電影版 獣拳戦隊ゲキレンジャー ネイネイ! ホウホウ! 香港大決戦の作品情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • 電影版 獣拳戦隊ゲキレンジャー ネイネイ! ホウホウ! 香港大決戦の映画情報・感想・評価・動画配信

「電影版 獣拳戦隊ゲキレンジャー ネイネイ! ホウホウ! 香港大決戦」に投稿された感想・評価

この作品を見て、テレビシリーズを見ようと思ったほど。
(まだテレビシリーズ途中までしか見てないけど)

メレリオの関係性とそれぞれのキャラクターが完璧私の好みど真ん中だったので、正味ゲキレンジャーは敵側をメインに見てる。
信念のある敵が好きなので、どツボ。
さらにその敵が映画版とかで最後仲間になるというか力を貸す展開が大好物なので、この映画はたまらん。
メレメレにデレデレするためだけの作品

天下一武道会みたいなんに参加した激獣拳や臨獣拳のみんな!しかし大会は悪いメディア王の企んだ罠やったぞ!いつもはライバル関係なゲキレンジャーと理央メレが協力してメディア王の企みをぶっ潰すぞ!って話

スーパー戦隊の怪人って意外と人間の姿したやつ少ないじゃない?せめて悪のヒロインだけは人でアレ〜!思っているマシンボーイなんよ
そんなマシンボーイが歴代のスーパー戦隊悪のヒロインで1番好きなんは「特命戦隊ゴーバスターズ」で綾女さんが演じていたエスケイプ様やと思うんやけどな、あくまでもエスケイプ様好きなんは綾女さんが演じている加点もあるわけでな
単純にキャラクターデザインとして最高にクオリティ高い思うんは「獣拳戦隊ゲキレンジャー」のメレやと思うんよ!顔面があまりマシンボーイ好みじゃないからエスケイプ様の下に甘んじてはいるけども、メレメレの日曜朝からお父さん大興奮な露出度高い助平チャイナドレスに、カメレオン感溢れる髪型のセンスの良さ!悪役だけども理央に一途な愛を貫くんもキュンやし!人間の姿からカメレオン怪人に変化してもまたデザイン性がずば抜けて良いんよ!
まぢスーパー戦隊シリーズの悪役では腑破十臓か?メレか?ってくらいクオリティ最高峰のキャラクターやと思うなぁ!
あとな、そのエスケイプ様や腑破十臓と共演したスペーススクワッドのヤツでもな!「宇宙戦隊キュウレンジャー」のカメレオングリーンのハミィちゃんとの善悪を超えたカメレオン同士の絆にはホロリしたしやなぁ!

ただまぢ本作に関してはメレメレにメロメロくらいしかまぁ魅力が感じられず…まぁ確かに「獣拳戦隊ゲキレンジャー」は放送当時もマシンボーイ全然ハマっていなかったか、たぶんファンなら激獣拳と臨獣拳が共闘すんのとか興奮して観れたんちゃうかなぁ?なんて思う
あとな、ゲストでインリン・オブ・ジョイトイや小野真弓なんかも出ているが……メレメレの魅力の前では無力ですよなぁ!

ってか改めて見ると…スーパー戦隊史上最強の迷走キャラのゲキレッドはもちろんの事、ゲキレンジャーキャスト誰ひとり売れて無いのな!ひゃー!
わかな

わかなの感想・評価

3.1
まさか激獣拳と臨獣拳の共闘が見れるとは思わなかった…!
そしてまさか、ゲキレンジャーにインリンのM字開脚が出てくるとは思わなかった。
彦次郎

彦次郎の感想・評価

3.0
戦隊モノと格闘モノをミックスして香港映画風にした作品。恐らくは「燃えよドラゴン」を意識していると思われます。
引き立て役とはいえ世界大会の強豪達がかなり呆気ないのが勿体ないところ。
善と悪の拳法が対立して呉越同舟的な展開になるのは熱く良かったです。
レッドが小学一年生がそのまま大人になった様な無邪気さで台詞回しも含めて強烈なインパクトがありました。
Kazuchan

Kazuchanの感想・評価

2.8
酷い…😭💦

香港🇭🇰…熱が冷めないので、再見。
はじめまして!はシネマサンシャイン📽仮面ライダー電王と二本立て。
本日2回目。

もう見ることはないだろう。

香港ロケは実景のみか?
人物は合成。。戦隊ではお馴染みの採石場に、それらしい旗等を🚩飾ってみました〜♬
ラストのロボットバトルのジオラマを香港の街として作った。。。。馬鹿にしている。

