ジェイン・オースティン 秘められた恋の作品情報・感想・評価

「ジェイン・オースティン 秘められた恋」に投稿された感想・評価

Yotta

Yottaの感想・評価

4.3
今年200本目!
絶対推しの映画見るって決めてた!
「プライドと偏見」の作者ジェイン・オースティンの伝記ラブストーリー
恋愛映画のあるあるがめっちゃ詰め込まれてた…
でもこれ、ジェインが、実際経験した事やジェインの小説の一部が反映されてるって聞いてびっくりした〜!

少女マンガ読んでる時のあのきゃー!ってなる感じの映画です🥺

物語はお互いの印象最悪なところからスタートする
そこから意外な部分を見たり、話をしたり、舞踏会で踊ったりしてうちに、お互いが惹かれあっていく
気がつかないうちに恋に落ちてるって素敵だ….😌🧡
生涯独身でいるつもり?って言われるぐらい男性に見向きもせず小説家を目指す主人公のアン・ハサウェイと、おじさんの脛かじりな遊び人のマカヴォイが恋に落ちるんだけど最高…

アン・ハサウェイ可愛すぎる…怒った顔も静かに涙を流すシーンもはしゃぐ姿も全て美………
常にデコルテが出てるドレス着てるんだけどめちゃくちゃ似合う…綺麗だ〜🥺🧡
あと!主人公のお母さんはハリポタのロンのお母さんだし、婚約者の叔母さんはマクゴナガル先生だしこれハリーポッター?ってなった笑笑

マカヴォイはというと、かわいい…死ぬほどかわいい…
早口で皮肉っぽい台詞言いながら舞踏会で踊るシーンとか、主人公の兄と競争だ!って全力で楽しそうに走るシーンとか…
あと大好きが溢れ出して「僕の全ては君のものだ」って言うとこと「僕だけを愛して」的な事を目を潤ませて言うシーンとか死………😇😇😇

ちょっと…ちょっとまってよ…ってなりながらなんとか全部見終えた…これは本当にダメです🙅‍♀️
推しが激かわで死んじゃいそうだった🥺🧡
ストーリーは切ない系ですが、素敵なエンドだったので最高でした!また見ます!
マカヴォイ可愛くて死ねるのでおすすめします💯
kurea

kureaの感想・評価

3.4
本当に秘められた恋だった。
この時代はどの国で恋をしても
こういう結末になることが
大半だったんだろうな。
身分による壁ってデカいよね。
Black

Blackの感想・評価

3.8
大学の授業で観た。このような話から「誇りと偏見」というジェインの作品が生まれたのだと思うと素晴らしいなと思った。結婚に対する考え方や地域貧困などの偏見などもあり、選択肢が少ないことはしんどいことやと思った。
ルフロイが自分の娘にジェインと名付けたとこは良かった。
しろ

しろの感想・評価

-
アンハサウェイとマカヴォイの顔がいい
舞踏会のシーンめちゃ好きです
英文学史を勉強していて、ジェーン・オースティンのことを手っ取り早く知ろうと鑑賞。

女性が自立して生きていくことが極めて困難だった時代に、作家として独身で生き抜いた彼女の人生を知ってから、作品を知った方がいいと思いました。ピンとこなかった「高慢と偏見」も今から観ると、違った印象になる気がします。

現在も、映画化、ドラマ化され続けてるのは、何か普遍的なテーマがあるのだと思います。
しおん

しおんの感想・評価

3.1
話はあんまり好きじゃないけど、アンハサウェイが、、、、めっちゃ美しすぎ💕
banana

bananaの感想・評価

3.5
お互い好きなのに家の事情で結婚を諦めてしまうことが切なかった
最後、トムが自分の娘にジェーンって名付けてた所がジェーンのことを忘れられへんかってんなって思って更に切なかった
ジェイン・オースティンが本当にこんな行動をとったのかは分からないが、たぶんわざと『プライドと偏見』に重ねるように撮っています。

田舎で英知を持て余していたジェインの下に、自信過剰で高慢ちきで田舎をバカにしたような男、トム・ルフロイがやってきます。
やがてジェインは、出会いは最悪だったルフロイと相思相愛の恋に落ちますが、『プライドと偏見』と違うところは、このルフロイは伯父に援助してもらっている苦学生。
つまりダーシーとは違って貧乏人だったのです。

この作品は、当時のイギリスでは才能や能力があっても、財産の無い者同士の結婚がいかに厳しいものであったのかを、丁寧に見せています。
同時期にジェインに求婚してきたウィスリー。
彼は大金持ち(貴族?)の女相続人の甥で、将来財産を譲り受けることは確定済み。
しかし彼はダーシーの様に高慢ではなく、ジェインの良い部分をちゃんと認めていたし、
「僕はうぬぼれていた。財産ではなく自分が愛されたいなどと願うなんて」
と言ってしまう程、お金持ちなのにすごく謙虚な人だ。
私だったら、絶対こっちにするけどなー!

きっとジェインは、知的なキャッチボールが出来る頭の回転が早い男が好みで、無口なせいで無個性に見える人は、野暮ったくて好みじゃなかったんだろうな。
あーあ、だけどもったいないなー(ブツブツ…)。
mika

mikaの感想・評価

2.3
アン・ハサウェイが、綺麗です!

役に、ハマってるし、衣装が、これまたイイ!

音楽もイイ!

全てが・・・・イイ!!(笑
fun

funの感想・評価

3.7
第一印象は最悪!からだんだん気になり出してという恋愛の王道。
むしろ第一印象が良くないからこそどんどん良くなっていくのかな?とも思いますが。

多くの障害や気持ちのすれ違い、お互いへの思い遣りなどで愛より自立を選んだというか選ぶより選択肢がなくなってしまった
ジェイン・オースティン。
しかし、もし愛を選んでいたら傑作の数々やそれに影響を受けた後世の作家さんの作品は生まれず生活に追われ別の後悔をしていたかもしれない。
人生の岐路の選択って難しいですね。

ちょっと前に見た[プライドと偏見]は少し男性陣に潤いが足りませんでしたが今作はジェームズ・マカヴォイをはじめ、そこかしこにイケメンが!
マカヴォイの吸い込まれそうに澄んだ瞳。
無造作に見えて計算し尽くされた髪型など
うっとりポイント多しです。
アン・ハサウェイとのツーショット(*'▽'*)も大変美しく絵になります。
この時代の女性のドレスのデコルテの絶妙なロマンチックさ。
田舎の風景見所はいろいろです。

ラストシーン。
ジェインを紹介されるシーンでグッと高まりました。😭
>|

あなたにおすすめの記事