レディ・バードの作品情報・感想・評価

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

4.0

あらすじ

2002 年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感溢れる片田舎のカトリック系高校から、大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン(自称“レディ・バード”)。高校生最後の 1 年、友達や彼氏や家族について、そして自分の将来について、悩める17 歳の少女の揺れ動く心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描いた超話題作!

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

半世代ほど上の物語。
ベタベタ過ぎない親子の関係もリアルで、自分と重ね合わせて観ることが出来ました。ある種の答えも示されていて、いい影響を与えてもらえたと思うのですが、個人的に「ここまで自由に生きられない」というジレンマを抱えてしまいました…。
ユース映画としては傑作です。
そもそもおっさんが共感できる訳は無いのだけれどw
それにしてもイタい女の子で全く物語に引き込まれない。
ちょっと共感できるとすれば「こんな田舎を飛び出して都会に行きたい!」だけかな。
そりゃさ、いろいろ問題はあるかもしれないけど、でもこんなふうに自分のやりたいことに向かって飛び出していくような子どもに育ってくれれば、親にとってはそれはもうありがたいことだと思うよ。どうせ親なんて小言いうか見守るかしかできないんだし。ここんちのおとうさんもおかあさんも、それはよくわかってると思う。だからがんばれクリスティン。
キレてるけど根はくそまじめなクリスティン役のシアーシャ・ローナンは、さすがに高校生には見えない。オデイア・ラッシュかわいい。サクラメントって、あんな感じの街なんだ。いかにもアメリカって感じ。
tugmi

tugmiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

自分に自分で名前をつけてあげるなんて、レディ・バードは青春真っ只中の反抗期ど真ん中。
男の子のために生き方を変えるなんて賢いんだかばかなんだか笑 でも処女は特別で超大事笑

2002年から2003年に時は変わるし、17歳から18歳になると出来ることも増える。
経験値のあるお母さんはぜんぜん褒めてくれないし、我が家にはお金がないので将来結婚したら一族皆殺しにして豪邸を手に入れる笑

誕生日にエロ本とタバコを買って、18だからこんなものも買えるの!おめでとう。のくだりは可愛かったな。あとシスターの車をハネムーン仕様に変えて呼び出された時の、実は新婚じゃないの。のくだりとか。

喧嘩が絶えないお母さんも、ウツのお父さんも、見た目が冴えないお兄ちゃんも彼女も、ゲイの元カレも、ギクシャクしてた親友も…こういう青春ムービーって綺麗なものが多いけど、レディ・バードはまさに誰もが通過して来た道。等身大そのもので、胸が痛くなるやら恥ずかしいやらでした。うちには手紙を書いて結局渡せないお母さんも、それをゴミ箱から拾ってこっそり渡してくれるお父さんもいないし、酒の飲み過ぎで吐いて病院で1人目覚める子じゃないけど、お盆は家族の顔を見に実家に帰りたいなと思いました。
評判がよろしいので劇場公開終了間近に見てきました。

女子高生と母親の葛藤を描いてあるので、正直なところおっさんである私としては特に響くところは無かったですね。
娘と母親の間を取り持つ存在で父親も描かれてますが、あくまでも中心人物ではない。
リストラや鬱など他人事ではないキャラではありますけどね。

共感は出来なくとも女の子ってのは難解なようで単純な生き物だなとは改めて感じます。
大人びてるのに突き放されたくはない。
その微妙な心の揺れ動きが絶妙に表現されてます。

