ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

上映館(340館)

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語2019年製作の映画)

Little Women

上映日:2020年06月12日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

あらすじ

「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」に投稿された感想・評価

藤さん

藤さんの感想・評価

1.5
 凄く評判が良く期待したが、個人的には全くのハズレでした。まぁ若草物語を全く知らないってのもあったと思うんですが、登場人物、時系列、背景がわかりにくく、内容もフェミさん大好物な女尊男卑な感じで最悪で全く合いませんでした。
2時間?では足りないかな。4人いるからか、主人公の悩みとか葛藤があまり印象に残らなかったです。

個人的にエマワトソンの役の女の子をもっと深掘りしてほしいな〜と思った。

主人公の長女の葛藤はよく分かるし、誰しも一度考えたことやと思う。小説家目指すという夢があるんだったら尚更思うだろうなぁ。

あと、キャラクターは現実にいそうな子ばかりで良かった。大変だけど賑やか感じがなんだか女の子らしくて良い。

でもピアノを弾く子が亡くなったのはけっこう辛い。

あの四女を支える、父と母は素晴らしいですね。

登場人物が良い人たちばかりで、何か大きな起こるわけでもないから、物語としては単調だったけど、これはこれでいいかもね。
ゆか

ゆかの感想・評価

4.1
女性ということもあり、とても共感が出来、胸が熱くなった。女性差別やら、貧困やら、いろんな問題が反映されているが、姉妹のやりとりはとても楽しく美しい。
それぞれの演技力が高い。
悲しみや喜びの機微が上手く表現されていて、
映画館で観て良かったと感じられる作品
momo

momoの感想・評価

4.3
映像が綺麗♡人それぞれの幸せが考えさせられます。是非女性には観てほしいです。
さきの

さきのの感想・評価

3.7
自分らしく生きている人ってキラキラして見える。
幸せの形、感じ方って人の数だけたくさんあるのだなぁと実感。
衣装、家具全て可愛いかった。

ただ、こんなにも良さは感じたのに、最近の自分の日々が平々凡々過ぎて、そんな中での久々の映画で、話にもう少し刺激が欲しいと思ってしまった。もう少し前か後に見ていたら、この作品をもっと好き!感じていたと思う。
きなこ

きなこの感想・評価

4.4
ストーリー、キャスト、衣装…もうすべてドストライク。
姉妹それぞれの幸せの形がすてき。
家族は大事。でも女のひとの幸せって結婚だけなのかな…って一度は考えたことがある人、考えてる人におすすめしたい。
私も結婚願望のピークを過ぎて、でも仕事をこのまま頑張ってていいのかなってタイミングだったからすごくすっきりした気持ちになれた。また観たいな。
N

Nの感想・評価

-
私は原作のほうがすき。。

ローリーがエイミーを好きになる過程全然伝わってこなかった( ;∀;)
pilotis

pilotisの感想・評価

4.5
現在の今年度キャスティング賞・ダンス賞

これだけ豪華な俳優陣バンバン出て(しかも序盤で出しまくるのが潔い!) 監督と各人の演技の絶妙な采配技術は勿論、食う食われるがなく化学反応バッチバチなの、一体キャスティングした人はどんな徳を積んできたんだろうね?
その中でもティモシーとシアーシャ・ローナン、最初の会話シーンから特別他の人との差別化や演出は無いのに「もうこの二人だな」というのが分かる。雰囲気も表情も最高に可愛いし最高。そして無邪気なダンスが最高に弾けている!!!
「ミッドサマー」のフローレンスビューも何を始めるか分からない、頑固で抗えないような目力と声色が映画を最高に面白くしている。

私は美しい4姉妹という設定はまず嫌いだ。成長して今までの生活が出来ない、人が離れていく変わっていくのは嫌だ(ここはジョーと共感したかもしれない)。なのでお話としては好きな部類ではないです。
最後の納得いかないけど納得するような、なんとも言えないジョーの表情が、それでも続けていく(生きていくことも)しかないんだよなぁ、という気持ちになりました。製本萌えしました。

この4姉妹はそれぞれ人生の意味合いや考え方が違うように、テーマが分かれているようです。たとえばメグは堅実・従来、ジョーは自立・自由、エイミーは現実、ベスは永遠と喪失と思いやり。
だからテディも同じようなテーマを持っていてジョーと居ると最高にマッチして見える。肩や頭の叩き方とかも気を使っていなくて良い。てか二人が最強で可愛い(何度も言う)。ベスとしもべ伯父さんのシーンも最高だった。
それは相性というものでもありましょうが、人生にどういう意味を持っているかも気の合う人で似ているし、姉妹でも全然違うし、それぞれの幸せモデルを描いたのは良かったのかもしれません。創作感と上手く行き過ぎと美を盛り過ぎはありますが。

時系列往復し過ぎて混乱して疲れて、折角の超絶クオリティ映画が長く感じたのが残念だった。ベスよ永遠に。
sakura

sakuraの感想・評価

-
フローレンスピュー最高だ。。
ジョーとエミリーとメグとベスとわたしたちのために自由な中年女性の存在があたりまえの世界にしてく。。

ビーチでのシーンがあったかくて忘れられない
>|