屍人荘の殺人のネタバレレビュー・内容・結末

「屍人荘の殺人」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ゾンビ映画だとは聞いてない!笑

ゾンビにした主犯は誰なのだろう…

神木くん流石の演技でした…
そもそも原作にまったく文章力がなく、なにも想像させないように書かれていて、建物の構造がさっぱりわからなかったので映画を手を出してみた。まあ、少しはこの映画でイメージが補えたかもはしれない。いや、、どうだろ? 通路とか、よくわかんないんだよなあ。

そんな原作だったので映画のストーリーに期待はしていなかったけど、やっぱりまあ映画っていうかドラマテイスト?

イマイチ雰囲気が作られていないし、所々急なジョークが入るし、あっさりとしていて観賞後なにも後に残らない。悪ふざけで書いた小説を映画にしたっておもしろくないってことだ。どうしてあんな小説が賞に輝くんだろう。

映画はわかりやすく消化されているような気もするが、それでもトレンディドラマの域を出ない。ゾンビ感も悪ふざけだが、なにあのレントゲン?

犯人役の女の子が普通にその辺にいるけどちょっとかわいい人で、見ていてそこだけが良かった。
ミステリーだけなら犯人が分かりやす過ぎだけど、ゾンビが出てくることで緊張感とハラハラ感がプラスされ、
剣崎(浜辺美波)と葉村(神木隆之介)の面白いやりとりで物語に深みが出てると思う。

予告で想像してたよりは面白かった。

ただ、なぜゾンビが発生したのか、なぜ剣崎がワトソンを必要としてたかそこが知りたかった。

個人的には中村倫也がそうそうにゾンビになって出てこなくなるからそこはちょっと残念。笑
山田杏奈が出演していると聞いて。ミスミソウに引き続き人を殺して最後に、、!で最高でした。
映画自体は…うん。という感じ
そのギャグ、いる?話の流れ止めてまで入れ込むほどのもん?としばしば妙なギャグ演出と台詞のやり取りに引っかかる。
WOWOWで放送されたものをようやく観ることができました。
原作は未読ですがどういう話かは簡単には知った上で観ましたが、思っていたよりも面白く見入ってしまいました。
ゾンビにいつ襲われるかという恐怖心や緊張感と殺人事件の犯人は誰だろうというミステリー要素が上手く合わさっていたように思います。
海外ドラマや洋画でみるゾンビに比べると怖さは足りないな〜と感じましたが本作のポイントはそこではないのでまぁいいかなと。
総合的にはいい映画だと思いますが、個人的に残念に感じたところはギャグのテンポが独特で笑えるところと笑えない部分があったのと、主人公と明智さんの関係性をもう少し掘り下げて欲しかったなと思います。(原作でも同程度の描写なら仕方ないですが)
内容を全く知らない状態で見てよかった。閉ざされた空間で…はよくある設定だけどその理由が、ゾンビとは。面白いなー。しっかし、中村くん、神木くんの可愛さよ。
ラストの比留子のセリフと、明智さんのセリフ、バイオテロの犯人などなど、気になる謎は残ったまま。小説の方がきっともっと面白いだろうね。読まねば。
気軽に楽しめる娯楽作品としては、内容もまあ、悪くない。しかし、とどめの骸骨はない方が良かったかな。
ベストセラー小説を映画化することの難しさがわかる映画だった。謎解きとストーリーは原作に忠実だったが、それ故に映像にするとわかりにくい。人気俳優をとりあえず並べて観客動員を狙ったのは良いが、映画的には観処がない。ゾンビも学生自主映画レベルでチープ。浜辺美波の可愛さだけがヴァリューの映画とも言えるだろう。
原作は未読です。ゾンビをミステリーの孤立化の手段に使った点は面白いかったんですけど、ミステリーの犯人さがしの面白さがあまりなかったのは残念でした。中村倫也さんではありませんか、殺人が起こる前から犯人は自明でした。もう少しミスリードを散りばめてくれてもよかったかなと思います。フェスでゾンビウイルスをばら撒いたグループと絡めるとかいくらでもやり方はあったような。ま、全体的にはかなり好きなんですけど。
原作を読んでいたら展開は分かるので、実写化?!という感じでしたし、中村倫也さんがフェードアウトするのも分かるので贅沢でしたね。

映像化するにあたり、コメディに振り切るのは納得です。キャストが良かったので観た、というのは否めないです。
>|