るろうに剣心の作品情報・感想・評価

「るろうに剣心」に投稿された感想・評価

もも

ももの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

佐藤健がかっこよかった〜☆
残酷なシーンが多く、観ているのが辛い時間も多かったけれど、かっこいい佐藤健観たさに最後まで観てしまいました。ハッピーエンドで良かった☆
Meg

Megの感想・評価

3.0
原作は未読。小学生の時、テレビアニメを途中まで鑑賞した程度の熱心なファンでない私にとっては楽しい作品だった(漫画の映画化は不作の為、期待値が低かったというのもある)。懸念の配役もぴったり。特に佐藤健は剣心の二面性をきちんと演じられていた。また殺陣もスピード感があって新鮮。『るろうに剣心』の実写化は成功しているだろうが、映画としての出来はいまいち。登場人物が多く、事情が込み入っている割に、盛り上がりに欠ける。脚本のブラッシュ・アップ不足が気になる。
【 2013/1/3再鑑賞】
ユッ

ユッの感想・評価

2.8
人を斬ればそこに恨みが生まれる
恨みはまた人を斬らせる
その連なりを断つのが
この斬れない刀の役目でござる
粉雪

粉雪の感想・評価

3.5
昔、ジャンプで読んでいた剣心が実写化と聞いて、懐かしさのあまり観てみたら、佐藤健くんがハマっていて結局全シリーズみてしまった。でも、本当にオロッ、と言ってたのはちょっと引いた。
joker

jokerの感想・評価

-
吉川 晃司さんが素晴らしい。
ミュージシャンではなく、
立派に俳優。
るろうに剣心はかなり思い入れの強い作品であり、
尊敬する人格の持ち主といえば剣心だった。今でもそう。

当然、こんな超人気の漫画の実写化はかなり不安であったが、これが何ともかなりクオリティが高い。
もちろん、19歳設定の佐之助がおっさんだったり、斎藤一が熱血漢だったり、腑に落ちないところもなくはない。
が、佐藤健、香川照之、吉川晃司が素晴らしくあの強烈な演技と期待以上のアクションの凄さに圧倒されてしまった。

戦闘シーンでさすがにアニメの音楽は使われなかったが、頭の中ではずっとアニメの音楽が流れていた。

続編を見てわかるが、今作のアクションはやや控え目である。
そのバランスが良く、続編のアクションは比べ物にならない。
三部作中ちゃんと名前の出る飛天御劔流は二つしかなく、今作の技は感動しすぎて涙が出る。

これをきっかけにアニメや漫画をぜひ読んでもらいたい。
mi

miの感想・評価

4.0
るろ剣はやっぱ最高ですね!
佐藤健かっこいいゎ😍
綾野剛もいいけど😀
ののた

ののたの感想・評価

3.3
たぶん原作はもっときめ細かいストーリーなんだろうな。ちょっと飛びすぎてる感があった。でも、想像していたよりずっとおもしろかったです。
アクション編集うまい。
音楽の使い方もうまい。
かっこいい。
これは健がいないとできなかった実写だと思ってます。
(2013年3月5日レビュー)

おもしろかったです。
るろうに剣心ファンの私が言うのだから
間違いないです。

飛天御剣流の映像化に
成功したと言えるでしょう。
実際に飛天御剣流が存在するとしたら、
こんな感じになると思います。
かといって、
現実にありえない程凄すぎる訳ではない。
明治という時代背景を壊さない程度に、
かつ凄まじい戦闘場面でした。

アクションシーンは完璧だと思います。


個人的に、
原作ではおじいちゃんだった外印が、
本作ではイケメンキャラ(綾野剛)
になっていた所が良かったです。
外印好きだったのに、覆面とった時に失望した口なので。


侍映画として、
アクションシーンに関しては
世界に誇れる映画だったと思います。


ただ、こういう事はよくあるのですが、
原作を知らない人が見ると、
「ん、なんでこうなったんだ?」
と思うだろう箇所がいくつか見られました。
また、自己紹介する箇所もないので、
江口洋介=齋藤一、
吉川晃司=刃衛、というのは
原作を知らない人もわかったのでしょうか?

アクションがここまで凄いのだから、
ストーリーはもっとシンプルでも良かったかも
しれません。


製作:2012年
監督:大友啓二
出演:佐藤健、武井咲、綾野剛
>|