戦争と一人の女の作品情報・感想・評価

「戦争と一人の女」に投稿された感想・評価

lgKaoring

lgKaoringの感想・評価

3.8
江口のりこさんが本当に良かった。
昔から脱ぎっぷりのいい女優さんとは知っていたが、今作もそれがすごく良かったし、声がいい。
坂口安吾原作だからこその昔風の台詞回しも、江口さんにはピッタリ。

内容は理解し難い所だらけだったが、それは戦争を知らないからかもしれないし、自分があの極限状態に置かれたとしたらどうなるのか想像もつかない。

※一夜限りの特別上映「戦争と一人の女」にて。
上映記念トーク「戦争と五人の男、戦争を語る」
荒井晴彦、森達也、井上淳一、佐伯俊道、小林三四郎
2020.0920
監督井上淳一
原作坂口安吾
出演江口のりこ
  永瀬正敏
  村上淳
  高尾祥子
太平洋戦争末期の東京で小説家の野村は、
呑み屋の女将の女と生活を始めた❣️
女には、肉体の喜びは、無いが性格が
本来頭抜けて淫奔なのであった❗️
中国戦線で片腕を失い帰還した日本兵
大平義男は、妻(初子)との営みができない
身体になってしまっていた‼️ある時、
数名の男たちが一人の女を強姦している
姿を見て自分が興奮するのを感じた😱
そして大平は、町で女を騙して山中で
強姦魔として襲う事で喜びを得た‼️
「戦後日本を震撼させた暴虐魔
 小平義雄をモデルにしている」
最後にこの二人が絡み合う事になる⁉️

驚いたのが江口のりこの身体が
非常に綺麗でビックリした⁉️
高尾祥子も綺麗😄

TSUTAYA
jr

jrの感想・評価

2.9
ある記事で江口のりこさんの演技力が評価されてて、最近の半沢さんの活躍もあり期待!
していたら…
戦争とタイトルは付いてるけど終始エロティック作品だった(*_*)

日光消毒が一番効くのよと、
いきなりモンペを下ろして丸出しにしたシーンはビックリ!
がっつりヘアヌードも見える終始18禁シーン
えっこれ18禁だよね⁇
会話もずっとやることしか頭にないのか?
失禁脱糞…あれで萎えないのか⁇
胸糞‼︎時代もあるのか⁇女を強姦して当たり前みたいになってるのも胸糞
村上淳さんが嫌いになる作品
miyabi

miyabiの感想・評価

3.5
#戦争と一人の女
そっか、こういう映画だったのか❗やりまくろうって、そんな意味か⁉️
ポスター見て、江口のりこ外キャストで観たのだが。まあ、話題作以外は、こんな感じで映画観てるけど。
行きなりのセックスシーンにヘアヌード、強姦のオンパレード。挙げ句に脱糞まで。戦争中のセックスだから こんなもんだろうけど。
戦時中だから、名誉の負傷だから、貧しさ故の口減らしで娘だから⁉️
全て、戦争のせいなのか⁉️
戦争が無かったら、みんな 狂わなかったのか⁉️

本当に米の為に股開いたの⁉️
m0jr

m0jrの感想・評価

2.0
公開された時になんでか
黄金町の映画館で姉と一緒に観た思い出
mckee

mckeeの感想・評価

4.2
観るものがどう受けるかを試されているような作品だ。もちろんそこに正解などないが。
果たして、これは戦争と言う狂気に翻弄された人の悲しい話なのだろうか。戦争の愚かさや虚無感を表現した時間なのだろうか。全て否と私。
これは、狂気の世界の中に身を置いたが故に、自分の中の狂気と向き合うことが出来た幸せもんの話だ。アイノコ産むと言っていた江口が、初めて自分を悦ばせた男の子どもを産むのだから。強姦魔もまたしかり。
戦争中でさえ、いやだからこそかな、生と性はこんなにも猛々しくこんなにも弱々しいという様がきちんと描かれ、そして「人間はそれだけのものよ。それでいいのよ」に繋がっていく。
永瀬の早漏すぎるのも、弱々しい男の象徴と理解する。
私はこの世界観をまるごと受け入れる。
「生」の証たる「性」を死や暴力と絡みつかせて描き戦争の狂気を淡々と語る反戦と言うより異色の“厭戦”映画。
感情の起伏が出ない江口のりこの表情が全編に漂う“のっぺり”とした雰囲気を醸し出して第二次世界大戦の虚しさを物語って見事!
morine

morineの感想・評価

-
快楽と愛情がぶった斬られたり、残虐と慈悲が混濁したり、戦争は、世の中の関係性と呼ばれる一切のものを、無関係にしてしまうね。死を予感していても死なないとか、死と無縁なところにいても死に追いやられるとか、戦時中だけどこうならないとか、平常時だけどこうなるとか、いろいろあるんだよなぁ。人間が論理として創り上げたものなんて、外因によって、あっという間に壊されてしまうね。
んー、

胸糞、、、

戦争の惨さと、人間の愚かさを知るには良い映画
文学作品なだけあって、セリフがなんとも、"セリフ"感。
ただ、それが独特の雰囲気を出してるところもあるし、このキャストじゃなきゃ、このリアル感は出なかったんじゃないかなぁ。

江口のりこはなんとも言えない、生々しい演技がすごく上手だなぁと。

終始
重い雰囲気がありました。
戦争ものは心がズーンときます。

しかし、エロと死はなぜ、セットにされがちなのか、、、

なんとも言えないエロスも感じました

ただ、、、、
酷い、、、

心のコンディションが、良い時に見るのをオススメします。
chisato

chisatoの感想・評価

3.8
悲しすぎるなー。ポルノと思いきや戦時下の人々の憂鬱がよく描かれていて勉強にもなるし面白い。 youtubeで見れる