ビブリア古書堂の事件手帖の作品情報・感想・評価

ビブリア古書堂の事件手帖2018年製作の映画)

上映日:2018年11月01日

製作国:

上映時間:121分

あらすじ

「ビブリア古書堂の事件手帖」に投稿された感想・評価

評価の分かれ目は、
黒木華が栞子さんに見えるかどうか?
原作の栞子さんファンとしては、
特に、そこが、気になる。

…かな?と思っていたけど、
それよりも夏帆の好演が印象に残って、
結果、黒木華さん、上手なんだけど、
うーむ?w
映画も好き、読書も好き。以前読んだ原作を思い出しながら、映画を鑑賞。栞子、大輔ともに、原作を読んで抱いていたイメージと少し違ったかな?古書店の雰囲気を、わからないなりに楽しめた。希少本…いくら価値があるとは言え、本が人を狂わせるとは恐ろしい。本性を現して、希少本を追いかける時の「目」か怖い。人には心があり、気持ちがある…妹の言葉がいい。最後は、栞子も希少本より人の心を選んだということだろうか?原作同様に、続編があるのだろうか?あるのであれば、乱歩の物語を観てみたい。
ゆう

ゆうの感想・評価

3.0
古書店に行きたくなった。
ビブリア古書堂が小説のイメージとぴったりでふと立ち寄りたくなる佇まいでした。
原作のイメージを壊さないような雰囲気は凄く素敵。特に栞子さんが黒木華ちゃんでイメージに近かった。
原作は読んでいるのでストーリーは分かっていましたが、後半がちょっと残念。前半が良かっただけに勿体無かったです。

ただ、過去パートの東出君と夏帆ちゃんの演技は良かったですし、本好きなら分かる小ネタや夏目漱石や太宰治の作品が物語のキーになっているので本好きの方にはおすすめしたいです。
sachi

sachiの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

(こちら辛口になってしまうので、大丈夫な方のみお読みください)

過去の出来事と今現在の話が一冊の本を軸に絡みあって描かれる。
役者陣の力でそこそこ楽しめるんだけど、追い詰められるクライマックスの場面でどうにも白けてしまった。なんでわざわざ、そこに?犯人へのサービス? からの、本を投げ捨て&飛び込みだとか、肝心の場面が一番どうしようもないとしか。
gori3

gori3の感想・評価

1.5
うーん、はまらなかった。登場人物に感情移入できないのは辛い。食堂のじいちゃん位かな?原作は未読だが、本来丁寧に書かれたところがはしょられると辛いのだろうな。
mike

mikeの感想・評価

3.0
全体的に観て、原作の方が良いです。
ただ過去回想シーンはキャストや流れが良く、引き込まれました。
ドラマ観てないけどこっちの方がよかったのでは?
犯人こいつじゃんって早い段階でわかったのが残念。
検察側の罪人の人がでてたけど、そちらの役のイメージが強くて、頭から離れない。
sk2

sk2の感想・評価

-
クライマックスの行動がえー?!って感じ(監督の改変らしい)
メガネの黒木華はいいぞ
映画製作側の設定した「決まり事」を受け入れる覚悟がかなり必要な作品。

警察とか、消防とか、警備会社とか、この映画世界内の神=(おそらく)監督が無粋と考えるものはいれない。法律や建物や人物の配置はすべて神が決める。

過去の文豪ものっぽいパートを長く観せたい分、現代のミステリー部分の謎解き要素が弱くなっても、アクションがほどほどになっても構わない・・「書を捨てよ、町に出よう」という他作家の思想を取り入れたい・・人と人を時間を越えてつなぐというテーマによりフォーカスしたい・・等々、「神」の想いをとにかく貫いた映画なのだ。

そしてリアルとファンタジーのおしゃれな融合を目指す。

と、いうようなことが受け入れられたかどうかで評価が別れるだろう。

製作サイドは、ストーリーより「古書」「文豪」といったアカデミックなフレーバーに惹かれて映画化したのかもしれないが、ならばオリジナルで勝負した方が良かったのでは?

映像化にあたっての原作改変を否定することは普段はあまり無いが、本作は原作の人気あっての映画化であることは確かだし、原作ファンからの失望のレビューが多いのを見ると、きっと原作の何かとても大切な「核」の部分を外してしまっているのだろうなと思ってしまった。
原作未読。栞子が本を通して推理を進めていくのにはワクワクさせられるが、軸となる事件については早々に話の展開が全て読めてしまって退屈。でも祖母たちの時代の映像は見ごたえがあり、完全に食われてしまった
>|