レディ・バードの作品情報・感想・評価

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

あらすじ

2002 年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感溢れる片田舎のカトリック系高校から、大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン(自称“レディ・バード”)。高校生最後の 1 年、友達や彼氏や家族について、そして自分の将来について、悩める17 歳の少女の揺れ動く心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描いた超話題作!

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

アメブロを更新しました。 『「レディ・バード」母の気持ちも娘の気持ちも解るから、観ていて唸ってしまいます。』 https://twitter.com/yukigame/status/1000786809159233536
yujin

yujinの感想・評価

4.5
自称「レディ・バード」と名乗る普通の女子高生クリスティン。
田舎町から抜け出し、NYへ行くことを夢見ている。
恋や友情や家族、彼女の青春時代をリアルに描き出す映画。


この映画を観た時、多くの方が自分の平凡だった高校生時代を思い出すのではないだろうか。私はまさに自分の事を思い出していた。
映画の中でレディ・バードは高校生活最後の1年を真剣に考えて行動している。それは、
大して勉強する訳でもなく、進学する大学に強気になる姿。
友達や異性に対して異常に敏感だったあの頃。
家族の変化や、親の愛情を素直に受け取れない未熟な自分。
自分の事ばかり考え、自分しか見えていない青春時代。
まさにレディ・バードは過去の私達。
見ているとなんだか笑えてきて、そして恥ずかしくなってくる。
彼女が成長して大人になって行く姿も私達同様なのだろう。

そしてレディ・バードと共に描かれるのは
母親の姿。
お母さんの無償の愛に私は涙が止まらなかった。
いつだって我が子を思い、そして叱ってくれるお母さん。
いつも側に居てくれたお母さん。
レディ・バードを通して知るのは、
あの頃の母親の偉大さなのだ。

観た後、お母さん、お父さんと話したくなる。地元に帰りたくなる。
素晴らしい映画でした。
律子

律子の感想・評価

3.5
こうゆう感じの青春じゃなかったのに、なんかわかる、懐かしい、恥ずかしい、苦しいってなる。
赤髪がかわいい。
母娘の感じいい。
シアーシャローナン若返ってる。
さくら

さくらの感想・評価

4.4
New York の Angelika film center にて。

お母さんを思い出して、ひとり泣く。
可愛いのにぶきっちょな女の子は、監督さんのこだわるところでしょう。

成長しました!
Xx

Xxの感想・評価

4.1
主人公ラブリーボーンのイメージだったけど、成長したな!
なんか、わかるわーみたいなシーンが多かったけど何となくほっこりうるっときた。
個人的に、、今年見た映画の中で今のところ2番目に良かったかな:))
AsCinema

AsCinemaの感想・評価

3.0
片田舎で育って、都会とかセックスとかワルとかに憧れる高校3年生の女の子の葛藤と、少しの成長の話


これだけ聞いたら、至って普通の設定。
こういう設定の映画、50本くらいありそう。

そう、あるんです。

俳優や場所やセットは異なるものの、根本を流れるストーリー、メッセージ性はほんとに既視感が…

何が評価されたんすかね、、主演女優の演技力ですかね

雰囲気や音楽は良いので、穏やかな気持ちでドキドキとかせずに映画観たいな〜て時にオススメ(*´꒳`*)
KaNa

KaNaの感想・評価

3.7
Sacrament
お母さんとのギクシャク…こみ上げすぎて喉痛かった
あかね

あかねの感想・評価

4.0
一足お先にカナダで観ました🇨🇦

会話のテンポが心地いい。
青春真っ只中の女の子の言葉のチョイスと、誰もが知ってる“ムカつく”親の小言。ザ・アメリカンな、皮肉と冗談がうまく織り混ざった感じ😂

応援したくなったり微笑ましく見守りたくなったり、どのシーンにも共感、共感!
あ〜この感じ知ってるな、が盛りだくさんで面白い!
おすすめ!
帰りの飛行機で見たもう一本はこちら。主演女優の等身大の演技に好感を持てた。思春期の女の子の心情をよく描けていると思った
>|