷりに驚愕しました

邦画史で漫画実写化した作品の中ではかなりの成功作ではなかろうか

気になるとこはかなりあるのも事実だがそれを差し引いても良いと思います

と、いうか実写化するにあたり、しやすかったんでしょうね!だって元々が日本だものね

剣心が赤い着物を着た時が1番テンションがあがりました!アクションではなく

知らなかったとはいえ、飛天御剣流に斬馬刀で喧嘩売った左之助の度胸たるや

斬るつもりじゃないから!潰す予定だったんだからね!上からドンっだから!
cupof

cupofの感想・評価

4.0
役がハマりすぎている。原作超えとはまさにこの事だと思った。佐藤健演じる剣心もぴったりだったし、香川照之の悪役っぷりも堪らなく良かった。
漫画見てないけどるろ剣大好き。
これは実写化成功してる!って声をよく聞くから
もう漫画は今後も読まないと思う。笑
剣心ほんとーにかっこいい。。
主題歌ワンオクなのもかっこいい。。
>|

あなたにおすすめの記事