思い出した❗️
主人公がすげーアホウな奴で、、ちびっ子達も誰一人❗️見向きもしなかった作品だった。。劇場では、子供達皆‼️仮面ライダー電王の決め台詞

「俺、参上‼️」

って、やってた事を思い出した‼️😁
カンフー がモチーフの戦隊で、凄い‼️楽しみだったのに、、インチキ‼️
ジャッキーやサモハン、李小龍、、レジェンド達を散々弄って…本当に!視聴者を馬鹿にしている事を思い出した。。(備忘録です🙇‍♀️好きな方はごめんなさいね🙇‍♀️)

お話も…え!荒川さん脚本なの⁉️💦でも、酷い💦💦💦「燃えよドラゴン」の武術大会の設定のみパクった…ラストも李小龍の像のバックで戦う合成カットが出てきます…😭💦

見所はゲスト
石橋雅史さんが悪役🦹‍♂️(Mr.ハン的な😅)
某消費者金融のCMでブレイクしたタレントのファンにはお薦め。
あとは、

チャイナドレスを着たインリン様がM字開脚をして下さいます❤️😁💦
ゲキレンジャー自体が好きだから比較的に少し高めに付けちゃったけど、アクションも頑張ってるしインリン・オブ・ジョイトイのノルマ(M字開脚)も達成し使い方もばっちりでした。
森崎

森崎の感想・評価

2.5
トクサツガガガの漫画を読んでまして。作中の戦隊ヒーローである獅風怒闘ジュウショウワンを見てると思い出すのがゲキレンジャーとゴーバスターズ。

グッズの売上が振るわなかったりジャンのキャラがアレなのは置いといて、従来とは系統の違うアクションや激獣拳と臨獣拳という善と悪に別れた二つの流派の人物を均等に描いたストーリーは面白いと思う。でも善悪をしっかりキャラ立ちさせると悪役の方が格好良くなって勧善懲悪のわかりやすさが薄くなってしまうストーリー面の問題や、トラックスーツを意識したベルトのないスーツや獣感の強すぎるマスクなどのビジュアル面でもつまづいた感があるのが勿体ないとは思うんだ。

んで、本作。改めて観てみるとゲキイエローのスーツアクターの動きがキレッキレで格好良い。テコンドーやってた方なんですね。蜂須賀さんが入った戦隊の女性らしさを大切にしたアクションも良いけれど、女性が担当しているからこそ出せるパワフルさのあるアクションが良かった。
話自体は予定調和そのものという感じだったのにマンネリもなく普通に面白かった!理央とメレはやっぱり格好良いなあ。そして妙にカウボーイビバップを思い出してしまうけれど香港の街並みをバックに繰り広げられたロボ戦も熱い。呉越同舟合体はここで初出しだったのかな、上がるねえ。
拳法をテーマにした戦隊シリーズ「獣拳戦隊ゲキレンジャー」の劇場版。

ゲキレンジャーは、悪の組織との戦いというよりも、同じルーツを持つ「獣拳」の分派同士が戦う異色の戦隊モノでして、ビーストアーツとアクガタ側、それぞれが獣を模した姿に変身する能力を持つんですね。
それまでの剣や銃器を使った殺陣だけでなく、徒手空拳やヌンチャクなど、ブルース・リーの様な拳法が中心なのも特色でした。

そんなわけで劇場版の舞台は香港。
謎の光によって香港に瞬間移動させられたゲキレンジャーたち。
アクガタの理央やメレも同じく召喚されていました。
どうやら、世界を裏で操っている大富豪が開催する格闘大会へエントリーさせられたようで、自分たちの拳法を試せるとあって参加することに。
しかし、それはある計画の為の罠だったのです・・・!


