ビブリア古書堂の事件手帖の作品情報・感想・評価・動画配信

ビブリア古書堂の事件手帖2018年製作の映画)

上映日:2018年11月01日

製作国:

上映時間:121分

3.1

あらすじ

「ビブリア古書堂の事件手帖」に投稿された感想・評価

HUNT

HUNTの感想・評価

2.2
ばあちゃんの不倫物語だった
美化しちゃだめだ
切なさを表現しても不倫は不倫
東出ナイスキャスティング( ゚∀゚)
成田凌は、こーゆー役にあよな。
妹役が気になるがだれだ?キャストのってないなこれに
あんま期待してた話と違って私にはハマらんかた😅
FREDDY

FREDDYの感想・評価

1.6

このレビューはネタバレを含みます

シリーズ累計640万部を突破した三上延原作のベストセラーミステリー小説を、黒木華と野村周平の主演で実写映画化した本作。印象としては、"思っていたものとは違う"としか言いようがないほどで、それなりの予備知識を持ち合わせていたこともあり、原作のイメージをそのままに視聴をはじめてしまったのが大きな失敗でしたね。ただただ残念な気持ちにさせられました。篠川栞子を演じた黒木華や五浦絹子を演じた夏帆は魅力的でしたし、演技力もあり好印象。だが、田中嘉雄を演じた東出昌大や五浦大輔を演じた野村周平にはあまり惹かれるものがなく、稲垣を演じた成田凌に至っては、怪演とまではいかず、わりと抑えた演技で異彩を放つものの、他のキャスト陣に個性がないせいもあり、抑えたつもりがかえって中途半端に映ってしまい、もはや"ネタバレ要素"となってしまっている。そして、描かれている内容としても、原作小説第1巻の2つのエピソードを紡ぐように北鎌倉の古本屋「ビブリア古書堂」の女店主・篠川栞子の名推理で紐解かれていく、活字を見ると体調が悪くなる「活字恐怖症」の五浦大輔の祖母・五浦絹子の過去が描かれ、題材は興味を惹かれるものですしとても良いとは思うのだが、描き方がいまいちでしたね。過去パートはこれはこれでアリかもしれませんが、現代パートがとにかく出来が悪く、登場人物らの魅力が全く活かされていない脚本にはガッカリさせられました。予備知識なしで視聴をすれば楽しめるのかと言われても、答えは限りなくノー。原作の醍醐味を削ぎ落としてしまった本作は退屈な作品としか認識できないでしょうね。オススメはしません。
sandy

sandyの感想・評価

4.2
犯人分かってても楽しめて
本読みたくなるし、古本の魅力も伝わるし
いいんだけど、東出の役が良くない。
演じてる本人がそういう人と分かってみると
気持ち悪いし、全然かっこよくなくて
惜しい、残念、もったいない。笑

でも、作品見て楽しかったので
東出のことはなかったことにして
高評価にします😌
隊長

隊長の感想・評価

3.0
原作未読。
登場人物に全然違和感なく見れたわ、それぞれがマッチングしていて良かったと思う。

特に過去!この東出昌大と夏帆は和風で古風な役が似合っていました。

夏帆の旦那は勘付いていたんだろうなあ
それにしても切ない。

現代は黒木華がもうドンピシャ

まあ本に興味はないけれど、色々知らなかったことが知れました。勉強にもなる。

犯人はまあ、、だろうなって感じ。
そもそも登場人物が少ないし。
それにしても犯人役が似合うなあ笑
この人出てたら最早犯人じゃないか?!って見ちゃうわ、最近。
しめの

しめのの感想・評価

3.5
「たかが本」という何気ない言葉がもう一歩信頼できない栞子につながったと思うと、他人の好きなものを尊重すること、自分の好きなもの、他人の好きなものに対する接し方の重要性に改めて気付かされた。一方で、好きなものを共有できる他人に対してはどうしても親近感を感じてしまうけれど、そうでなくても力になってくれる人、その本質をみるのが大切なんだろうな〜とぼんやり考えたりなんだり。
コオジ

コオジの感想・評価

2.6
不倫報道真っ只中でも放映したWOWOWの東出昌大出演作品
皮肉ってるのかというほどのナイスな浮気男ぶりでした
いやいや。作品に罪はない

犯人は古書店を放火するなど、なかなか悪どいことするやつで、観てて辛くなってしまった
鎌倉の細くて坂や階段の多い道や情緒ある街並みが良いし、古書に囲まれた薄日のさす静かな空気感などはすごく好き。

犯人最初からバレバレ、え、なにその意味不明なカーチェイス。
成田凌も急に変わりすぎてこわいこわい…

東出昌大が不倫してて、あらあらってなるんだけど、昭和顔の溜息の似合うデリケートな作家姿がはまってて、スタイルもいいしかっこ良かった。
momo

momoの感想・評価

3.0
剛力さんが出てくると思ってたら違った。ドラマ版だったのね。

夏帆可愛いなぁ。
夏帆の旦那さんも良い人じゃんね。

犯人がヤバイ奴になって笑った。

2020.19本目
東出、今見ると不倫物上手いと思ってしまうなあ。TVドラマ版より良いねえ。
ツタヤ

ツタヤの感想・評価

2.5
雰囲気は良かったんですけどね…映画の舞台となる鎌倉はやはり絵になります。ただ、脚本はダメダメでした。登場人物たちの行動がとにかく謎だらけ。

クルマに乗っているんだから体当たりでもすればいいのに原チャリから逃げまわる珍妙なカーチェイス。そのクルマが向かう先は警察署ではなく何故か海、どうしてもクライマックスは海でやると決めていたとしか思えない不可解な行動です。

喫茶店で偶然出会ったあの人は聞いてもない事までペラペラと簡単に喋るし。そもそもこれぐらい事件性があって警察のけの字も主人公たちの口から出てこないのはおかしいと思います。なんでこんな脚本にGOサインが出たんでしょう?

出演者に目を向けると過去パートに出てくる東出昌大さんは珍しく棒が目立たない良い演技をしていました。やはり不倫男役では確かな演技力を発揮しますね。(笑)
>|