るろうに剣心 伝説の最期編の作品情報・感想・評価・動画配信

るろうに剣心 伝説の最期編2014年製作の映画)

上映日:2014年09月13日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「るろうに剣心 伝説の最期編」に投稿された感想・評価

harkeer

harkeerの感想・評価

3.0
⚪︎シリーズ通してアクションがずっとすごい(壁蹴るのと飛ぶのはノルマな気する)

⚪︎神木くんがすごい

⚪︎段々志々雄が可哀想になってくる、不思議

⚪︎高荷恵が守られるだけじゃないタイプの女性で推せる

⚪︎ラストシーンそれで終わると思わなくって、…え!?ってなった、続編ありきの終わり方
aibaba

aibabaの感想・評価

3.5
普段THEエンタメ映画は見ないのだが、最終章が公開されるので見てみることに。ここまで見てきてやはりアクションとキャスティングがすごいと感じる。

主要キャラの個性はしっかりと表現できていたし、特に今回は“藤原竜也”演じる“志々雄真実”がとても魅力的だった!そして殺陣がすごい。

ただ、これだけキャラクターが多いと、戦闘シーンも多くなる為、自ずとドラマ性は薄くなる。だからこそ2部構成にしたのだろうけど。

「言った側からまた油断。馬鹿は死ななきゃなおらない。牙突零式!!」

からの

「……油断? なんのことかな? これは余裕と……言うもんだ!」

ってシーンはもちろんなかった。
ら

らの感想・評価

5.0
いやもうアクションが意味がわからん。
凄すぎる。殺陣がすごいのよ。
なめこ

なめこの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

アクション点 2.5点+藤原竜也点 0.5点

るろうに剣心ではない。別作品として見れば、要素詰め込み過ぎで、1つ1つの要素が薄い。
ただ、アクションの種類の豊富さと邦画ではあまり見ない気がする複数人でのアクションが圧巻。しかも、それを全部有名俳優がやっているという美味しさ。
佐藤健のイケメンスマイルが眼福。

天翔龍閃…?
DUN

DUNの感想・評価

3.7
 前作の京都大火編が、帝国の逆襲よろしく半端なところで終わっていたので、今回は実にきれいに終わってくれてよかった
志々雄に剣心、斎藤、あおし、左之助の47人がかりでかかっていったの見て、三国志の呂布対劉備兄妹を思い出してしまった
十本刀の面々が活躍しなかったのが残念
佐藤健のワイヤー無しのアクションのキレが素晴らしかった

ストーリー的にスターウォーズとにた感じを受けたのはワシだけ?
師匠と弟子のスタンスが、ヨーダとルーク的なイメージで
志々雄様に惚れる。
あまりに格好良すぎる。

実写化キャラで一番好き。
あとメアリージュン妖艶でむっちゃ好き。
sayayann

sayayannの感想・評価

5.0
漫画が原作なのに、ここまで批判がない実写はじめてです。
本当に名作だとおもいます。
三期が来年にのびたのが悲しくてしょうがない
ASH

ASHの感想・評価

4.2
新作映画に向けて復習。

実写化はあまり好きではないが、るろうに剣心は凄くよく出来てる作品だと思う。
藤原竜也が演じる志々雄真実はやはり圧巻。
原作の北海道編では、瀬田宗次郎、永倉新八、安慈が登場しているため、再演希望。

このレビューはネタバレを含みます

かなり頑張った時代劇バトル邦画。
異常独身中年武装集団(一部例外あり)十本刀ファンの皆様は色々言いたい事もあるでしょう特に出逢って5秒で即死の心眼中年の扱いとか。でも仕方ない異常で独身な中年の男性とくれば地球上で1番命の価値が低いので尺のために速攻ブチ殺されてしまうのは摂理じゃ

日本漫画界が産んだ折伏ダークナイトであり全異常中年男性の憧れの存在である安慈和尚の説法バトルをじっくり観たくなかったと言えば嘘になるし全十本刀バトルをネットリ描いて上映時間12時間とかでも別に良かったんだけどやっぱ金ないし常識的に考えて無理だから受け入れるしかない。
原作原理主義者も多かろう作品でこれだけやったのは素直にすごい。
Shuta

Shutaの感想・評価

3.8
チャンバラは、絵になるし
カッコいい

一度の挫折、師匠の元での修行、再び対峙という流れがカッコいい。

佐藤健、江口洋介、伊勢谷友介、青木崇高の四人と対決しても、なお存在感を示せる藤原竜也が凄いなと思った。
>|