レディ・バードの作品情報・感想・評価・動画配信

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

sae

saeの感想・評価

3.6
もしかしてこれはすごくリアルなのではないか、って思った。自分を曝け出せてる感じ好き。
kumik00

kumik00の感想・評価

3.5
飛び出して、初めて気付いた
あの街のあの家のあの家族が大好きな事。

高3の、思春期真っ只中。
この家とこの街から飛び出したくて遠くの大学に行く為ならなんだってした。
親は好きだけど嫌いで、
自分の事も好きだけど嫌い。
憧れのあの子になりたかったけど、近づいたらなんか違った。
要らないと思って手放したものが実はとても大事だと後で気づいて散々泣いた。
手の中にあると思っていた可能性が実はそんなに多く無かった。
だけど、与えられたこの私で生きていく。
とってもリアルな女子の生活
リアルすぎてむかつく
感情を奪われる

高校から大学への過程
家にお金がなくなって
家から離れるためだけの遠い大学に行けなくなるかも
けど父親は賛成してくれる
けど母親は反対する
地味子のままは嫌だから
弾けた自分になるための虚しい努力をする
けど、報われ方が惨め
とか

女子が見てるとジタバタしてしまう
リアルな失敗や重荷が羅列されている
その上に主人公がまじでワガママで
けどできる範囲のことはしていて
この年齢ってこうだよなーってなる

主人公より年下、同年代、年上で
感想変わるのかな〜?
すでに過ぎた年齢で見たので
そう言う視点の変化を感じてみたかったかも

ムカつくけど共感も出来てしまう
面白い映画

シアーシャとティモシーのコンビ好きだわー
ぽち

ぽちの感想・評価

3.5
若さゆえの直線的な思考や、観ていて気恥ずかしくなるような中二病的な言動がリアルに描かれていて楽しめた作品。

主人公含め魅力的なキャラクターが多い。
特に親友のジュリーはキャラも良いし演じたビーニー・フェルドスタインが強力で印象に残る。調べるとなんとジョナ・ヒルの妹だった。確かに太ったときの彼の面影がある。

初監督作で才能を見せ付けたグレタ監督だが、個人的にはちょっと心配。
普通自身の経験などから作品のカラーや深みが出ると思うが、半自伝的な今作で美味しい所を使い切ってしまったのでは?

一時流行った漫画で、実生活をちょっとアレンジして描いてウケていた物が多数あるが、ほとんどの漫画家が生き残っていない。
自伝なんてものは才能が有り余っている天才か、崖っぷちの落ち目作家の最後の手段だと思う。
デビュー作が「最後の手段」だとちょっとどうなの?と思うのだが・・・・・・
一発屋にならなければ良いが。

とにかく今作は素直に楽しめる良作であることに変わりは無い。
み

みの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

恋人の上手くいってると思ってたのにゲイだったってのすごく悲しいだろうし責めることも出来ないアメリカだったら尚更辛いと思うけどカフェに来たダニーを抱き締めてあげるクリスティンが優しい子だなと思った
色々好き勝手やったり我慢したり思春期だからこそのこともあるけど自分を持ってるなと思った
基はすごく優しい明るい子なんだろうな
insomnia

insomniaの感想・評価

3.8
彼女の浅はかさは可愛らしさに変換して観れて、ねじ曲がった青春って良いねと思いながら。演劇の下りは滑稽過ぎて笑ってしまった。若者の成長や経験って単純にワクワクさせてくれる。喧嘩はすれど、仲の良い家族で微笑ましかった。
ティモシーシャラメで唯一好きなキャラクターだったな。
れいか

れいかの感想・評価

3.1
どんなに痛々しくても、
どんなにありふれた日常でも
高校生ってだけで「青春」の
2文字に片付けられるからいいよね
リアル。
思春期に衝突する母娘の感情とか、親友、ボーイフレンドとの微妙な関係…
進路に悩んだり、10代て、こんなんだったかー。
成長過程に持つ揺れ動く感情をレディバードがストレートに表現してくれた…良き。
親元を巣立つ辺りから、母娘双方の愛を感じる。
る

るの感想・評価

3.6
家族や友達に「愛してる!」って素直に言えたり、自分の悩みとかなんでも打ち明けられたり、オープンな感じが素敵〜と思った
でもめっちゃお母さん娘に言うやんって思っちゃった、グレてるけどそんなに言わなくてもよくない??
ゆかり

ゆかりの感想・評価

3.3
母親はむす娘に対して理想を押しつけてしまうものなのかもしれない。
思春期は殻を破りたいとき! 
母の運転する車から飛び降りるシーンはその勇気が羨ましい。
>|