火花の作品情報・感想・評価

火花2017年製作の映画)

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:121分

3.5

あらすじ

若手コンビ「スパークス」としてデビューするも、まったく芽が出ないお笑い芸人の徳永(菅田将暉)は、営業先の熱海の花火大会で先輩芸人・神谷(桐谷健太)と出会う。神谷は、「あほんだら」というコンビで常識の枠からはみ出た漫才を披露。それに魅了され、徳永は神谷に「弟子にしてください」と申し出る。神谷はそれを了承し、その代わり「俺の伝記を作ってほしい」と頼む。その日から徳永は、神谷との日々をノートに書き綴る…

若手コンビ「スパークス」としてデビューするも、まったく芽が出ないお笑い芸人の徳永(菅田将暉)は、営業先の熱海の花火大会で先輩芸人・神谷(桐谷健太)と出会う。神谷は、「あほんだら」というコンビで常識の枠からはみ出た漫才を披露。それに魅了され、徳永は神谷に「弟子にしてください」と申し出る。神谷はそれを了承し、その代わり「俺の伝記を作ってほしい」と頼む。その日から徳永は、神谷との日々をノートに書き綴る。 2年後、徳永は、拠点を大阪から東京に移した神谷と再会する。二人は毎日のように呑みに出かけ、芸の議論を交わし、仕事はほぼないが才能を磨き合う充実した日々を送るように。そして、そんな二人を、神谷の同棲相手・真樹(木村文乃)は優しく見守っていた。しかい、いつしか二人の間にわずかな意識の違いが生まれ始めるーー

「火花」に投稿された感想・評価

2017(12)
お笑い芸人じゃなくても感じる気持ちとかが沢山詰まっていた
ずん

ずんの感想・評価

3.5
やっぱりドラマ版が好き!

なんか足りない
伝わってこないまま話しだけ進んでいってしまいました
川谷さん良かったです
RIE

RIEの感想・評価

3.0
記録。急遽観た映画。全体的に良かったけど途中ちょっと寝てしまいましたー。
とっても複雑だったんですけど、いろいろ知ってるからか思ったよりはるかに感動しちゃったんですよねえ。
私はおもしろいひとがすきです。
kynka

kynkaの感想・評価

4.1
桐谷健太と菅田将暉が歌う浅草キッドが映画の雰囲気とマッチしててすごく好き

10年間の内容は途中少し退屈だった
お祭りで漫才をするシーンが好き
桐谷健太の夏の汗臭そうな熱い感じがよかった
ドラマ版も見なくっちゃなー。
芸人・・・売れる売れないの差ってなんなんだろう。面白さを求められてるのに、面白いだけでは売れないとか。
大変な職業だ。
でもきっとその大変さは見せないのがプロなんだよなーなんて思いながら観ていた。
マキさん、いい人すぎますね
神さまみたいな人

イトーヨーカドーか西友で売ってるようなTシャツと短パンを着てても、菅田君はキラキラしてました…
キラキラしすぎてました…
かっこいい人がカッコよくなくなる時に悲しくなるのは本当に憧れてたからだよね。

映画見てて、あここで終わりなんですねって感じの終わり方しめす
桐谷健太ただのauのうらちゃんだと思ってました。すみません。めちゃくちゃ魅力的でした。
dita

ditaの感想・評価

3.5
@大阪ステーションシティシネマ
原作未読ドラマ未見。色々はしょってるんやろうけどわたしは涙腺バカなのでラスト漫才は泣いた。芸で売れる為には妥協も信念も大事やし何より機運が大きいと思うけど、芸人が出した答えに対して本人が決めたことは間違いじゃないという監督の優しさがちゃんと出ていたと思う。

桐谷健太は二枚目よりやっぱりこういう憎めないアホな役が似合うよなぁ。最初のほうは「自分がダメってわかってるけどイキってる先輩」やと思いながら観てたけど、最終的にやっぱりアホで安心した。神谷だって野爆のくうちゃんとか千鳥の大悟みたいに貫けばいつか売れるかもしれん。
>|