夏への扉 ―キミのいる未来へ―の作品情報・感想・評価・動画配信

『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』に投稿された感想・評価

面白かったー!
展開は読めたものの、ラストの展開は予測できず面白かった!
ほっこりした。
ラストが良かったからいい映画見たような気分になってる。

これはSFであるけどそれ以上にラブストーリー映画だったんだね。
そんな感じで見てなかったから、感情面ではあまりついていけず。
もっとお互いに思い合ってる感を前半で振っといてくれたら見やすかっただろうなー。

あと、原田泰造さんがものすっごくよかった!
社長になるの?のセリフ(うろ覚え)のときの芝居最高によかった。
家族が増えるときも。
ヒューマノイドの藤木直人は置いといて他はいつも通りの演技されてる方ばかりだったので特に原田泰造よかった。

にしても三木監督の作品ってどれ見ても似たり寄ったりなんだよなー。
キャスティングもそうだし、ロケ地も。
画面の色味とか雰囲気も。
流れてくる音楽も。

言わずもがな原作は大名作な訳だけど。
本当にこれ邦画で実写する必要あったのかなー。
洋画でもっとお金かけた映画で見たかった感は否めない。

あとどうしても気になったのが、藤木直人が浅野和之さんにしか見えなかったしヒューマノイドなのに老けすぎてて草。

あとラスト、エンディング被せすぎててほんっと興醒めですよ。
邦画のダサさでてた。
誰の歌かと思ったら、LiSAだって。
あー台無しでした。

ピート(猫)は可愛かった。
mika

mikaの感想・評価

3.7
正直あんまり期待してなかったけど
思ってたより全然面白かった
過去と未来を行き来するお話なだけあって
色んなとこに伏線散りばめられてて
それを考えながら見るのもすごく楽しかった

おかえりモネ見てからどハマりしてるんだけど
清原果耶ちゃん 今回もかわいすぎた
ピート役の猫ちゃんも可愛すぎて 癒された
演技も上手だったなあ

小説を読んでみたくなった
mio

mioの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最初怖って思ったけど進めて行ったらいい話でハッピーエンドで上手くまとめられてよかった。

見初めてちょっとしてからNetflixの映画概要を読んでしまって、ワナにハマることとか知ってしまったから後悔…

山崎賢人いつみてもかっけえ
chiaki

chiakiの感想・評価

4.0
バックトゥーザフューチャー!!!
近未来のSFなんだろうな〜って思いながら見たけど、変にむずかしくないし終わり方がほんとに綺麗で大好きな作品だった。
藤木直人のロボット違和感なさすぎた!
22/02/27。主演のキャスティングを知ってナメてかかっていたのが逆によかったのか、とてもよい印象を持てた。さすがハインラインといったところか。原作も読まないといけませんね。
西子174

西子174の感想・評価

2.5
映画の世界が進みすぎてついて行けず置いてきぼりでした。考えて理解しようと考えるほどに感情移入出来ず終わってしまいました。
話的には面白かったしキャラクターも好きでした。
泣ける場面があったけども感情が入りきれず残念でした。
おだ

おだの感想・評価

3.6
「夏への扉を探し続ける」ことの意味が、原作を読んでもよく飲み込みきれない。ロバート・A・ハインラインはこの複雑な物語で何を伝えたかったんだろう…。

ここから映画の話
全体的には、原作を現代的に焼き直しした感じ。やはり実写化あるあるで、全体の流れが忙し気味で、どうしてもストーリー展開に皺寄せが来てしまう点は従来通り。

話の骨格は変えず、原作との辻褄を合わせるのが大変だっただろうな。いっそのこと、根本の趣旨だけ統一して、書き直した方が良かった気がする。予算と時間的には不可能だったのだろうと思うけど。30年後にヒューマノイドのピートを付け加えたのは妙案。この存在が、現代版今作の辻褄合わせの大半を担っていた。

ただ、原作を知らずに見た人は上手く飲み込めたのだろうか…?
5loth

5lothの感想・評価

3.0
強い意志を持ったSF嫌いじゃないです。清原伽耶と猫のピートの説得力がすごい。完全に作品を支えていた。
途中からタイムリープの時間軸とか、頭こんがらがってしまった、、、。
要するに、自分で自分を助けるわけだけど、後半には察しがついた。それでも凡人には頭こんがらがりました。
藤木直人のロボット感が良かった。
178

178の感想・評価

3.4
ハッピーハッピー見やすいと思います。
夏菜、絶対その立ち位置じゃないだろって思ったら案の定だった。
>|

あなたにおすすめの記事