世界中の格闘家が集合とあったので、ゲキレンジャーたちが異種格闘技戦を繰り広げるのかと思いきや、尺が短いのもあってかトーナメント戦の模様はものすごいダイジェスト感(汗)
ボクサーとか空手家、カポエイラみたいなのも出てはきましたけれど一瞬でやられておしまいでした。

まぁ、話も面白いも何も無いぐらいなんで、アクションを楽しむ他ないのですが、理央のバトルだけは格好良かったですね。
それが救い。
あと、トピックとしては正義と悪が合体した戦隊ロボが出てくるのですが、これは理央たちが単純な悪ではなく、ライバルという設定だからこそかもしれませんね。

恒例のゲストは、「予言」で顔にクレーターがあいてしまった小野真弓や懐かしのインリン・オブ・ジョイトイ。
M字開脚、懐かしい。
小野真弓は、ちょこっとだけヌンチャクにも挑戦しとります。

実際に香港で撮影した部分も少しありますけれど、別にスケールが広がったようにも感じられないし、舞台はどこでも良かったんじゃないですかね。
たんに餃子を食べに行きたかったのか(苦笑)


NETFLIXにて
tak

takの感想・評価

3.0
ゲキレンジャー10周年だそうで。あの頃、僕は、子供以上にこのシリーズにどハマりしていた。それはカンフー戦隊だったからと言うだけでなく、数々のカンフー映画やスタアたちへのオマージュ、リスペクトに溢れていたからだ。拙ブログで「ゲキレンジャーのルーツを探せ!」なる誰もが呆れるような記事を書くことになる。これも映画愛ゆえ。

さて、この電影版。戦隊シリーズ劇場版では初の海外ロケで、カンフー映画の名作迷作を世に送り出した香港のショウブラザースも製作に関わった。サマーシーズンに封切られた劇場版なので、テレビシリーズでは後半に出てくるブルーサ・イーや拳聖たち、スキルアップする過激気は登場しない。今でこそ戦隊ものやライダーの劇場版は、複数作品のコラボや総出演する豪華さ、シリーズ集大成のストーリーが売りだが、この頃はまだシリーズ番外編の位置付け。

香港のメディア王ヤンは、奇妙な転送装置を使い世界各地から格闘技の腕利きを呼び寄せていた。ゲキレンジャー3人と臨獣拳のリオとメレも香港に転送された。集められたツワモノたちは「武術会」のトーナメント戦に参加。主人公たちは順調に初戦に勝利。その晩の宴に主催者ヤンが現れる。彼にはある陰謀があった。ゲキレッド、ジャンは潜入捜査官のラオファンと共にその企みに立ち向かう。

格闘家を集めた武術会と言う趣向、その裏で企てられる陰謀を暴く潜入捜査。ブルース・リーの名作「燃えよドラゴン」へのオマージュなのは言うまでもない。格闘家たちの気を集め、機械仕掛けの最強戦士になろうとするヤンは、鉄の爪を付けて戦う「燃えよドラゴン」の悪役ハンのイメージだ。また、短い場面ではあるが、トーナメント戦は異種格闘技戦の趣で面白い。これはムエタイやヨガ使いも出てくるトーナメント戦が登場する「片腕カンフー対空飛ぶギロチン」が元ネタであろう。ラストにブルース・リーの銅像が映されるのは先達への敬意。

この映画の見どころは、ラストの巨大化戦。ゲキビーストが流派を超えて、呉越同舟獣拳合体するクライマックス。ヤンが操る6本腕の巨大メカは阿修羅のイメージ。小野真弓やインリン・オブ・ジョイトイの登場は、子供と一緒に劇場を訪れるお父さんへのご褒美wwあ、僕はメレ様(平田裕香)ファンでした。
戦闘中、急に香港に飛ばされ武術大会に出ることになったゲキレンジャー。
一回戦目を無事に勝ち抜き晩餐に招待されるが、大会の主催者は裏で「機械化したカンフーで世界征服」というよくわからん悪巧みをしていたことがわかり…。
という、某ドラゴン主演の某映画みたいな展開の電影版作品(笑)。

元々カンフーモチーフのヒーローということで香港国際警察所属の人が出てきたりオマージュっぽいアレコレあり。
エンディングはNG集かな?と思っていたらそんなことはなかった(笑)。

あんまり尺は長くないのでスッと終わってしまったが、ブルース・リーの銅像をナメにロボ戦を見せるなど、特撮もアクション映画も好きな自分としては喝采モノな場面が!

ゲストとはいえエロテロリストなインリン姉さんが戦隊に出てるってなかなか衝撃のキャスティングだと思う。どさくさ紛れに開脚してたしね(笑)。

そういえば今気付いたけど追加戦士のゲキヴァイオレットやらゲキチョッパーは出番無かったなぁ…時系列的にはテレビシリーズ前半のどこかかな?
>|

似ている作品