ハード・コアの作品情報・感想・評価・動画配信

「ハード・コア」に投稿された感想・評価

原作未読。というか狩撫麻礼氏が亡くなってたのも知らず………。公開の年の一月だということは、この映画は見ることはなかったんだね。見たらきっと喜んだと思う。
監督は『オーバー・フェンス』などなどで応援してる山下敦弘。脚本は大忙しの向井康介。山田孝之はプロデューサーも兼任。

当方、前情報なく見たので度々、目が点になりました(´・_・`)が、好きですよw
くだらない、と一笑するのは簡単。
最後まで(完、が出てからも続くので要注意です)見てそれなりに考えさせられたのでした。

まず冒頭数分で、あんな藤原季節が見られるとは!(今からたった4年前の作品なのに〜ある意味レア!)謎の登場人物松たか子とキスしてるし!
佐藤健演じる左近の登場シーンも〝げっマジか!!!いいの?〟って感じだし。
それに結構〝小さいお友達には見せられない〟シーンがほんとヤバかったりします。(山田孝之演じる右近が携帯握りしめながらの………酷いってゆうか凄いってゆうか………)石橋けい、凄い頑張りっす。
半グレの男にあれ?奥田庸介監督に似てるなと思ったら本当にそうだったw

で、とにかくストーリー展開がぶっ飛んでて振り落とされそうになりながらも、右近、荒川良々の牛山、ロボオ、の3人に左近の言うところの「ユニークなお友達がたくさんいて羨ましいぜ」という思いでついて行きました〜
右近のまっすぐな正義感が、そこまでやるか?って域なんですが牛山との関係もあってまぁそうかと。ピュアなんですね。
ロボオの〝慈悲と悲しみ〟も納得です。
最後のオチは………ちょっと苦笑いでした。

エンディング曲良かったです!
「なだらかな夜」Ovall feat.Gotoh

伊島空、和田光沙、松浦祐也、康すおんと個性派勢揃い〜w
なほ

なほの感想・評価

3.3
孝之目的で鑑賞。。


これは、何映画なの??
SF??恋愛??ハードボイルド??右翼?ファンタジー?AI?


世界観がとにかくシュールで


いろんなテーマでいろんなストーリー。


なのに、全然とっ散らかってないのが不思議。



孝之と佐藤健が兄弟ってどういう世界線??


全裸監督ぶりに孝之の演技でした!

お兄さん!かっこいいね!

色気ムンムンだね!!!



🫶❤️‍🔥❤︎🫶❤️‍🔥❤︎🫶❤️‍🔥❤︎🫶❤️‍🔥❤︎
現代には生きにくい奴らは必ずおるのは、知っとるけど、そういう人たちはやっぱりどうしても排斥されていってしまうんだろうな~。
んー…
表現するのは難しいけど
嫌いじゃない🤣

左近よ
裏切った訳じゃなかったのね!疑ってごめん💦
shinya

shinyaの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

DVDレンタル屋さんで借りて鑑賞

よくわからない作品だった
何も考えずに観ろっていうことかな
社会の底辺で暮らす男たちの物語をコメディ且つシュールに描かれる
自分的にはいまいちの作品だった
テンポ悪いし終始「?」ってなるようなシーンの連続でわかりにくかった
R15要素あるのか?と疑っていたが、思ってたよりエ○かったので納得できた
全員が幸せそうなラストで良かった
暇潰しとして観る価値はあり
同名原作マンガの実写映画化。
原作はそこまで知名度も人気もある作品ではないけれど、山田孝之や佐藤健、荒川良々とかなり立派なメンツを揃えている。

で、埋蔵金を掘ることで日銭を稼いで生きている半ばニートみたいな山田孝之が主人公。そこにロボットがあらわれる。で、どうしよもない世界にドロップキックするわけでもなければ、こんなことも言えない世の中にポイズンするわけでもない。……いやするのか?んーなんかよくわからん。
このよくわからん加減がこの話なのよね。

原作もこんな感じなんでなんとも言えないところなんですけど、なんとも言えない感じがそのまま映画になった感じでしょうか。いや山田孝之とか佐藤健とかの演技は至極素敵でしたよ。
Yuna

Yunaの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

佐藤健が、平常心な顔でバックニャホ。
それだけで はうってなるのに、ストーリーもはちゃめちゃで面白い。割と好き。


待って、ロボットと爆発したんじゃ。。。
健は生きてて良かったw
右近と牛山も生きてて良かったw
週末

週末の感想・評価

-
公開したときにアップリンクが激推ししてたのが印象に残ってて、やっとみた。
Gotchが全部持っていきました。
佐藤

佐藤の感想・評価

3.5
※ネタバレが多分に含まれます





【社会になじめないはぐれ者の山田孝之と完璧超人商社マンな佐藤健と謎のロボット】

いや、他にもかなり濃いキャラの人たちがいっぱい出てきたんですけどね😅

荒川良々もメインキャラだし、金塊を探すおじいさんとかも出てきたり、あとは付き合う男を不幸にする系女子なんかもいたり。

イベント的には公安警察に建物を全力で包囲されたり。

佐藤健が「日本の商社マンの意地見せたるわ」って殺されるかも知れないってゆーかそれ殺されるだろ普通にってところに1人で行ったり。

まあ、つまり話がとっちらかってて、説明が難しいってことです🤣

でも、僕には嫌いにはなれない感じだったってのはたしかです🙂
同名のロシアアメリカ合作の大迫力アクション映画がありますが、僕はあっちよりこっちの方が好きです。

あ、もしかしたら、アニメ映画の「アイアンジャイアント」にちょっと影響されたりしてるのかも🙄🙄🙄

あと、この映画はまったく「ハードコア」じゃないってことは言っておきます🤣🤣🤣
なんか僕の説明だと割とハードコアしてそうなんですけどね笑
おれお

おれおの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

話がシュールで荒川良々でシュールで山田孝之でシュール。

男たちの素晴らしいストーリー
>|

あなたにおすすめの記事