ラウンダーズの作品情報・感想・評価

「ラウンダーズ」に投稿された感想・評価

chu

chuの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

彼女はギャンブルを辞めなきゃ別れる感じ
そして主人公は借金を返済できるまで稼げたのに賭けを辞めなかった
なのにラストは彼女との関係が続きますよ的な終わり方は矛盾してないのかな?
きのこ

きのこの感想・評価

4.2
ラウンダーズという映画について綴る。


本作のタイトルのラウンダーの意味はカードゲームで生計を立てている人物を指している。

本作はポーカーで稼いだ金で生きていく者達の物語。

ギャンブラーなんて現実では対して格好いい存在ではないが本作の登場人物は全員格好いい。

それはなんでかと考えてみると現実に居るギャンブラーの多くは本作の中で言う観光客の様な人物達だからだろう。

つまりは、どんなことでも一流は最高にクールなのだと思う。

尚、本作の主人公はポーカーをギャンブルでは無いと主張していた。
理由は運否天賦ならば毎年ポーカーの世界大会の優勝を決めるゲームで同じ様な顔ぶれが並ぶのはおかしいからだ。

たしかに、もっともだ。

とはいえ、どうしたって金を賭けた時点でギャンブルとしての側面はある。

負けたあとに、もう俺はやらないと言っていたのに結局またポーカーをしてしまうシーンが本作にはある。
このシーンなんて一流から五流まで世界中のギャンブラーが共感するだろう。

あまり良くないのだが、僕自身も時々スロットを打つことがあるのでこのシーンは共感した。

そして本作に登場するギャンブラー達があまりに格好良くて観終わった直後、本作に憧れた僕はギャンブラーを気取ってスロットを打ちに行った。

五千円負けた。

最悪。

けどこの映画は最高です。

とはいえ僕も皆様もギャンブルはほどほどに。
猫次郎

猫次郎の感想・評価

4.2
法学生が悪友を連れてひたすらポーカーをする。
手に汗握る勝負は、見ていてハラハラものだ。
教授や彼女は彼に期待しているようだが・・・
ポーカーは決して運だけではないようだ。
世界選手権の出場者はいつも似たり寄ったり。
いわゆるギャンブルも、ほどほどなら退屈な日常を補う効果があるだろう。それが本気で勝ちにいくとしたならば、相当の覚悟が必要になる。
ラストシーンは、そっちなの?とても意外だったな。
Lazy7

Lazy7の感想・評価

3.0
エドワードノートンのダメ男っぷりがほんとすごい!内容はひたすらポーカーでした笑
momo

momoの感想・評価

3.5
ポーカーのルールがわからないと面白くないかもしれない
映画見る前に言われたので
しっかりルールを理解してから見ました
表情をかえないところ、KGBのオレオを割る手、おもしろかったな
簡単に説明すると法学生が落ちて行くって話なんだけど
ポーカーを知らないとつまらない?地味?いえいえ、クライマックスのマルコビッチの演技素晴らしい!奇をてらうことない演出で緊迫の心理戦を見せます!KGBという役をものすごく独特に演じていて忘れられない芝居。オレオを割る手の色っぽいこと!エドワード・ノートンの見事な憎まれ役も必見!本当にダメでいい加減な嫌なやつ!ジョン・タトゥーロの地に足のついた複雑な男もさすがのリアリティー!とにかく役者が素晴らしすぎる!
静かに熱い、乾いた感じが最高にクール。エドワード・ノートンがいい。
たまご

たまごの感想・評価

3.6
わたくし、ポーカーが好きでして、ポーカーファンとして見たのですが、もうポーカーなんてどうでもいいわ!エドワード・ノートンの演技が凄すぎて、もうポーカーなんてどうでもいいわ!あー、なんてムカつく演技するんだあいつは!
バカな男が友達のスマートな青年パターン。スーツ的なパターン。男の人が好きなやーつか。深夜に見たから展開がゆっくりでハマらなんだ
kazata

kazataの感想・評価

3.5
『グッド・ウィル・ハンティング』を観て「一生応援し続ける!」と誓ってマット&ベンの過去作をレンタルビデオで見まくってた高校生の頃に鑑賞。

この頃のマットが演じる役って共通性があって(優等生キャラ期)エージェントがグッジョブですね。(ケヴィン・スミスの時だけベン・アフレックとふざけるというね)
>|