シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢の作品情報・感想・評価

「シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢」に投稿された感想・評価

アメブロを更新しました『【フランス映画祭】「シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢」おっさんのスポ根はサイコーです』https://twitter.com/yukigame/status/1141949060548460544
Niko

Nikoの感想・評価

4.0
とても面白い。
多分訳し方によるところもあったと思うのだが、フランス人と日本人の笑うツボが違うところがあったのが印象的。
mikazuki44

mikazuki44の感想・評価

3.8
思ってたよりも遥かにいい映画やった!
ジルールルルー♪は最高にセクシーイケおじで多分プロデューサーはとっても優秀!

ジルールルルーの監督作はちょこちょこ短編とかも観てたけど、
ほんとにこの作品はいい意味で裏切られたなぁ

役者の豪華さだけじゃないちゃんとしたドラマと笑いがあって、そのバランスがいい塩梅。
だらしない身体の愛おしい俳優たちは、ほんとに自分の人生かのようなはまり役ばっかで、このメタボどもをずっとみていたい。出てきた役者全員がちゃんとそれぞれの役目を果たしてる感じがいい
ヴィルジニーエフィラもその元相棒も、
おじさんたちだけが辛いんじゃないってことも描けてて痛くて愛おしい

みんな誰かに、
自分を誇りに思って欲しいんだよね
1853Perry

1853Perryの感想・評価

3.8
ジルージルー❣️来日〜〜わーい!
こんなにイケオジ出てて、みんな適度にだらしない身体最高。
予告は結構コメディに作ってあったけど、そこそこしんどくてとても良かった。

ウォーターボーイズの俳優たちマジですごかったんだな(シンクロが)って思った。
まあ、こっちはおっさんなんだけどもね、そりゃ。

上手くなんて全然生きられないけど、誰もがみんなダメなところあるけど、幸せは感じられるね。

みんなで守ろうとしたとことか、なんか結構泣ける。
お母さんのシーンも最初は笑えたけどだんだんとじわじわしみる。

はぁ、良い映画だった!!
愛すべきおっさん達の奮闘劇!

おっさんと言うのもはばかられる程の豪華キャストですが、皆んなまさしくおっさんだった!笑

途中の深夜ダンス?個人練習シーンは『汚れた血』のmodern love疾走に似た熱さを感じたよ。
zzyy

zzyyの感想・評価

3.5
観たらきっと、男子シンクロが見たくなります。
私は映画を観た後、もう世界の男子シンクロの映像をすぐにも見たくて堪らなくなり、帰ってすぐに検索して見ました笑!
(今ではシンクロではなく「アーティスティックスイミング」というのも、本作HPで知りました。)

決して笑い飛ばせるような悩みでも無く、それぞれにとって深刻(どん底)なのですが、コミカルなミドルエイジのオジさん達のシーンが幾度も挟まれ、私は ラスト以外ずっと笑っていました。

劇中のスパルタ監督、最高笑
でも皆、苦悩を抱えてるんです、登場人物誰もが。それでも前へ進む。大会のシーン、ここは涙がこぼれました。

何か自分が興味を惹かれるものに出会い、
それに自分が望むかたちではないにも関わらず、ハードで鬼のような練習にさらされることになり、試合に出、いつの間にか「自分はこんなにも出来るようになっていたんだ」
そんな経験をまた、したいなと、この作品を観て思いました。

(フランス映画祭2019 横浜
オープニング作品@横浜みなとみらいホール
上映前 ジル・ルルーシュ監督&プロデューサー舞台挨拶
上映後 Q&A)
すわん

すわんの感想・評価

3.7
今年も始まりました!
フランス映画祭@横浜

去年は行けなかったオープニングセレモニーから参加。
今年のミューズは中谷美紀。
タイプではないけどやっぱ美人だな〜

○と□。

○は□には入らないし、□も○には入らない。シンクロの振り付けとか、いろんなところに○と□がある。1番の○は黒目かな?主人公の奥さんの目が素敵。

それぞれ問題のあるかわいいオジサンたちが、団結して頑張る。世界選手権に出たからといって、全てが解決したわけではないけど、みんな前向きになってて明るかった。

にしてもこの人たち、こんなに練習してるのに、いつになっても痩せないなぁ笑

終映後は、よく喋る監督さんと、無口なプロデューサー?さんへの質疑応答タイム。監督さんのシャツが3つボタン開いててセクシー。
ちぃ

ちぃの感想・評価

5.0
毎日はキラキラばかりじゃない。
毎日は思っているより後ろ向きなことが多い。
でも。
仲間やタイミングがかっちりハマれば誰でも輝くことはできる!
元気が出る作品です♡
フランス映画祭オープニング上映にて。

男のシンクロ。
といえば日本人なら真っ先に浮かぶのはウォーターボーイズ。
だけど中身は別物です。
人と交流してつながって築きあげるもの…
あの夕方の空の景色、忘れられないな。

ジャン=ユーグ・アングラードをスクリーンで見れて
今もなお味のあるおじさんであることがうれしかった。
キャンカーもカッコよかったし。

あと、ジル・ルルーシュ監督…登壇した姿を見て、
なんか見たことあるような?だれだっけ。
と思ってたら「セラヴィ!」のあの人でした笑
こんなにも多才な方だとは本編を観るまで知りませんでした。
フランス映画祭にて。

スウェーデンの男子シンクロチームの話を舞台をフランスに移したコメディ。
とにかく癖の多いおじさんたちだこと…
それぞれ崖っぷちな状況抱えてるし、うっとうしがられ生きにくいおじさんたち、見返したろうとシンクロ猛特訓。
これがけっこうなスパルタ。世界大会目指すんだからそりゃそうだとは思うけど。
よくぞヒヨらずやり遂げた…👏
芸達者な俳優勢揃い、愛すべきポンコツおじさん、笑えない状況なのに笑っちゃう。最後の瞬間はヒーローに見えましたね。

ギヨーム・カネのキレキャラ、ブノワ・ポールヴールドのすっとぼけキャラ最高でした。
ジルさんの彼女(元カノ?)も出てましたね。

面白かったです。
>|