獣拳戦隊ゲキレンジャーVSボウケンジャーの作品情報・感想・評価・動画配信

「獣拳戦隊ゲキレンジャーVSボウケンジャー」に投稿された感想・評価

この作品から画面が地デジサイズで見やすくなりました。
ボウケンレッドとボウケンピンクの謎の裏切りによって2大戦隊を敵に回してしまう事になります、しかしこれでVS関係が成立します。
その二人が理央様とメレとも絡んでいるのが新鮮で楽しかったです
ペン

ペンの感想・評価

3.7
スーパー戦隊VSシリーズの一作。『獣拳戦隊ゲキレンジャー』と『轟轟戦隊ボウケンジャー』の二大戦隊の共闘を描く。

ボウケンジャーTVシリーズの直接の続編という位置付けで、ストーリーは完全にボウケンジャー寄り。とにかくボウケンジャーがカッコいいんだよ…。

また、プロフェッショナル集団のボウケンジャーに対し、根性と勢いだけ(失礼w)のゲキレンジャーという真逆の2つの戦隊が良い意味で化学反応を起こし、スーパー戦隊VSシリーズのお手本のような作品になっている。
どんなストーリーであれゲキレンジャーのレッドがどうしても受け入れられない...。
アバレンジャーから脈々と受け継がれて来た恐竜やのカレーネタがここでも出てくるのか!!ユニバースがあるのなら間違いなく中心はカレーだろうな(笑)
出来は普通に楽しめたし可もなく不可もなくだけど欲を言えばもっと素手の格闘を見たかったなぁ…
悪杭

悪杭の感想・評価

3.0
2013年 鑑賞
スーパー戦隊VSシリーズの獣拳戦隊ゲキレンジャーと前作・轟轟戦隊ボウケンジャーのクロスオーバー作品。
明石(ボウケンレッド)の行動が悪事を。常にともに行動をする黒い服のさくら(ボウケンピンク)。実は、邪悪なパチャカマック12世がさくらの体を乗っ取り、明石にあることを強要し...
オリジナルのロボはゲキレンジャー × 理央とメレ(ゲキレンの対立相手)と乗り込み操縦。いいね!
パチャカマックともう一人のオリジナルの敵・バーカー。口癖は「〜なのだ」。もしや、●塚先生の●カ●ン? 武器はおでん?みたいなハンマー。こっちは●●太?

694
NIRA

NIRAの感想・評価

3.5
ボウケンだーー!!ワキワキだーー!!!

ボウケンジャーの本編その後のあれやこれが詰め込まれているのも嬉しい!
チーフ(元だけど)とさくらさんの黒のジャケット姿カッコいい👍
EwartMu

EwartMuの感想・評価

-
うわー、今 記憶の根底から蘇ってきたわ
このヴィランめっちゃ見覚えあるッ!!
ボウケンジャーのアフターストーリーが絡んだ、ゲキレンジャーの「冒険という修行」。

ボウケンジャーのその後はファンが見たかったセリフや描写がいっぱいで嬉しい。臨獣拳との呉越同舟もゲキレンジャーファンには楽しい。


だが、それ以外のストーリーやアクションに関しては、よくも悪くもオーソドックスに仕上がっていて、特筆すべき箇所は少ない。
森崎

森崎の感想・評価

2.5
初見×初見のゲキレンジャーとボウケンジャー。
最近の特撮だとジュノンボーイが多いけどまだD-BOYSがよく出ていた頃かしらん。

女性陣を筆頭に妙に華が無いのが昔懐かし戦隊っぽい。高橋光臣は出世したね…。松田悟志と高橋光臣は犯人or死体のサスペンスドラマや二時間ドラマ時代を経てNHKにしっくりきて本当に良かったと思ってる。
本編自体は王道のVSシリーズ、かなりオーソドックスであまり頭に残らないので割愛。ただ唯一、呉越同舟獣拳合体はあまり見たことない展開でアガった。バエの実況つきも目新しかったからもう少し長く戦闘シーン見たかったなあ。


さて初見各戦隊の感想。
ボウケンジャーは戦隊内である程度階層があるんだろうか、レッドに対して尊敬の念を抱いていたり勝てない人だと表現したりまあまあな距離感があったのが気になる。あと変身後のピンクのガタイがいいなと思ったらやっぱりスーツアクターは男性、イエローの蜂須賀さん含めて全員男性が演じている戦隊なのね。
そして何気に未見の戦隊で一番気になってたゲキレンジャー。
拳法を使う戦隊ということでアクションがキレキレで格好良い!武器も一風変わってて興味出る。敵サイドの荒木宏文と平田裕香が良かったなあ、今も舞台で活躍しているだけあって演技や動きも文句無いです。
味方サイドの伊藤かずえは当時見てたらハリケンのおぼろさんのこともあるしナースのお仕事が過ったことでしょうそうでしょう 。

覚え書きとして、

・名乗りがぬるぬる長くてテンポも歯切れも悪い
・鈴木裕樹のジャンのキャラクターはテレビシリーズを観てないぶん予備知識が無いから正直キツかった。これを初見で長々見させられるのはこんな演技も出来るのかと感心する暇も無いほど辛い。
・レツの兄貴の名前がゴウってのは順番は違うけど爆走兄弟レッツ&ゴー!!が過るネ…。
・ゲキチョッパーの胸毛ぼわわっと生えてそうなガタイの大きい人の女好きキャラ好き。

と書いておく。
またもやアバレンジャーのカレー屋で繋がる点はニヤリとしてしまうが、良くも悪くもオーソドックス。

似ている作品