陽だまりハウスでマラソンをの作品情報・感想・評価

陽だまりハウスでマラソンを2013年製作の映画)

Sein letztes Rennen

上映日:2015年03月21日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

メルボルン・オリンピックで金メダルを奪取した伝説のマラソンランナー・パウルは、最愛の妻の病気をきっかけに夫婦で老人ホームに入居する。70歳を超えても心身共に健康なパウルは子どもだましのレクリエーションや規則にとらわれる施設側の態度に耐えられず、ウン十年ぶりに再びマラソンに挑戦することに。呆れ顔だった妻もパウルの熱心な姿に影響されて名サポート役に復帰し、嘲笑いしていた個性的な入居者たちも 若き日…

メルボルン・オリンピックで金メダルを奪取した伝説のマラソンランナー・パウルは、最愛の妻の病気をきっかけに夫婦で老人ホームに入居する。70歳を超えても心身共に健康なパウルは子どもだましのレクリエーションや規則にとらわれる施設側の態度に耐えられず、ウン十年ぶりに再びマラソンに挑戦することに。呆れ顔だった妻もパウルの熱心な姿に影響されて名サポート役に復帰し、嘲笑いしていた個性的な入居者たちも 若き日のパウルを思い出してにわか応援団を結成!ホームはパウルのおかげで賑やかに変わっていく。 ところが、大会が近づいたある日、妻が倒れるアクシデントが!さらに、パウルを施設は「老人性うつ」と診断されてしまい、自由に走ることすら許されない状況に。果たしてパウルはベルリン・マラソンに出場することができるのか――?人生の最終章に足を踏み入れたとき、人はどう生きるべきかを描いた人生賛歌!

「陽だまりハウスでマラソンを」に投稿された感想・評価

李嬢

李嬢の感想・評価

3.1


メルボルンオリンピックのマラソンで金メダルをとったパウル
現在は夫婦でのんびりと生活していたが、度重なるマーゴのけがをきっかけに施設に入居させられる。
そこでは工作をしたり、歌を歌うがパウルは我慢できない。
そこで自分は走れるとマラソンをはじめるが皆に輪を乱すなと避難される

~~~~~~

題名がまずあってない。陽だまりハウスなんてぬくぬくしたもんではなくて、死を無理矢理にでも入居者に連想させる胸糞施設。
パウル役のディーターさんの表情は引き込まれる
Kasumi

Kasumiの感想・評価

3.5
あんまり映らないけどベルリンが舞台の映画。年を取ってからのことって物語の中でじゃないとまだ考えられないから、たまにこういうのをみて老いたときのことを考えてみる。
邦題に「陽だまりハウス」ってあるけど多分陽だまりハウスらしきものは1回も出てこんかったしなんやねんドイツ語のタイトル尊重したほうが良かったのでは、と思いました。
Takeshi

Takeshiの感想・評価

3.9
マラソン元オリンピック選手の老後のお話。
一生懸命に頑張る姿が人の心を動かしていきます。
彼の当時を知っていた者、彼のことを良く思わない者、彼のことを面白がる者、彼のことを邪魔だと思う者。。色々な考えと感じ方がある中で、パウルが変えていったものは大きいはず。

最後はハッピーエンドで終わります。
素敵な夫婦。
奥さまが。かなり素敵
こんな夫婦に憧れる。
くらーーーい顔していた老人たちが生き生きとしていくのがすごくいい。
諦めたらいかんな
こちらは観客を満足させるために作った直球ドラマです。突っ込みどころ満載、①往年のマラソン選手パウルはどう見てもお肉が付き過ぎ(90歳代でマラソン完走というニュースは時々聞くがその場合、精悍で痩せている人だったと思う)②美人の老人ホームの彼女の不思議(老人ホームの秩序を守るにしてももう少し彼女の背景を描かないと…何故?)③仕切り屋の住人ルドルフの豹変(予定調和の要注意人物)

それでも、2人は風と海という夫婦愛、勘違いのルドルフの恋愛、高齢者問題、介護問題、老人性うついろいろ考えさせられる。そして、大観衆の待つスタジアム、期待どおりの高揚感に、やっぱりこんなドラマあった方がいいよね。
かわこ

かわこの感想・評価

4.8
ヒーローの魂は眠っても
また起き上がるんだな

偉業を成す人は
人を偉大な行動に駆り立てる

『人生はマラソン』
ベタな言葉だけど
彼が言うと意味がある
UriMika

UriMikaの感想・評価

4.0
ログ

柵や決めつけられた世界で
我を通して生き抜く1人の英雄のお話。
haruharu

haruharuの感想・評価

4.0
やられた~。おじいちゃんが元気にほのぼのマラソンしてるのをコタツでぬくぬくしながらぼけ~っと見るつもりが...
考えさせられる良い内容でした。
あなたが風なら私は海、って優しくて素敵な表現ですね
かめ

かめの感想・評価

4.0
めちゃ穏やかな題名からは想像できないほど感動しました。今年1感動した映画かも知れんなあ。
身体的にも精神的にも色々な問題を抱えてても、幾つになっても自分の生きたいようにやりたいようにするのを奪うのは誰の権利でもないよね。いくつになっても感情の起伏があるって言うことは決して忘れてはいけないなと思った。
個人的にだけど奥さんをなくして旦那さんが生き生きとしているのを見ると、泣かずにはいられない。
ほのぼの系かと思ってたら普通にめちゃ感動した。笑 いろいろ問題絡んでるし高齢化社会の日本も見た方がいいよね。

おじいちゃん走ってるとき「無理しないで!死んじゃう!だめ!」って言っちゃう。笑
でもいつの間にか応援してたし、最後のマラソンは「頑張れ!」って言っちゃった笑

先は長くないんだから好きなことさせてあげてくれって思いました。まあ子供の立場からしたらやめてくれってなるのかなー。

いろんなおじいおばあが出てきます。個人的にはキャップ被ってるメガネのおじいが可愛すぎて推してます。笑
そしてスタッフの青年いいやつすぎ。拍手。
>|