セラヴィ!の作品情報・感想・評価

セラヴィ!2017年製作の映画)

Le Sens de la Fête/C’EST LA VIE!

上映日:2018年07月06日

製作国:

上映時間:117分

あらすじ

舞台は、結婚式。あのルイ13世が所有していたパリ郊外・フォンテーヌブローの近くのクランス城。ウェディングプランナーとして30年間、数えきれない挙式をプロデュースしてきたマックスは、近頃、“引退“という文字が頭をよぎる日々が続いていた。そんな折、ピエールとヘレナというカップルからの依頼で、17世紀の城を舞台にした豪華絢爛な結婚式を控えていた。ウェイターやキッチンスタッフを雇い、カメラマンやオーケス…

舞台は、結婚式。あのルイ13世が所有していたパリ郊外・フォンテーヌブローの近くのクランス城。ウェディングプランナーとして30年間、数えきれない挙式をプロデュースしてきたマックスは、近頃、“引退“という文字が頭をよぎる日々が続いていた。そんな折、ピエールとヘレナというカップルからの依頼で、17世紀の城を舞台にした豪華絢爛な結婚式を控えていた。ウェイターやキッチンスタッフを雇い、カメラマンやオーケストラをブッキング、会場を彩る花や、スタッフの衣裳、出席者の席順など細かな演出をセッティングし、マックスはいつも通り、式を成功させるための準備を整えていた。 しかし、マックスのそんな努力も虚しく全てがことごとく大失敗!ウェイターはシワシワなシャツにおかしなヒゲ、新婦を口説きはじめるスタッフ、オーケストラはワンマンショー気取り、カメラマンはおしゃべりとつまみ食いを繰り返し、彼のたてた完璧なプランとは逆に、感動的になるはずだった式は大惨事と化す…。

「セラヴィ!」に投稿された感想・評価

1192鎌倉

1192鎌倉の感想・評価

4.1
マケーニュ良かった。よく喋るけど面白かった。スザンヌクレマン。
私にはちょっと通じない笑いや唐突に思える流れが多かったけど、人って愛おしいなと思わせてくれる映画でした。予告に出てた「オーケストラクラス」がきになる…!
kuriko

kurikoの感想・評価

3.8
結婚式のドタバタコメディ
笑えるところがたくさんあって面白かった
最後の演奏・ダンスシーンはとてもよかった
DVDを買って時々観たい
66/100点

『最強のふたり』の監督コンビによる軽やかなコメディ。
前作『サンバ』が未見なのですが、『最強のふたり』と比べると、あまりに見劣りする内容に驚いてしまいました。

---
ウエディングプランナーの主人公・マックスが企画した、とある結婚式でのドタバタを描くストーリー。
---

ウエディングプランナーが主人公のため、全体を通して結婚式を運営する側に焦点が当てられてストーリーが進行します。

基本的に「ポンコツな運営チームと注文の多い来賓達の間で板挟みになる主人公」という構図によるドタバタが描かれます。

所々、カラッと笑える程よい笑わせどころが挟まれていて、サクッと楽しめます。
逆に言えば、それだけです。

それ以外のストーリーは、あまりにも書き割り的で、特段大きな感動や驚きはありませんでした。
全体的に登場人物達は殆ど全員書き割り的です。感情移入できるのは主人公だけと言ってもいいです。
なので、特に大きな不満もありませんが、大きな評価点もない、といった感じです。
FRAN

FRANの感想・評価

3.7
あらあらそうなっちゃうの方向にどんどん進むストーリー、エスプリの効き過ぎ感ある笑い、尖り過ぎて目が離せないキャラの続出であっという間の120分。人生思い通りにいかないよなって思いつつ、笑顔でいれば何とかなるよって背中押される鑑賞後感。日頃仕事でチームマネジメントに苦労したり、進まないプロジェクトに悩んだりしてるヒト、これ観て「C'est la vie!」って笑い飛ばしちゃうのも良い手かもです。

このレビューはネタバレを含みます

なんとも忙しないドタバタ活劇。
冒頭から喧嘩やら癇癪やらナンパやら、登場人物たちの躍動感たるや、というところ。

そして、もちろん物語として多分に誇張されてはいるだろうが、あんだけ顧客の我儘に振り回されるウェディングプランナー業界、「人の幸せに寄り添う」といえば聞こえは良いが、相当ストレスフルで大変な仕事だと思い知らされた。

結婚式がハプニング続きでしっちゃかめっちゃかになるが、最後はなんとか収まってほっこりと幕を閉じる。
途中、喫緊の状況にもかかわらずキツいジョークを交える描写が多いが、そのどぎついユーモアも、まくし立てるような口論の応酬もフランス映画ならではの味か。

ともあれ、ハプニング満載の展開が好きだが、よく観るハリウッド的なそれとは違ったテイストを堪能したい人に勧めてみたい。
余談ながら、劇中終盤とEDで流れる「キャント・テイク・マイ・アイズ・オフ・ユー」のミックスはなかなかのノリなり。
MTmovie

MTmovieの感想・評価

3.7
#133 軽やかなフランス映画。土曜日の一本目に観て正解だったな。
yoshi44

yoshi44の感想・評価

3.1
何にしろ相性があって、近年の三谷幸喜作品が性に合わないのと同じように、この作品も笑いどころと感情移入のしどころが分からなくて鑑賞後はもやもやした気持ち。
使えない素人たちのドタバタ劇という様相なのだけれど、いくらいけ好かない新郎だとしてもこの展開はあまりにお粗末で笑えない。
.
ところどころで巻き起こる恋愛模様(このあたりがフランス気質)もまったく親近感がなく、クライマックスもそこに至る伏線がほぼないので全然上手くない。
もっと登場人物たちの成長と、小道具やセリフによる伏線を絡めて最後のダンスシーンを構築して行けば、素敵なラストになったと思うんだけど…。
.
主人公に心から新郎新婦を祝おうという気持ちが感じられないからこの感想なんだな、と書いていて気づいた。つまりそういうこと。
簡単には謝らないフランス人と、気球のシーンだけは笑った。
.
フランスの方とのお仕事は、いま頼んだばかりのことを目の前でやらなかったりして実際ビビる。
KoChiaki

KoChiakiの感想・評価

4.0
最初は点と点でしかなかった登場人物のキャラクター、関係性、出来事が、後半になるにつれて''クスクス"笑いの仕掛けになっていて面白かった。みんな人間味が溢れすぎてこんなドタバタ劇どう終わるんだろうと思ったら、意外とちゃんと笑いと感動、そしておフランスらしい演出でまとめてきた。
終わり方って意味ではフランスらしくないけど!

新郎の"フワフワ"するシーンがシュールな笑いすぎて誰かと共感したい!笑

音楽も良かった。
1k

1kの感想・評価

4.0
マックス落ち着け、なんか最後いい感じになってたけど、お前の部下相当ポンコツだぞ
あと新郎がめっちゃイタい
>|