ビブリア古書堂の事件手帖の作品情報・感想・評価

ビブリア古書堂の事件手帖2018年製作の映画)

上映日:2018年11月01日

製作国:

上映時間:121分

あらすじ

「ビブリア古書堂の事件手帖」に投稿された感想・評価

正直期待外れでした。前半は結構面白く、ミステリー的な要素もあり引き込まれました。後半はあんまり感心できませんでした。良い素材や出演者陣をせっかく揃えているのに勿体ない印象。ネタばれになるのでこれ以上書けませんが、色々疑問が解けずに消化不良となりました。
鎌倉、湘南、古書店、2つの時代にまたがり雰囲気のある映画でした。サザンの主題歌もバッチリハマってた感じですU^ェ^U
mokomoko

mokomokoの感想・評価

4.2
やっぱり栞子は黒木華。某テレビ局で放映されたドラマ、ある社長に現を抜かしている女優とはプロ意識が違う。栞子はロングヘアーでしょう。原作のイメージにあいます。といいますか、黒木華、どんな役でも卒なくこなす印象が。本好きでコミュニケーションをとるのがちょっと苦手な女の子を魅力的に演じていました。もともと本が似合う女性か。

で、本作。昭和パートと現代パートがいったりきたりしますが、問題ない。ミステリーと切ないラブストーリーがいい意味で交わります。まぁ事件という程の事件でもありませんが。犯人は容易に想像がつきます。また熱演です。某スマホ映画でも熱演でした。

結論。ただただ本屋に足を運びたくなる地味な映画、いや、本屋で過ごすのにぴったりな、ゆったりと時間が過ぎ去る映画です。
黒木華が栞子さんってことで観てきました

野村周平が一途で健気、
途中でドロドロ恋愛…、
でも栞子さんは美しい!
そんな感じ笑

エンディングで、サザンの曲と共に流れる映像は、本の装丁のように華やか!
エンディングもっかい観たい笑

本をめくる音、本に触れるしぐさが丁寧で、本の触感が伝わってくるようだった。
秋の昼下がりに、風通しの良い部屋で観たい映画 笑
HAL9000

HAL9000の感想・評価

3.0
途中までは良かったのに、最後の方で何だかなぁって所がいくつか。
原作がそうなのだろうけど、実写でやられると無理があるかも。
過去編?の夏帆さんと東出さんが良かった。
現代の方は黒木華さんが美しかった。

映像は綺麗でした。

このレビューはネタバレを含みます

何年か前に原作を読んで気になったので鑑賞。

普通に一本の映画として面白かったです。

東出さんと夏帆ちゃんが美しすぎた、、、
成田凌さんは今後絶対サイコパス沢山やりますね

地味って感じる人もいるかもしれないけど、原作もたしかこんな感じだったからなあ
まぁ、なんてお上品なサスペンスなんでしょう!笑

それに、最近映画館行くたんびに黒木華に会ってる気がする。
働きすぎじゃない??笑

「古書には、人から人へ移り渡り、そのことが物語だと思うんです」
と、なんとも言えない幸福感たっぷりの表情で言ってたのに。。。

まさか、古書を巡ってこれだけの物語に巻き込まれるとはねー。

コレクター心理。
んー、俺も町田康と村上春樹はハードカバーで持っていたいってのはあるけど。
(この映画の人物たちとは全然レベルが違うけど笑)

映画に関しても最近さ、動画配信サービスが充実してるし、観たいのがすぐ観られる状況だから、もうDVDを買うことは少なくなるなーとか思ってたとこで。

もちろん、大好きなのは特典がたくさんついた豪華Blu-rayを買うけどさー。(買いはするものの、特典ディスクは観たためしがない笑)

とにかくこの映画の醸し出す雰囲気は素晴らしい。女性監督だからかなー?
とてもサスペンスの雰囲気には見えない。

そこが、この映画の最大の魅力だろうね。

あ、役名は忘れちゃったけど1964年東出クンが演じてる役が吸ってるタバコがゴールデンバット!!
俺もなのだ!
だから東出クンにかなりの親近感(笑)

ラストあたりに黒木華が放ったセリフ、なんか感慨深いものがあるね。

DDD

DDDの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

原作は全てではないが、小説・漫画をまだらに読んでいた状態で鑑賞。ただし、ドラマは未見。

原作にあった短編が重なるライトミステリーっぽさはあまりなく、栞子の本の知識もそこまで物語に生きてこなかったのは残念。
また、なんといってもクライマックスはひどい。
狂気に走った大葉からなぜか逃げるし、原付となぜか出くわして海に逃げてしまい、スタンガンを持った大葉にむざむざ襲われる。展開としてももたもたしてるし、追いかけられた時点で警察に駆け込まんかい!と。
あえて擁護すれば、行き過ぎたとはいえ古書を愛する同好の士のようなところが栞子と大葉にはあるので、警察沙汰にしたくなかったのかな、と思うのだが、言い訳でも突き飛ばされた・脅迫されたことを警察に届け出なかった理由を栞子から語らせてほしかった。

ただ、栞子を演じる黒木華の様子はすばらしく、映画化した意味はここには確かにあった。
彼女が本に惹かれる理由を語る下りは、小さい頃は特に本の虫だった私にとって「そうだ、そうだ」と嬉しくなった。
野村周平との組み合わせもよかったので、この2人でもっと物語が見たくなった。
あと、過去パートの惹かれる2人を演じた東出昌大と夏帆もよかった。夏帆は薄幸そうな美人がよく似合う。ちょっと過去パートのバランスが高すぎたきらいはあるが、2人のロマンスは実写ならではの分厚さがあった。

着地点が悪いのがいかにも残念だが、見るべきところはあった。
栞子さんは、やっぱり剛力さんより、黒木華さんがすっごいはまり役だと思う!

流石に、元々原作は濃厚な内容だから、全部を書ききれなかったけど、それでもかなりいい所まで描かれていると思う。

原作を読んでたから、「おお、凄い!よくここまで出来たなんて!」と感心しながら観てたけど、原作を知らなかったら、中途半端な感想しか残らなかったかもしないなー。

昼食前に観てしまった事もあるけど、カツ丼が食べたくなる映画でもありました。
Fieldpan

Fieldpanの感想・評価

2.5
・18/11/16:TOHOシネマズ上大岡【初鑑賞】

カツ丼に梅干し。
>|