ビブリア古書堂の事件手帖の作品情報・感想・評価・動画配信

ビブリア古書堂の事件手帖2018年製作の映画)

上映日:2018年11月01日

製作国:

上映時間:121分

3.1

あらすじ

「ビブリア古書堂の事件手帖」に投稿された感想・評価

Kenzo

Kenzoの感想・評価

3.0
TVドラマやアニメ化もされたミステリー小説の映画化。TV版の剛力彩芽より黒木華方が、原作のイメージっぽい(原作未読だけれど)
成田凌のサイコパスっぷりが見所。
成田凌目当てで。

ストーリーはつまらない。
後半とかむしろイライラ。ギャグ?コメディとしてみればいいの?って感じ

昔本読んだことあったけどこんなつまんなかったっけ
物語とシチュエーションはすごくいい。タイトルも雰囲気があって。
でも惜しいなぁ、映像をATGっぽくザラついた感じにして、リアリズムな感じを出したらもっと好かったろうな、って思う。

古書店ってミステリータッチにも、自分探しにも、不思議で魅力的な女性にもどんなテーマでもそれなりの舞台になるからイイよなぁっていつも思う。

神保町の古書店街をふらつきたくなった。
mtksn

mtksnの感想・評価

3.4
人間失格と同じ感じやった。
成田凌ってこーゆー役うまいよな、

おばあちゃんただただファンキー、昔ってSNSないからまじで一個一個本気とゆーかあかんことやねんけど映画にしたら絵になるとゆーか、、、
自分の子じゃないってわかってるのに目の前で妻のつわり見るって、もう想像できひんほどの感情なんやろなて、
全国の男に言いたい、自分の言動に責任持て。
亡くなった祖母が大事にしてた小説を古書店に持って行く話。

登場人物が少ないので、真相や秘密がすぐわかってしまったし、現代と過去パートどちらも印象が薄くなってしまった感じがする。
昔の人たちのミステリーを探ります的な展開苦手だったから最初どうかなあと思ってたけど、思ったよりは拒絶感なく見れた。
現代でもミステリーチックな話進んでくれたのが良かったのかな。
まーでも犯人の見当がすぐついちゃったりする展開とか、探偵さんとか警察無しで事件解決にってやっぱり無理があるような印象だった。
スタンガンて2回目は威力弱まるの?
犯人は捕まらないの?とかいろいろ。
成田凌くん君の悪い悪役いけるね。もっと不気味な感じ欲しかったです。
題名から期待して観たけど、今ひとつ消化不良。話の展開もなんでって感じが否めず、観ていて鬱憤が溜まってしまった。
Ryota

Ryotaの感想・評価

1.0
栞子さんを黒木華にした監督を許さない
原作読んだのかこいつ 確実にもっと美人
和埜

和埜の感想・評価

2.7
古書にはそれを所有した人物とその関係者による物語があとがきの後ろに折り重なり、感情を生々しく刺激してくるのだ
全体的に映画のお作法に則った作りで好感が持てました。ただ、回想シーンに重きが置かれ、栞子の洞察力と推理力、大輔のトラウマ克服過程の描写があっさりすぎて、後半の失速感が否めませんでした。
>|