るろうに剣心 伝説の最期編の作品情報・感想・評価・動画配信

るろうに剣心 伝説の最期編2014年製作の映画)

上映日:2014年09月13日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「るろうに剣心 伝説の最期編」に投稿された感想・評価

rada

radaの感想・評価

3.8
<2022年 78本目>
最後の決闘シーンが凄すぎてそこしか印象に残っていない。

血みどろになりながら己の正義、生き様、信じるもののために戦う5人の姿が日本の映画史に残るくらいのシーンだと思う。

志々雄は生きた屍のように倒れない。それは"意志"が強いから。それに対して剣心含めた4人が戦う。自分の命までも犠牲にして日本のため、仲間のため、己のために全力を注いで志々雄をとめる。

本当に何度も観たくなるようなシーン。

このレビューはネタバレを含みます

原作既読で原作に思い入れがある方なので、ちょっと厳しい評価になるかな…
力を入れているアクションはもちろん魅力的で、速くて激しいのに動きが視聴者側にもしっかりと伝わってきて、魅せ方がうまいな〜!と本当に思う。
漫画原作の映画の中では面白い方だと思うんだよ!それは間違いない!
剣心演じる佐藤健くんの演技も自然で違和感がないのもいい。剣心が実際いたらこんな感じだろうなと一作目・二作目と続き、本作でも感動した。

でも原作でも一番人気の京都編を扱っているんだから、もうちょい話を深堀してほしかった。
伊藤博文を無理やり出してくるなら、宗次郎の過去とかもう少し描写してもよかったのでは!?と、憤りの気持ちがあるのよ…
十本刀にもそれぞれ明治政府を恨む理由&志々雄真実に陶酔する理由を持ってるわけで、尺の都合もあるから十本刀全員の描写をちゃんとしろとはさすがに言わないけど、せめて主要で出番も多い宗次郎とか由美とか、過去とか理由とかもう少し要素を出してほしかった。

個人的に一番許せないのは安慈をギャグキャラにしたことだな…
いや廃仏毀釈を一因として、村人たちにより子供たち諸共火にかけられたエピが重すぎる&長すぎるのはわかるんだけど、ギャグキャラには…ギャグキャラにはしないでほしかった…頼むよ…
左之助が一番好きなので映画では単なる馬鹿と描写されてるのも凄く嫌なポイントではあるんだけどね!左之助は無鉄砲で猪突猛進なだけで、馬鹿ではないんだよ!映画の姿を見ると草場の影で相良隊長泣いてそうだな…と
(斎藤に関しても言いたいことは百あるけど長くなるから省略)

あとは
・恵さんが剣心に対して微妙にタメ口
(剣心に好意がある&敬意を払ってることから絶対タメ口にはないでしょと凄い違和感があった)
・剣心処刑されかけてんのに柵を乗り越えない左之助
・女として一番になれず、だからといって戦闘面でも一番になれないから男のままで綺麗な女性の姿をしてたはずの鎌足が小汚い服を纏っている
・志々雄さまの剣術は無限刃に染み込んだ人間の脂肪を摩擦によって火を起こしていたはずだけど、摩擦してないのに炎を纏っていて「???」となった
──とか、言いたいことは色々あるけど、言い出すとキリがないので止めておく。
基本的にキャラの表面をなぞってるだけだから違和感があるんだよなぁ…


個人的によかったポイントをあげるとすれば、やはり原作にはなかった煉獄の活躍かな!
この活躍を見れば原作の志々雄さまもご満悦なのではと嬉しくなった。
映画では津南が出てこないので煉獄が無事だったというif展開はなかなかよかったなと。
絶対省かれると思ってた、志々雄さまが剣心の肩の肉を食いちぎるシーンをちゃんと盛り込んでいたのも好ポイントでした。

あと、ちょっとだけ出てきて瞬殺された宇水がティンべーとローチンを持って挑んできたのはよかったし、思わず笑ってしまった。
(原作で宇水が言ってた「「ティンべー」と「ローチン」の基本的戦法!」という台詞が脳裏によぎったよね)


あまりにも細かい点を指摘してる自覚はあるんだけど、でも原作&アニメも大好きだったので、期待が大きかったかなとは思いました。
でもアクションは本当にカッコよくて見応えがあるから、アクションだけでも見る価値はあると思う。
のび

のびの感想・評価

3.6
江口洋介、伊勢谷友介、藤原竜也が良い。

アクションシーンもなかなかのクオリティ。

かなりの役者さんを揃えており、豪華のひとこと。

京都大火の後編なんで、ストーリーは普通かな。

1から通して観ると面白いです。
斎藤一の牙突がめっちゃカッコいいまじ惚れた!
最後の乱闘もいい!
2回目だけどとても良かった。
斎藤一がほんとにかっこよすぎる。
ば

ばの感想・評価

2.5
むずいと思いますわよ流石にこの尺で十本刀との戦いをみせるのわ…だけどな…おまえ…左之助と坊主との出会いを戦以外で魅せないと…ほんとに左之助がただの頑丈筋肉ゴリラになってしまう…否…なってた…

過去もまさかの口頭説明…


殺すなーーーーー翁
YutoTanaka

YutoTanakaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

殺陣よかったです!ただ、結構長ったるい印象。なんなら前作含めて蒼紫のくだり全カットくらいの勢いでもよかったのではないかと…
最後、志々雄vs4人のあのシーン、原作通りでアツかったですが、映画だけ追ってるといまいちあそこで登場する理由が分からない…笑。左之助の登場でも志々雄が「誰だてめぇ!」って言ってたのに妙に笑えてしまった…
牙突とか、天翔龍閃とか、実写の許容範囲から丁度外れない感じの演出はカッコ良かったですね。志々雄の無限刃の発火もイケてる!

ラストの咆哮で藤原竜也起用の理由がわかりました笑
佐藤健、伊勢谷友介、神木隆之介、滝藤賢一、福山雅治、藤原竜也はみんな声がおとなしめだから見るたび寝ちゃう……演技云々じゃなくてね

でも本当に見るたび寝ちゃうから睡眠導入剤に使ってます
みつ

みつの感想・評価

3.7
るろうに剣心の原作はほとんど知らずあえて映画の世界観だけを楽しもうと思って前作に引き続き原作知らないままの鑑賞だったけど…

志々雄の悪のカリスマ性!?すんごくない!?かっこ良いし切ないし、切ないし……。
続編があることがわかっている作品だけど、これは一作も見逃せないわ。


…と、言っていたのに最新作を映画館で観れなかったのはまた別の話。
#るろうに剣心
「京都大火編」からの後編
壮絶な剣心と志々雄の戦いがスゴい
薫役の武井咲さん、素敵でした
>|

あなたにおすすめの記事