ま、とりあえず女性向けの作品かな。

【イオンシネマ各務原】
涙腺崩壊。母は偉大だなあ。どんなに衝突してても、見苦しくても。毒親みたいな概念知っちゃった今すぐにうがった見方しそうになるけど人間と人間との不器用なぶつかり合いだしお互いにままならないものがあるしかたなさみたいなものがあって泣けてくるねえ。。
心がどこかに置いてきた時代の感じをくすぐりにくる。時代というのは、2000年代初頭の感じみたいな、実際に世界が共有してた過去にあった出来事(911とかイラクとか)と、見る人個人の過去の学生時代の記憶、両方ね。リア充になりたくてなれない感じが、(自分に)近すぎて近すぎて震えた。あんたもこっち側の人だったのねー、ってうれしさが。あはははは。青春映画って幾多あるけど、見た時、リア充側が主体だと無意識にのけちゃって、真にリア充になれなかった側に寄り添ってるものだと本当精神的に拍手喝采を送るのね、私の場合は。これはまごうことなき後者だったのよ。(たとえばほかのを例に出すと、桐島部活やめるってよとかにはあまり深くシンパシー感じないわけ、友達がいて超リア充で「さみしさ」みたいなものがあまりないから。対して、これは、きちんと「さみしさ」があんの!ま、親友はいるんですけど。)知人がSNS に書いてた感想を引用するとだね、ゴーストワールド好きな人は好きだろうね。プロムとか行ったことないけどさ、壁の花側は感覚的にわかるじゃん、プロムの描き方、サイコーだったよ。ゴーストワールドで壊れた友情が成仏したね。ティモシー・シャラメはクズいけど輝いてた。不覚にも寝てしまった(疲れ果てた時の桜坂劇場の夜の)パティ・ケイクの主役のぽちゃ子ちゃんもよかったなあ、もう1回彼女が真ん中のも見てみたいなあ。ゲイの彼もよかった、スリービルボードの息子かな?
最近、この映画、映画としてきっとかなり質がいいんだろうなあ、って思うものに出会っても、心があんまり動かないので、自分の心は死んだのかなあ、とか思いがちなのですが、この映画はちゃんと琴線に触れてきた。ないす。

余談:この映画そうでもないけど、ザ・アメリカな映画見た後って、アメリカチックな店行きたくなるのですね。ヴィレヴァン・ダイナーとかおしゃれバーガー屋とか。しかしね、レイトショー終わった後とかあんまあいてなかったり簡単に近くになかったりで、バーガー難民になりがちで。今回、日比谷で見て、フレッシュネスに行ったんだけど、ここは、記号的アメリカが好きなら雰囲気に浸れるけっこうナイスな店ではないかと思ったよー!マックとかよりは高いけど、おしゃれバーガー屋よりは安いしね。
はる

はるの感想・評価

3.7
温かく抱きしめられているような優しくじんわりと心に沁みる、それでいて少し苦しくなるような作品だった。知らない世界に憧れ羽ばたきたい自分が大きくなればなるほど、今の自分の世界はくすんで見える。愛しているからよく知っている細かな全てが不満に思える。そこから飛び立って知らない世界を知り、知っていると思っていた世界と自分を再び知る。
mahrs

mahrsの感想・評価

3.2
無理解な母親と小さなコミュニティのサクラメントに住む自分の周りから東部の大学へ羽ばたきたい少女の青春映画かと思いきや母と娘、家族の物語。

登場人物たちがみずみずしくて元気になる感じ
nana

nanaの感想・評価

-
自分の居場所はここではないはず。
こんな田舎で一生を終えるのは私にはもったいない。
ここではないどこかへ行きたい、他の人とは違う特別な私を開花させたい。
そんな「レディバード」のモラトリアムな想いは、きっと誰しも思い当たるところがあるのでは。

高校最後の1年間で、様々な「初めて」を経験していくレディバード。
少しずつ大人に近付いていきます。
彼女と関わる2人の男の子を演じたのは、どちらも最近よく見るルーカス・ヘッジズとティモシー・シャラメ。今をときめくかっこいい2人でした。

アメリカには所謂女性向けのプレイボーイも普通に売ってるのかな?(笑)
日本ではあんまり見かけたことない気がする。
わたし18歳だからもうこんなものも買えるの!と言うレディバードが愛しい。

お母さんと観れたことが嬉しく思える作品でした。
いつか娘ができたら、また一緒に観れたら嬉しいな。
Rena

Renaの感想・評価

4.0

レディ・バードの絶妙な痛々しさ…
いかにも17〜18歳って感じ…
自分を見ているようで、妙な恥ずかしさにジリジリする……お母さんごめんね……

文化の違いから、海外の高校生を描いた作品には距離を感じてたけど、
この作品は比較的共感しやすかった

主人公の学校での立ち位置も一つの理由かも
強いか、弱いかの振り切ったどちらかしかないっていうアメリカの高校に対する偏見があったから、
良い意味でこんな微妙なポジションは初めて見た気がする

楽しみにしてたティモシー・シャラメも最高だった
脇役にも関わらず、圧倒的存在感…!
クズな性格が、アンニュイでセクシーな見た目によく合ってる

レディ・バードの成長とサクラメントの景色が相まって、
爽やかでキラキラした印象が残るから後味良し
これからは母親をもっと大事にしようと思いながら、映画館を後にしました。
>|