オリエント急行殺人事件の作品情報・感想・評価

オリエント急行殺人事件2017年製作の映画)

Murder on the Orient Express

上映日:2017年12月08日

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「オリエント急行殺人事件」に投稿された感想・評価

ake

akeの感想・評価

3.4
もう一度見たら評価変わるかも?

1974年の映画のリメイクになるのかな?
まったく内容を知らずに見ました。
アガサ・クリスティ原作で、史上最高のミステリー小説100冊で総合41位らしいです!

世界一の名探偵エルキュール・ポアロが乗車したのは、イスタンブール発カレー行きのオリエント急行
様沢な職業、国籍の乗客が乗り合わせ満席となっていた列車内で殺人事件が発生する。

列車が発車して暫く経過した後、吹雪による雪崩で脱輪、列車が立ち往生に…
ここまでが、どんな事件が起こるんだろう?とワクワクして楽しめたんですけど…

殺人事件から犯人探しの間が、ちょっと退屈に思ってしまいましたね。

でも
最後の推理からの犯人特定は、凄かった!
これは、初見は絶対犯人わからないなー😆
違和感あった所が、なるほどーってなりますね。

登場人物や物語の背景を把握した後、2回目見るともっと楽しめそうな映画です。

続編が公開されますね!
次は、船上が舞台のアガサ・クリスティ原作、ナイルに死すです。

今作で伏線ありましたね。
楽しみです☺️
文太

文太の感想・評価

3.0
名前は知ってるけど内容は知らないってやつでミステリーだしずっと気にはなっていた。まさにミステリー小説を見ているようだった。ミステリー小説にどハマりしていた時の感覚を思い出した。
やっぱり探偵が謎を説くって楽しいなあ。ハブられてたけど。
続編も気になります。
衝撃のラスト。思わず息を呑みました。
ラストが素晴らしすぎます。
Chelsea

Chelseaの感想・評価

5.0
内容も好きだったけど(肝心な部分は前々から知ってた)エンドロール一発目の歌で(ミシェル・ファイファー)涙腺崩壊したの覚えてる。
yurayula

yurayulaの感想・評価

4.0
アガサクリスティーの中でも1番好きな作品。ポワロ役は「デビットスーシェ」しか嫌だったので、期待せずに観ましたが、意外にもこの「オリエント急行殺人事件」は、良作だと思いました。
子供の頃読みまくってたからめっちゃトリック知ってるのに、映像の構図とか格好良くて観入ってしまいました。
アガサクリスティーがもともと好きやけど、やっぱこの役者力とか、オリジナリズムなシナリオとかに少し惹かれました。ちょっと最初間延びしちゃうかなー
Tokou

Tokouの感想・評価

2.5
小説を読んだら面白いんだろうけど、映画にすると圧縮せざるを得ないため、見てて思考が追いつかないというか映画に大事な細かい描写が無いのがやはり勿体ない
ipeko

ipekoの感想・評価

2.9
ここでの評価は低めだし、オチも本を読んで元々知っているしで鑑賞を躊躇していたのだが、どうしても気になり、雰囲気を楽しもうということで観た。
そして(比較的)低評価のわけが分かった。
まずポアロだが、ビジュアルも物腰も全くイメージと違って終始そわそわした。頭は切れるが性格的にはもっとひょうきんというか…あと謎の顎部分のちょび髭が気になる。
次に内容に関しては、前半をもっと切り詰めて、事情聴取・謎解きの部分をゆったり取るべきだったと思う。オチを知らなければ(知っていても)困惑しそう。
オシャレ映画とかかってみても微妙な出来栄えだと感じた。
ぶみ

ぶみの感想・評価

3.5
アガサ・クリスティ原作の小説、『Murder on the Orient Express(オリエント急行の殺人)』をケネス・ブラナー監督、主演で映像化したミステリ。
名探偵エルキュール・ポワロが乗ったオリエント急行で殺人事件が発生、捜査対象となった乗客全員にアリバイがある中で、ポワロが謎を解き明かしていく姿を描く。
個性溢れる乗客を、ペネロペ・クルス、ウィレム・デフォー、ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー等々の錚々たるメンバーが演じているものの、登場人物が多すぎるせいか、各キャラクターの掘り下げが足りなく感じ、その分ブラナー演じるポワロの独壇場といった印象は否めない。
1930年代を再現した駅や列車、雪山の完成度は高く、完璧な映像美を見せる。
ただ前述のように、キャラクターの掘り下げが足りないことから、密室ミステリとしては全体的に拙速すぎる感があるため、どちらかと言えば、トリックよりも映像美や重厚感溢れる雰囲気、登場人物の群像劇を楽しむべき一作。

Everyone is a suspect.
>|