火花の作品情報・感想・評価

火花2017年製作の映画)

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:121分

あらすじ

若手コンビ「スパークス」としてデビューするも、まったく芽が出ないお笑い芸人の徳永(菅田将暉)は、営業先の熱海の花火大会で先輩芸人・神谷(桐谷健太)と出会う。神谷は、「あほんだら」というコンビで常識の枠からはみ出た漫才を披露。それに魅了され、徳永は神谷に「弟子にしてください」と申し出る。神谷はそれを了承し、その代わり「俺の伝記を作ってほしい」と頼む。その日から徳永は、神谷との日々をノートに書き綴る…

若手コンビ「スパークス」としてデビューするも、まったく芽が出ないお笑い芸人の徳永(菅田将暉)は、営業先の熱海の花火大会で先輩芸人・神谷(桐谷健太)と出会う。神谷は、「あほんだら」というコンビで常識の枠からはみ出た漫才を披露。それに魅了され、徳永は神谷に「弟子にしてください」と申し出る。神谷はそれを了承し、その代わり「俺の伝記を作ってほしい」と頼む。その日から徳永は、神谷との日々をノートに書き綴る。 2年後、徳永は、拠点を大阪から東京に移した神谷と再会する。二人は毎日のように呑みに出かけ、芸の議論を交わし、仕事はほぼないが才能を磨き合う充実した日々を送るように。そして、そんな二人を、神谷の同棲相手・真樹(木村文乃)は優しく見守っていた。しかい、いつしか二人の間にわずかな意識の違いが生まれ始めるーー

「火花」に投稿された感想・評価

第153回芥川賞受賞の又吉直樹さんの同名小説を、このところ主演映画が相次いで公開されている菅田将暉さんと、「海の声」のヒットで歌手としても活躍している桐谷健太さんのW主演で、自身も芸人である板尾創路さんが監督して映画化。
廣木隆一さんが総監督し、白石和彌さん、沖田修一さん、久万真路さん、毛利安孝さんが全10話を分担して監督したNetflixのドラマ版も観ているが、キャストが違うだけでなく、上映時間が121分ということもあって、ぎゅっと圧縮、短縮されたイメージを受ける。
先日、原作者の又吉さんの吉祥寺時代の思い出を新聞のコラムで読んだが、売れない時期を過ごした吉祥寺のアーティスティックでお洒落な雰囲気に違和感や疎外感を覚えたことが書かれていた。
その町に住み、売れようともがいていた記憶や思いが原作に溢れていたが、映画はそのエッセンスを汲み取り、上映時間内に網羅しようとしている。
漫才の師匠や相方との関係、芸にいくら精進しても結果が出ない、売れない、挙句は後から出てきた芸人たちに抜かれていく焦燥感、そのような芸人の世界での挫折や葛藤が、青春の全てを漫才に懸けた主人公たちのドラマで浮き彫りにされていく。
この主人公たち、徳永と神谷役の菅田さんと桐谷さんは、お笑い芸人役を演じるのが難しかったそうで、桐谷さんは相方役の三浦誠己さんと共に猛練習したとのこと。
映画はキャストたちの熱演で繰り広げられる漫才師の青春物だが、終盤の山場である「スパークス」の公演をはじめとして、物語の節目となるエピソ―ドがすべって、いまいち心に響いてこない。
ラストの方で神谷が熱海の居酒屋で徳永に語る言葉が本作で言いたかったことだと思うが、原作でポイントとなるエピソードを繋げただけ、上っ面をなぞっただけのような印象を与えるのが残念だ。
aki

akiの感想・評価

3.7
試写会で一足先に見させてもらいました。

途中普通に笑えるシーンがあったり、考えさせられるシーンがあったり、数人の人生をさら〜っと見た感じがありました。

スパークスの最後の漫才はもう泣かされました。あれは感動しかないです。菅田将暉の演技最高
abx155

abx155の感想・評価

3.7
試写会にて鑑賞。
夢を追った者が全て成功するわけではなく挫折して去っていく者が大半。だけど挫折イコール負けではない。
原作のメッセージが、原作よりもストレートに描かれていてよい。
ハーモニカ横丁とか小劇場の舞台裏などの場末感が映像でうまく表現されている。
そして菅田将暉の演技が圧巻。これまでのキャリアの中でもベストアクト級だと思った。
ぐれこ

