プラネティストの作品情報・感想・評価

プラネティスト2018年製作の映画)

上映日:2020年07月11日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

「プラネティスト」に投稿された感想・評価

どらみ

どらみの感想・評価

4.4
原始の風景を残す小笠原諸島に魅せられた
豊田監督が島に移住し撮影した4年間
GOMAさんの吹くディジュリドウに共鳴し
クジラの群れが潮を吹く🐳
イな地が響き合う美しさに息をのむ
荘厳な夕景と達也のドラム
息子と海で宝探しをする窪塚君
海で寛ぐKEEさん
私も大自然に包まれ幸せな時間だった
刈谷日劇にて…
insomnia

insomniaの感想・評価

3.3
小笠原諸島、美しくて癒されます。
5人それぞれの見方があって、面白いなと感じましたが中村達也の凄さにただ圧倒されて観終わった後にはほぼ中村達也しか覚えてなかった。完。
Lotta

Lottaの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

まず観る前から好きだった
「あの島に行くには、夜をくぐりぬけていくしかない。」
太宰か?宮沢賢治か?めっちゃ文学的で美しい表現!
最初から最後までずっと画面の中が美しかった。
GOMAさんとクジラたちの会話は本当に素敵で涙が止まらなくなった。
島にやってくる人たちはみんな島から受け取ったエネルギーをそれぞれの方法で島に返す。
長くてちょっと疲れたけど充実感あった。
navy

navyの感想・評価

-
「半分、生きた」を読んだ。

宮川典継をもっと好きになった。

世の中クソッタレだ。

小笠原に行きたい。

俺にもいずれ舟に乗る理由・船に乗るときが訪れるだろう。

今はその瀬戸際だ。
今年は取材で小笠原に行けなかったので、著者を誘って小笠原の映像を観に行ってきた。
Shun

Shunの感想・評価

3.5
ジャックマイヨール曰く、小笠原には人生で必要なものすべてが揃っている。
朝焼けと夕焼け。宮川典継さんの先祖代々からの『継承』は同じ日本人として誇りを感じます。
卍ラインさんのラップがvs地球っても見ものです。
「planetist never die」

このレビューはネタバレを含みます

小笠原を愛する中川さんの生き様に惚れる。ボニンブルーの海でイルカと一緒に泳ぐ姿は、本当に気持ちよさそうで、楽しそうで…。

でも作品全体としては…。GOMAさんのパートは自然に観れたものの、そのほかのパートは、場違いな音をガンガン鳴らしたり、某俳優がトンチンカンな持論を展開しはじめたり…。渋川さんは何しに小笠原まで行ったのだろう?(笑)この不協和音感を楽しめばよかったのか。最後の方で急に島の歴史が語られはじめたりとか、一体なににフォーカスしたいのかがわからず、まとまりにかける印象だった。
あや子

あや子の感想・評価

3.5
癒されるかと思いきや、長くてちょっと疲れちゃった。

私も船からカモメを見て「ジョニー!ジョニー!ジョナサーン!」ってデカイ声で呼べる人になりたいなって思いました。
小笠原諸島のネイチャードキュメンタリーと見せかけて、現地の人とそこを訪れたアーティストたちの人間ドキュメンタリー。
「破壊の日」と同様音楽が素晴らしく、GOMA、窪塚洋介親子、中村達也らが島と海と自然に溶け合い、表現に昇華されていく様子は圧巻。
特にGOMA氏のディジュリドゥとクジラとの映像はなかなか見たことがないもの。
渋川清彦という人の魅力は、いまいち自分にはよくわからん笑
Momo

Momoの感想・評価

3.2
最初におがまるが出てきただけで泣いた笑 小笠原帰りたーーーい。映画の構成自体は微妙だった&もっと島の良さ伝われって感じだったけど、島の知り合いの人とか犬がいっぱい写り込んでて嬉しかった。
>|