火口のふたりの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

火口のふたり2019年製作の映画)

上映日:2019年08月23日

製作国:

上映時間:115分

3.3

あらすじ

「火口のふたり」に投稿された感想・評価

daiyochi

daiyochiの感想・評価

3.5
性欲オンリーな映画。こんな映画があってもいいな、と思いながら観ていくと、作品として趣きがあるし絵も美しく感じた。
瀧内公美の身体は美しいし、演技も素晴らしい。
hiroko

hirokoの感想・評価

3.2
RED見たら関連で出てきて、佑消化不良だったので。いや〜これはこれでお腹いっぱいすぎた…笑
瀧内公美さん共演NGから好きなんだよな〜。脱ぎっぷりが凄かったし、U-NEXTのモザイクがひどい😂広範囲過ぎてほぼ佑にもモザイクかかってた。
湿度の高い映像だった。
YM

YMの感想・評価

3.2
全体的な雰囲気はアンニュイ
2人とも人生うまくいってないんだなーって感じで、関係性やストーリーにいろんなタブーが重なって、ただの恋人ではない非現実感で少しひやひやしながら観てた。
地球最後の日に誰と過ごすのか?
冒頭の写真が写真展を観てるみたいでしずかな空気が流れてた。
美しい二人だからみれる。
Mika

Mikaの感想・評価

2.5

ずっとセックスしてて
ラストに至ってはもう意味が分からなかった

欲望や情熱への厚みに対して、
結婚というものの扱いが薄すぎる、、、

キネマ旬報さん、
解説お願いします、、、
miyu

miyuの感想・評価

3.3
性描写が飾ってなくて、いい意味でリアル
「けんちゃんが好きだったから」ってセリフで泣きそうになる。ただがむしゃらに、怖いくらいに好きだったって経験あるよね
途中からただの恋人じゃんって思って見てた
「E E E キモち E E」

人との繋がり方のひとつ
身体の繋がりがダイレクトに伝わる作品ではないでしょうか
70年代であればもっと汗のにおいが伝わるほどの生々しさになっていたでしょうね
この作品はもっともっと爽やかでよりセックスが私達の身近なもので誰しもが当たり前にやってきたことなのだと思い知らされました
オープンに誰とでも話せる話題ではないにしても昔ほど隠さなければならない陰の行いでは無いはず
好き同士が身体を求め合い絡み合う二人は美しい
柄本佑さんもさることながら瀧内公美さんの演技と体に魅了されました

私ですか、好きですよ
そりゃねー 生身な人間だし心の闇も人並みだと思いますよ
こんな女性がいたら止めどなく求めてしまうかもしれないな
裸のままで普通に話せる関係に憧れもします…
姿を現さない登場人物含め1人も感情移入出来たり好きになれる人間がいなくて
「エロいな〜」で終わった
アツ

アツの感想・評価

3.2
【ちょちょちょーい!エロいエローい!】
そんな1本。

[ 由宇子の天秤 ]観て
瀧内公美さん、イイねってなって
他の作品観てみようってなって
ある程度のエロ位を想像してたら
想像以上ながっつりっぷりに
わーお!ってなって軽くひいたけど
非常にエロくて良かったわ。

で、思い出したけど
この人あれだ。
[ アンダードッグ ]で車椅子の男の人の顔
太ももで挟んでぐりぐりしてた人だ。
今回はぐりぐりどころではなかったな。

映画の良さは
エロいってコト以外
イマイチよくわからなかったけど
これだけは言わせてほしい。

モザイク、デカ過ぎ。
8823

8823の感想・評価

2.5
直子の自分勝手さに終始イライラしてたら終わった。瀧内公美は良かっただけに残念。役者の演技が良いのになんでこんな台詞に頼るかなーって感じるシーンが多々。
新居のインテリア、「あ、この結婚上手く行かない奴だ」って察するくらい絶妙のダサさで、美術さんGJと思った。
miki

mikiの感想・評価

3.5
もっとドロドロするかと思ったら、エッチなシーンばかりのお話でした。
>|

あなたにおすすめの記事