火花の作品情報・感想・評価

火花2017年製作の映画)

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:121分

3.4

あらすじ

若手コンビ「スパークス」としてデビューするも、まったく芽が出ないお笑い芸人の徳永(菅田将暉)は、営業先の熱海の花火大会で先輩芸人・神谷(桐谷健太)と出会う。神谷は、「あほんだら」というコンビで常識の枠からはみ出た漫才を披露。それに魅了され、徳永は神谷に「弟子にしてください」と申し出る。神谷はそれを了承し、その代わり「俺の伝記を作ってほしい」と頼む。その日から徳永は、神谷との日々をノートに書き綴る…

若手コンビ「スパークス」としてデビューするも、まったく芽が出ないお笑い芸人の徳永(菅田将暉)は、営業先の熱海の花火大会で先輩芸人・神谷(桐谷健太)と出会う。神谷は、「あほんだら」というコンビで常識の枠からはみ出た漫才を披露。それに魅了され、徳永は神谷に「弟子にしてください」と申し出る。神谷はそれを了承し、その代わり「俺の伝記を作ってほしい」と頼む。その日から徳永は、神谷との日々をノートに書き綴る。 2年後、徳永は、拠点を大阪から東京に移した神谷と再会する。二人は毎日のように呑みに出かけ、芸の議論を交わし、仕事はほぼないが才能を磨き合う充実した日々を送るように。そして、そんな二人を、神谷の同棲相手・真樹(木村文乃)は優しく見守っていた。しかい、いつしか二人の間にわずかな意識の違いが生まれ始めるーー

「火花」に投稿された感想・評価

SorkSawd

SorkSawdの感想・評価

3.0
映画を見る時に人の家の汚さとか、そういうところが凄く記憶に残ってしまうんだけど、桐谷健太の彼女の家、凄くリアルだったなー。いそう。
ストーリーは心にあんまり残ってなかったけど菅田将暉目当てで見ました。
あんまりよく分からなかった。。
FBK

FBKの感想・評価

3.2
フランスからの帰りの飛行機
結末はよくわかんないけど、話もよくわかんないけど、とりあえず菅田将暉。声が好き。
KaNa

KaNaの感想・評価

-
思ってたのと違った…。

伝えたいこと分かるようで分からない。

分かりやすいセリフにして欲しかったな笑
難しくてあんまり中身が入らなかった。。。

ごめんなさい………
映画として面白いか、は判断できないなー。きっと中の中から、中の下くらい。

でもお笑い好きにはたまらん。
アツイ。アツイお笑いの話。

売れるのは、ハライチ岩井のいう「お笑い風」の人たち。
ネタが面白いけど埋もれていく芸人。

何よりもグッと来るのはその芸人をにちょけんさんがやってるところ。思うところあるだろうなぁ〜。

初めはなんで板尾さんが監督?と思ったけど、悪くなかった!でも、品川さんとかがやったらまた違った良さが出そう。

あと、全体的に暗い感じは又吉だから仕方ないのかな〜。

スパークスの最後の漫才は、漫才じゃないけど、名シーンすぎる。泣くでしょあれは。ネタ書いたの又吉なのか?センスありすぎだろ。

そしてジェラードンやらユニバースがしれっと出ててテンション上がった!

若干ネタバレだが、↓の熱いメッセージたまらない。
漫才は一人ではできない。二人以上いないと。でもホントは二人でもできない。世界に漫才師が1組だったら絶対にこんなに面白くなってない。だから一度でも舞台に立った奴らは、たとえ淘汰された奴らでも、無駄ではない。

漫才やりたい。お笑い芸人と飲みたい。あーーー。
「玄人気質が透けて見える映画化。」

自分は、芸人の人生を綴った映画を撮った作品に未だにアタリはないと思っている。それは何故か。劇中の漫才が一向に面白くないからだ。と、一言前置きを入れておく。

ご存知大ベストセラー小説、芥川賞も受賞した又吉直樹の「火花」がNetflixのドラマに続いて映画化。監督は又吉の事務所の先輩にあたる板尾創路。この時点でなんかイヤ〜なシガラミが透けて見えるのが不安で仕方がなかったが、その予感は的中した。

原作は未読でドラマ版も見たことがないんだが、この映画は監督・板尾創路のシュールさが全面に出過ぎていて食傷気味になる。プライベートでボケツッコミのやり取りをやるたびに板尾の顔が浮かんできて集中できなかった。如何にも板尾が好きそうなストーリーテリングになっているのがダメだったなあ。

あと、原作からどうか知らないが各々の相方の存在が希薄で菅田と桐谷の友情物語に帰結していて、これ別にお笑いがテーマじゃなくても良くね?って思っちゃう。最後の最後にそれとなく良いこと言って締めているが、それはもっと中盤に持ってくるべきコトじゃないのかと。こういうとこで幕引きさせるお笑い玄人気質が透けて見えてくる。

自分の中で板尾創路は今までに何百回も笑わせてもらった芸人の1人だし、俳優としても好きな方なんだが、監督としてはやっぱり受け付けない人だと再確認した一本であった。
メメ

メメの感想・評価

3.6
風呂なしアパートで紡いだ青春。
"もうええわ!"で、終わる夢。

お笑いが好きだ。とりわけ漫才が好きだ。
サンパチマイク一本と、その声と身体ひとつで、観客を笑顔にする。こんなエモい職業他にあります?!?!
原作も読んだし〜ってことで観た。かなり原作に忠実だったと思う。
芸人を目指したことなんか一度もないくせに、浅草キッド聴くだけで泣きそうになる女なので、この手の映画でグッとこないわけがない。ただ原作に忠実だったことで、原作を超える感動や驚きはなかったので、このくらいの点数で。

浅草キッドは誰が歌ってもいい歌だけど、竹原ピストルの浅草キッド流してくれたほうが感動できたな〜という超個人的要望。
菅田将暉と桐谷健太の熱さが刺さる。
この話をお笑い芸人が書いて、お笑い芸人が監督をしてる事で、さらに泣ける。
最後の漫才シーンは菅田将暉の感情を出す演技にとても泣ける。
菅田将暉の相方の2丁拳銃のつっこみの人がつっこみめっちゃ上手いから、漫才シーンもしまる。
そして全体的に映像が綺麗。
面白かった。
感動した。

又吉さんの今、頑張ってる芸人へのリスペクトと熱いメッセージを感じた。
takako

takakoの感想・評価

2.5
又吉直樹さんの直木賞作品で
気になってたのでカタール航空内で
観てみました。
派手さはないが、ありのままを
描いた作品。
夢を追う人、応援した2なります。
しほ

しほの感想・評価

3.0
小説を途中で断念したから、
映画なら、、と思って鑑賞!!
やっぱり「おもしろい」って
感じではなかったかなー。

芸人さんって、なんだか大変そう。

おっぱいのくだりが
とっても謎だったことと。笑
ラストライブは途中までは、
感動したんだけど、、、
だんだん冷めてきちゃったこと。

木村文乃が幸せそうで良かった◎
>|