スタートアップ・ガールズの作品情報・感想・評価・動画配信

「スタートアップ・ガールズ」に投稿された感想・評価

うーん、上白石萌音さんのキャラと合ってないな〜。
こんなに人気のある俳優さんでも、こんなつまらない映画に出てるんだな〜
アマゾンプライムビデオで。

上白石萌音役の若い天才感を出すために、発達障害?っぽい行動(落ち着きがない、社会性がない、時間を守れないなど)がちょっと受け入れられなかった。というか、萌音ちゃんは周りを振り回す役よりも振り回される役の方が合っているのでは?山崎紘菜ちゃんと役を変えた方がまだ見れたかも。
山崎紘菜ちゃんがクソ生意気で周りを見下してる起業家で、萌音ちゃんが新人社員で二人で頑張るってベタな話でも良かった。

肝心のスタートアップの話は多分現実に照らし合わせてたら夢物語なんだと思う。そして肝心の園児を管理するアプリを見せてくれなかったのがダメ。
上白石萌音ちゃんがやたらと裏切られたくないって連呼してたけど、その掘り下げは全くやらなかったのは、勿体ない。たぶん親との関係なんだろうけど。
ぽむ

ぽむの感想・評価

1.5
自分で会社をやっている身として、あまり響かなかったし、なんだか遊びのように感じてしまった。
たき

たきの感想・評価

3.5
うあ、きれいに泣かされてしまった。

やりたいことを、やりたいようにやれれば世界はバラ色だとは思うのですけれど。
かなしいかな、世界にはひとの数だけ夢があって思惑があって、そのすべてを受け止められるようにはできてないのですな。
だからぶつかりあう。諍い、争い合う。
世界は思うよりずっと狭量なのですよね。

とはいえ本当に狩猟民族と農耕民族は相容れないのかと言えば、そうは思いたくはないのです。希望です。祈りです。
すべてのひとがそうあるわけにはいかないのだろうけれども、きっと同じ夢をみることができるひとはどこかにいると思いたいし、みれるように、働きかけたい。努力したい。

いまだに上白石姉妹がどっちがどっちかわかんない体たらく。
歌うたうほうはどっちだ。
君の名は。ああ、君の名は。
Koto

Kotoの感想・評価

5.0
とっても大好きな映画のひとつです。
特に、萌音ちゃんの部屋の雰囲気が大好きです!
内容が重い訳ではないし、ずるずる引っ張ったり、悲しい感じもないので凄く見やすいです!
相当好きな作品だけしか見返しませんが、これは何度か見ています。
それぞれの立場から一つのプロジェクトに向かっていく。
キャラを分かりやすくするためか誇張、単純化が強い印象。それに引っ張られてか話もちょっと単調に感じた。
世の懇親会、ミーティング、打ち上げがああなれば良いのに。
KH

KHの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

正直そんなに現実は甘くないし、主人公二人とも学生気分抜けてない感じが否めないけど上白石萌音のキャラが好きだったから楽しめた。
天才は社交性ゼロだけど周りに恵まれたからこの映画では一応よかったねって感じで終わっただけだと思う。
実際金に執着のない天才は金儲けに利用されるだけの存在になり得ると思うので、山崎紘菜とか山本耕史とかも変人だったから成功しただけに見える。
スタートアップとかいう胡散臭い映像が最初に差し込まれるが、これに対してが唯一嫌悪感が出てきた。
メタ壱

メタ壱の感想・評価

2.9
大企業に務める堅実な性格の希と、フリーで破天荒な性格の起業家の光の凸凹コンビが新事業を立ち上げ成長していくお話。

“起業”の楽しさを描いた作品。

アイデア一つで世の中を変える。
未知の領域に挑むワクワク。

だけど、その中にはちゃんと“人の心”がないといけない。

ただのお金儲けじゃなく、関わる人たちはただの役割や客じゃない。

人と人とが向き合って、相手の事を思いやり、足りないものを補い合えてこそ、そのアイデアは世の中を変える事が出来るのだと思います。
上白石萌音も山崎紘菜も好きだけど
なんかワクワクしなかった( 'ω')
Yellowtail

Yellowtailの感想・評価

2.2
ブレスト、新しいアイデアが溢れてくる、わぁああああ、楽しい!
みたいな天才を描こうとしてるけど、
それが現実味がなさすぎるな…
途中まで、頭の中だけで考えてるところしか描かないからだ

なんとなくビジネスプランっぽく
ビジネス用語を並べ立てて、
すごい新しい画期的なアイデアっぽく描いてるけど、
そんな新しいことか?と思ってしまうし、
スタートアップというタイトルをつけるなら、もっと現実味のあるビジネスが立ち上がっていくところを見たかった…

あと、足音と身振り手振りのドタバタ音が…気になる…
>|

あなたにおすすめの記事