ぐれこの感想・評価

3.2
男の友情とかとか。
画面がマジ綺麗。ちょこっとだけ昔の独特の雰囲気。板尾すごい。
でも女子感覚の強めなわたしには感情移入はしにくく!
kassy

kassyの感想・評価

3.7
試写会にて。

売れたいと思いながら日々東京で漫才をする若手芸人の徳永は、ある日営業先の熱海で神谷という先輩芸人と出会い、弟子にしてくれと頼み込む。
神谷に可愛がってもらいながらお互い切磋琢磨して行くのだが…

原作、ドラマ未読、未視聴。

芸人とはつくづく特殊な仕事だと思う。
人を笑わせるという仕事は、人を幸せに出来る仕事だと思うが、その裏ではお金がなくて、食べれなくて、近しい人に悲しい思いをさせたり。
でも夢があるから、それでも芸人を続けられる。

この映画の中の登場人物達も、夢破れる人。成功する人。両方出てくる。

そんな中、解散を決めてラストステージへ上がり、舞台上でラスト漫才をする中で、自分の気持ちを吐露する場面があった。

その場面で私はとある大好きなお笑いコンビのラストライブを観に行った自分の記憶が鮮明に蘇った。10年以上前の事だが、あの日の情景、空気、ネタ、そして自分の抱いた気持ちがリアルに呼び起こされた。
もう2人の漫才が見れない事がつらくて、悲しくて。
でも沢山笑わせてもらった事に本当に感謝した事を思い出したのだ。

その場面の2人の演技が、特に菅田くんの演技がもう本当にめちゃくちゃ良くて…気持ちがすごく伝わってくる良い演技だった。
だからこそ、私はせつなくてせつなくて苦しくなるほど自分の思い出を重ねてしまったのだ。

そのシーンがあっただけで、この映画の多少の粗は目を瞑れるくらい良いシーンだった。

最後に神谷は徳永にこのように言う。
「この世の中に漫才師が一組しかいなかったら、面白くなんてなってなかった。あいつらより面白い事をしようとか切磋琢磨したから、面白くなれる。だから、辞めて行った芸人に、無駄なんてない」

一発どでかい花火をあげようと夢見て、辞めて行った無数の芸人達、夢破れた人へのメッセージがまっすぐと自分へと届いた。

お笑いが好きな人は、色々感じる作品だと思う。
とりあえず、原作を読もうと思う。
シ

シの感想・評価

3.3
映画の内容とタイトルの火花がピッタリ。
かつて自分が行った解散ライブも裏側にはあんなことがあったのかなあと思うと切ない。
夢を追いかけつづける大変さが伝わってきた映画だった。
相変わらず菅田将暉のおでこは綺麗!
たける

たけるの感想・評価

2.0
試写会で鑑賞。原作未読、ドラマ版鑑賞済み 。ドラマ版にハマったせいでフラットな見方がそもそもできていないのもあったけど、全シーンドラマ版の方が良かったとさえ思った。決して映画は悪い出来ではないしなんなら面白いんだけど、ドラマ版を先に見ていて、林遣都と波岡一喜の徳永と神谷を味わった人なら映画見なくていいと思います。「あのシーンの扱い方、、」とか「あのセリフ、、」とかそっちばっかに目がいっちゃう。これから初めて見る人にもドラマ版を勧めたいけど、映画の方がハードル低いし、映画見てドラマを見てくれるかっていったらその人の中の徳永と神谷は菅田将暉と桐谷健太だし、ただ火花自体には触れてほしいし、と複雑な思い。
前半の掛け合いがおもしろい。
芸人の先輩後輩ってこういう関係なんだろうなっていうイメージが膨らむ。
エンディングはおもしろいけど、途中は中弛みがある。あと20分短ければ。
夕凪

夕凪の感想・評価

3.2
試写会(TOHOシネマズ錦糸町)にて。
原作未読、実写ドラマ未視聴。
SHIJU

SHIJUの感想・評価

4.1
試写会にて。
好きです。この映画。
今夜は鍋にします。
>|