ライリー・ノース 復讐の女神の作品情報・感想・評価・動画配信

「ライリー・ノース 復讐の女神」に投稿された感想・評価

カナグ

カナグの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

『ライリー・ノース』(原題:Peppermint)

ごく普通の主婦、ライリーは夫と娘と幸せに暮らしていた。しかしある日、麻薬組織の襲撃に遭い、最愛の夫と娘を殺され、自らも瀕死の重傷を負う。彼女は一命を取り留めたものの、忘れるはずのない3人の実行犯について警察に証言するが、法廷では組織と癒着する関係者たちによって無罪放免にされてしまう。ライリーは組織に復讐を誓い、姿を消した。そして5年後、再び彼女は始まりの地へと舞い戻る。

またまた復讐もの。
女性がメインのアベンジ・アクション映画はまだ少ないが、今回は「たまたま手を出した家の人がヤバいやつだった」ではなく、本当に一般家庭の人が主人公だというところが珍しく感じる。
5年であそこまで洗練された動きになるのか?とは思うまい。彼女は執念でもって過酷な訓練を自分に課したのだとわかるだろう。

アクション面だけでなく、ストーリー展開も面白い。組織と癒着しているのはなにも裁判官だけではない。
警察の内部にも関係者がいると刑事が話しており、誰が裏切り者なのか分からないような演出が上手かった。

ライフルにサイレンサーを取り付け、マガジンを装填する仕草はもはや歴戦の戦士。
それでも無双するわけではなく、しっかり反撃を受けて負傷してしまうのだがそれすら手負いの獣らしく殊更に危険さが増して良い。

そして愛する家族を殺し、罪から逃れた組織の人間達へ銃口を向ける訳だが、その手段を選ばない殺戮ぶりは観ていて爽快感がある。
実行犯を銃殺するだけでなく、家族の思い出の地である遊園地の観覧車に吊し上げ、裁判で無罪放免と判定を出した裁判官を縛り付け家ごと爆破、構成員を次々射撃、組織が儲けた金を全て燃やす……。
いいぞ、もっとやれ!と思ってしまうのは感情移入しているからかもしれない。

かつて友人であった女性から「こんなことをしても娘さんは戻ってこない……」と苦し紛れに言われたとき、ライリーは怒りのまま彼女の頭に銃口を押し付けていたが、このとき私はある俳優の言葉を思い出した。
「復讐をしてもしなくても、大切な人は帰ってこないのでした方がスッキリするんじゃないかな」
( https://youtu.be/TxOmrFvm1J8 2014年のインタビューでの発言)
もはやネットミームと化している部分はあるが、核心をついた言葉だと思う。

もし、大衆の正義である司法制度がただしく執り行われていたなら、彼女は法に委ねていただろう。
目の前で人を人とも思わないように無惨に家族を殺され、それを省みず罪を罪と見なしていない加害者の姿を知っているので、生命は皆尊いものだと説いたところで意味がないものだ。そして、それを咎めてくれる家族はいなくなってしまったのだから、自分が裁く他はなく、復讐を止める理由ももうない。後は目標のために突っ走るだけなのだ。
だから刑事の「これ以上罪を重ねるな」という懇願を振り切って宿敵の頭に風穴を開けたのだろう。大抵は銃を持つ手を降ろすだろうが、彼女は意志を貫いたという点でしっかり復讐を遂げられたのもポイントが高いと思う。

綺麗に物語が終わっているので、特に続編は望んでいないが、あるとしたら「イコライザー2」的な展開になりそうだ。
ジェニファー・ガーナー好きなんです!でもこれは…。劇場鑑賞しなくて良かったです、多分。

家族愛や、子供がメチャかわいい、悪役のマフィア、カルテルとつるむ悪徳刑事などなど使い古された描写なんよ…。 それに復讐を推していくなら、もうちょっと丁寧にさぁ〜?一介の主婦が5年の間にどうやって鬼強くなったか、師匠は誰だ!?とかさぁ。その辺が雑なんよ〜。

