若草物語の作品情報・感想・評価・動画配信

「若草物語」に投稿された感想・評価

ジョーがジョーなのにジョーじゃない。
褒める点も好きな点もなかったのでこれには呆然。

2020年鑑賞No.317
なるほど、若草物語を現代版にするとこうなりますね。
思ったほど悪くはなかったが、失点はないが映画としての魅力がイマイチといえばイマイチ。

音楽の使い方など、多少ウェット過ぎるところもあるが悪くない。
が、そもそも若草物語って120分の中に描くのが無理なのでは?どうしても4人のキャラや関係性を描ききれず、「もっと面白いエピソードあるのに」とか、「もっと個性的なのに」とか思ってしまう。この作品にそれを強く感じた。

あとはジョーの描き方。これはウィノナライダーより男勝りで良いと感じた。

現代版なら、現代ならではの価値観をもっと取り込んでもよいと思った。
Tamishira

Tamishiraの感想・評価

3.1
チャラついた現代版かと思いきや、しっかり描かれていた。だか、ジョーがうるさくガサツ。。。やはりエイミーは2人の役者が演じるパターンが好きですね。
ひろ

ひろの感想・評価

2.8
現代版の若草物語。

グレタガーウィグ版見た後だとなんか残念さが際立つ。
四姉妹1人も知らない女優さんなのもね〜←自分が知らないだけですけど。

原作は読んだ事ないけど基本的なお話はウィノナライダーのやつとグレタガーウィグ版と同じだからきっと基本に忠実なんだとは思う。ただ現代ってだけで。
でも時代背景って大切だなって思った。

特にジョーがただの意地悪自己中女にしか見えない!子どもエイミーが小さすぎるのもあって余計。
あとただ単にキツい顔立ちなのもあると思うけど。
ってか大人エイミーがすごい成長してて笑ったわ。

関係ないけどジョーが秋元才加に見えて仕方なかった!
sayaka

sayakaの感想・評価

4.0
“I could never love anyone as I love my sisters”
maya

mayaの感想・評価

3.0
現代版の若草物語。あれ?拍子抜けー!笑
昔の方が良かったよ


ジョーまじ自己中。姉妹の仲がそこまで良く見えないし、ジョーがOverすぎて不愉快w
エイミーも子供すぎるから、ジョーが意地悪にしか見えない
しかもまさかのローリーがルーカスグラビールww服とかライアンじゃんwHSMのパパもいるし何なのw
ベスだけ良かったかなー


いやぁグレタ版がじわじわ来てる。比較して良さが増強してるw
「ストーリーオブマイライフわたしの若草物語」を観たあとに鑑賞。
 このシーンは共通なのか、とか見比べるのが楽しい。

 勿論「ストーリーオブ~」のオールスターキャストには叶うべくも無いんですが本作のジョー役も明るく元気で良きです。ダンスミュージックにノリノリで踊るシーンは現代版ならではで良き。ただ4女エイミーが子供過ぎて、ジョーのある種ライバルとして物語を引っ張る役回りとしては残念。(「ストーリーオブ~」のフローレンス・ピューは抜群でした)

四姉妹それぞれの生き方を丁寧に描くというより、ジョーが中心で、三女ベスの死をいかに乗り越えるかという物語でした。
 グレタ・ガーウィグ版を観てきたので、日本未公開のこちらもAmazonにて鑑賞。
 これはこれで素晴らしいんだけれど、すぐ後にグレタ版が来ちゃったんで、どうしても分が悪い気の毒な映画。

 アメリカでの公開はこちらが2018年9月28日で、グレタ版は2019年12月25日。15カ月ほど空いている。
 ただし、MPAのレーティング番号はこちらが51625で、グレタ版が51940。わずか315しか違ってない。
 アメリカでの映画の年間製作本数はここ数年600~700本の間くらいなので、ざっくり言うとMPAの審査(≒提出順≒完成順)が半年分くらいしか違わないということだ。
 
 いきなり話が逸れますが、みなさんはアメリカ映画のあの長い長いエンドロールをどう楽しんでますか。
 私は、たとえば使われた曲のチェックをします。
 あとは、劇中で別の映画がちょっと映ったりすると、タイトルが出るのでそれもチェック。こちらは知恵比べというか答え合わせ。ほら「砂塵」であってたじゃん! とか、「三十四丁目の奇蹟」くらいちょろいよな! とか、正解したら劇場で小さくガッツポーズを上げてます。映画の中に引用される映画は、有名なものが多いので、だいたい勝率は8割以上はある。えっへん!
 なんか、更に話が逸れるな。
 ええと、それから何よりもMPAの番号をチェックします。
 MPAはつい最近までMPAAと呼ばれてた団体で、日本で言う映倫ですね。レーティングのシリアル番号が、エンドロールの最後の最後に表示される。
 私が観た映画を記録している手帳の、アメリカ映画にはMPAナンバーも書いています。
 だから、MPAナンバーから大雑把な製作年の見当がつくのです。
 
 はい、長い脱線終わり。
 ともかくこれだけ近接した期間に作られた2本の「若草物語」のうち、グレタ版が「ワンハリ」の如き飛び道具を使っちゃったので、より原作に忠実なこちらは分が悪いのですよ。
 
 もっとも原作に忠実なのは、さまざまなエピソードや何よりもラストの展開のことであり、本作のいちばんの特徴は現代劇に仕立て直していること。
 とはいえ、バズ・ラーマンの「ロミジュリ」もそうであったように、現代に持ってきた意味がないほど、細部は原作通りにやってました。
 
 でも、やっぱりアップデートされてるところに、いいところもあって、たとえば4姉妹が軍隊ごっこをしているくだりは可愛くて、最高に素晴らしかったです。
 あと、ジョーが書こうと考えてる小説にゾンビものがあるところとかも笑っちゃった。
 ジョーが髪を切るくだりは、原作通りすべての作品にあって、それはマーミィの旅費を稼ぎ出すためなんだけれど、本作だけは動機が異なる。しかもスキンヘッド! ここは滅茶苦茶泣ける。
 
 そうそう。グレタ版は回想形式で進むんだけど、こっちもそうじゃん!
 準備期間を考えるとグレタ版がパク、いや、参考にできたはずはないので、偶然に違いないんだけれど、こっちの回想構造もよかったですよ。ま、グレタ版がぼんやり観てる人には時制がわかりづらい、上品な演出だったのに比べ、こちらは下品、いやいや、親切な回想になってましたね。
 
 何よりもジョー役のサラ・ダベンポートさんは結構よかったです。
 シアーシャちゃんはいつもそうなんだけれど、ちょっと演技が重くて暗いのね。
 あ、ティミーもだいたいいつも重苦しいんだけど、グレタ版のティミーは軽くてよかったよね。ちょっと見直しました。
 ともかく、こっちのジョーはコメディエンヌの雰囲気もあって、そこはとても心地よかったですよ。
 
 Amazon Primeに入っている人は、無料だし、特にグレタ版を観た方は見較べるのも楽しいと思います!
 
 あ、そうそう!
 お母さんが、私の世代のアイドルの一人、リー・トンプソンでしたね。
 BTTFでの、険のある老けメイクより全然若い頃どおりの可愛いままで歳を重ねてて、そこも嬉しかったです。
クラブにイェーガー持ってくるやついるしベア先生の研究室にニュートンの写真集ある
>|