麻雀放浪記2020の作品情報・感想・評価・動画配信

「麻雀放浪記2020」に投稿された感想・評価

レビューを書いています!
https://ken-ken-pa-pa-20220408.hatenablog.com/entry/2022/05/25/235854
私、1984年の「麻雀放浪記」、大好きなんです。
それを、マイラブ斎藤工でリメイク?😳💕と思って、ワクワクしながら観たんです。

予告編ぐらい観とくんだった・・・😔

これも白石監督なのね。なんかこの監督さん、自分には合わないのかも。

☆2は斎藤工にひとつ、他の俳優さんたちにひとつ。
ドテ子ちゃん、可愛くて好きだったし、ベッキーがいい味出してたと思いました。
これ麻雀好きな人にとってはおもろしいのか?ターゲットどこ?笑 ただ、腐っても斎藤工である。
aktr3

aktr3の感想・評価

2.0
雑味をおもしろがれるか、クソミソさにイライラするか…ギリギリの葛藤したけど、やっぱりアウトかなぁと。いずれにせよB級。なんなんだろう。

このレビューはネタバレを含みます

麻雀はおろかドンジャラもやったことないつけがここで回ってきました
Netflixなのにエンドロールが最後まで観れます、過去に戻れたの?それとも猿の惑星的な?深い意味はない?
じゃき

じゃきの感想・評価

3.2
白石監督の作品ということで鑑賞。仕事で疲れた時に見るには最適です
斎藤工さん主演の2020年の麻雀映画。
1945年からタイムスリップした坊や哲が現代で、褌一丁で奮闘する物語。

【キャスト】
坊や哲:斎藤工
ドテ子:もも(チャラン・ポ・ランタン)
クソ丸:竹中直人

八代ゆき / AIユキ:ベッキー
ドサ健 / ミスターK:的場浩司
出目徳 / ヤン:小松政夫

杜:ピエール瀧
高山:村杉蝉之介
ドク:岡崎体育 
麻雀五輪の解説者:舛添要一

【ストーリー】
東京五輪よ中止された2020年。(ん?ノンフィクションかな。)1945年から九蓮宝燈を上がったショックでタイムスリップして坊や哲がやってくる…。

【総評】
原作を読んでるわけでもないので、なんのこっちゃという設定ですが、斎藤工さんの褌姿は中々見応えが…。ん、まぁそれくらいしか語るところはないかもしれません。

【あとがき】
天和、地和が乱発しまくる麻雀を始めて見ました。最早積み込み時点で勝負を決める別ゲーですね…。
和田誠版と比べてはいけないと思うが、これはタイトル変えてオマージュ映画にすべきだったと思う。
叫び

叫びの感想・評価

2.4
なんかいろんなスキャンダルのせいでお蔵入りしそうだった映画。麻雀モノとしては全くなってないけど、なぜか見いってしまった。斎藤工が坊や哲だと?キャスティング考えたヤツは天才かもしれん。ピエールなんていらなかったんや。まあ、親倍ぐらいはあってもいいかなー
白石監督作品なのでハードルは上げて見たけど割と好き!メンタンピンしか勝たん!

2022.21
>|

あなたにおすすめの記事