オリエント急行殺人事件の作品情報・感想・評価

オリエント急行殺人事件2017年製作の映画)

Murder on the Orient Express

上映日:2017年12月08日

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

3.5

あらすじ

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロ…

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロに身辺の警護を頼む。しかし、ポアロはラチェットの要請をあっさりと断るのだった。 深夜、オリエント急行は雪崩のために脱線事故を起こし、山腹の高架橋で立ち往生してしまう。そしてその車内で殺人事件が起こっていた。ラチェットが12か所も刺され、死体で発見されたのだ。乗り合わせていた医師のアーバスノットは、死亡時刻を深夜の0時から2時の間だと断定する。 鉄道会社のブークから捜査を頼まれたポアロは、乗客たち一人一人に話を聞き始める。ラチェットの隣室のハバート夫人が「自分の部屋に男が忍び込んだ」と訴えるなど、乗客たちの証言によって、さまざまな事実が明らかになってきた。しかし乗客全員にアリバイがあり、ポアロの腕をもってしても犯人像は浮上しない。 ラチェットの部屋で発見された手紙の燃えカスから明らかになったのは、彼がかつてアームストロング誘拐事件に関わっていた事実だった。少女を誘拐し、殺害したラチェットが、復讐のために殺されたのか?殺人犯は乗客の中にいるのか、それとも・・・・・?

「オリエント急行殺人事件」に投稿された感想・評価

み

みの感想・評価

3.2
展開が速過ぎて全然ついていけない。笑
登場人物の魅力もあんまり描けてない気がする。。
アガサ・クリスティの話は三谷幸喜の脚本が面白いし、ポワロは野村萬斎が好きだなあ。。
ただ、個人的にすごく画が綺麗だったことに感動した。
期待し過ぎたせいか、ラストはイマイチだった。もっと裏切って欲しかったのが事実だ。
このような作品は、観る前にとても期待が湧くため、展開が凄い大事だと改めて思わされた。
しかし、キャストも良く、カメラワークも良くて、画がとても綺麗で、観やすかったのは良かった。
Shsh

Shshの感想・評価

3.5
まさかの結末、、、、、。

世の中には善か悪か、どっちかしかないって言ってた探偵が、事件を通してどちらとも片付けられないものがあるということに気付いていく過程がなんだか心をじんわりさせたなぁ。
Rina

Rinaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

見応えがあった作品だった…
これをしっぽりじっくり読書したら
本当に面白いんだろうなあ なんて
思っていたら 元々小説だった←
いやあ 無知ですみません

私が犯人だったら謎を解こうとするポアロを殺してしまうな〜
ポアロさんそんな1人でウロついて大丈夫かなあ〜
なんて勝手にソワソワしながら観てたら
あっという間に結末で。

あ、だからポアロさんは襲われなかったのか…
と腑に落ちました。

そんなミステリーの内容だけでなく
1930年代(だっけ?)の時代風景が
すごく魅了されて、
列車の旅にも魅了されて、
旅行にも行きたくなる、
そんな作品でした 笑

これ シリーズ化してほしい〜!
画は綺麗だったけど、伏線に伏線を重ねてクライマックスへ!!っていうのをイメージしてたからちょっと違ってて残念。モヤモヤ。
ゆか

ゆかの感想・評価

3.5
おなじみのオリエンタル急行だけど、今までにないポアロだったかな~
motoki

motokiの感想・評価

3.5
機内鑑賞
やや冗長でしたが謎解き要素は面白かったです。セルゲイポルーニンが出ている!!!
brouillard

brouillardの感想・評価

3.5
へー、こんな構図あるんだーっていうところは感心したのだけど、それ以外は特に…。

『オリエント急行殺人事件』は大好きな物語で、初めて観たのは1974年版なのだけど、そのときの衝撃と感動と言ったら、もう! それから何年か前にテレビで放映された三谷幸喜版も気に入っているし、おそらくオリエント急行殺人事件がベースになっている『名探偵コナン』のベルツリー急行編は、コナン史上最高傑作だと思ってるし、さらに言うと、この話って、大西洋単独無着陸飛行のリンドバーグの息子さんの痛ましい事件から着想を得てるのだけど、その真相も気になっていて、つまり、それだけ思い入れがあると、ハードルも棒高跳びくらい上がっちゃってて…。

要するに、がっかり。ラストもなんか取ってつけた感がして。失敗作とは思ってないけど。続編も(あるならって言うかあるよね)観るけどw
IM

IMの感想・評価

4.0
推理ものとしては斬新な結末。
全員が被害者となんらかの関係があり、最初から最後まで誰が犯人なのか特定出来ないと思っていましたが、それが答えだったのですね。
推理系のストーリーは「誰が犯人なのかわからなくする」のがつくる上で大切なことだと思いますが、見事に騙されましたね。カメラワークも他の映画とは違う撮り方で観ててとても楽しめました。謎を解いている場面は上から撮っていたり、主人公が列車に乗るシーンと列車から去るシーンは列車内をノーカットで歩きながら撮ったり、一人一人の事情聴取の際はガラス越しに撮ったり…もう書けないほどの工夫が施されています。
また街並みの景色、特に空にはこだわりを感じました。
mei

meiの感想・評価

4.5
もともと原作が好きで、ポアロが映画化と聞いてすぐ見に行きました。
予告にもあった通り、泣けます(笑)
まさかすぎて自分もびっくりでしたが、涙出ました。

ジョニーデップを割と脇役に使ってて登場シーン少なくて笑ってしまいました(笑)
>|