唯一、おっしゃ!ってなった描写は、ママ友の描写。旦那、娘ちゃん殺される前に一悶着、5年越しに鼻パンからの車強奪! このママ友が娘ちゃんの誕生日会に来るはずだったお友達を全部自分たちのパーティーに呼んじゃって、それからジェニファー・ガーナー一家はクリスマス遊園地に出かけて、その帰りに…だったから。人生たられば言えばきりがないけどさぁ?そりゃ殴りたくもなる…。

可もなく不可もなく…。各ジャンルでの映画でいかに振り切るかが大事だな…と改めて考えさせられた映画でした。

ゆうくんのひとりごと

なんか最近、昔レビュー上げている映画ばっかり観てる気がする…。今日はライフやトランセンデンス…。もう4〜5回は観てるよ?焼肉カルビンにナノマシンジョニデ(笑) あとアメリカテレビドラマが止まらねぇ! 
mimizukuto

mimizukutoの感想・評価

4.2
面白かった!
さすが『96時間』の監督!!
すごく見ごたえがあった。
hachisabi

hachisabiの感想・評価

3.7
目の前で悪党に夫と娘を殺された女の復讐劇!!

冒頭の愛娘との会話で娘がちょっと汚い言葉を使ったら"ダメよ、そんな言葉"なんて注意していた良き母、良き妻であったライリーが、愛する家族を失い豹変する!!😡💢

悪党集団はもちろん、弁護士や不当な判決を下しやがった判事にも容赦しない!!〰️💣️💥
女だって怒ると何しでかすかわからんとこをとことん見せてやる!!
気に食わなければ全然カンケーない男も銃で脅す!!(あれはやり過ぎ😅)

華麗な身のこなしや銃の扱い、一体どこで習得したのか?なんて細かい事はどうでもいいんだ!!
とにかく悪い奴は1人残らずぶっ殺してしまえ!!

ごっつい男どもが女1人に殺られまくるスカッとする映画でした!!😆🎶
こつ

こつの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

復讐のためだけじゃなく、正義のためにも戦う。5年でめちゃめちゃ強くなった。ちょっと設定に無理を感じるくらい強い。強過ぎる。
ひよこ

ひよこの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

意外に面白かった。ただ、思ったより戦ってるシーンが少なかった。

最初、頭に弾丸受けてるのに、意識あるの凄いな?
適当な裁判笑った。全員、悪の親玉から金握らされてたんかな?🤤

家族殺されて、裁きを下すべき人達もうやむやにしてきたらそりゃ、復讐のバーサーカーになるよね。行方をくらましてた5年間で強くなった方法をもう少し詳しく描写して欲しい。

アクションは控え目。もうちょい頑張ってもいい気がする。

最後も結局逃げるんかーい!!!!世界中の悪を根絶やしにするの?
かえで

かえでの感想・評価

3.6
スッキリする終わり方で好き。面白かった。ただの主婦が5年間で街牛耳ってるギャングを一人で倒せるようになる…?って感じは若干あるけど笑
buenavista

buenavistaの感想・評価

2.6
あのさぁ
おおよそギャングなんで腕っぷしも
強かろうな猛者どもが、
5年程で 伝説の殺し屋に弟子入りしたわけでもなく、
独学でタフな体と格闘術や
あらゆる銃を扱う傭兵化した元主婦にやられるの?
ていうかなれるの?
という疑問から入ってしまい
ストーリーを存分に楽しめなくなってしまった😵

ごめんよ ライリーノース

とりあえず
アメリカの主婦を怒らすととんでもないよ
という ギャング道の教訓映画(о´∀`о)
とにかくカッコよく容赦なく殺しまくれば許されるジャンル。
マジでそこまでやっちゃうんだっていう歯止めの効かなさがイイ。ジェニファーガーナーこっわ…
サクッと楽しめる一本。

こいつ殺してほしいなぁ〜ってやつ基本殺してくれるからありがたい。ウザママもぶん殴ってくれるからありがたい。
>|

あなたにおすすめの記事