チア・アップ!の作品情報・感想・評価

上映館(28館)

「チア・アップ!」に投稿された感想・評価

緑

緑の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

おじいちゃんわちゃわちゃ映画が好きなので
たまにはおばあちゃんわちゃわちゃ映画を観てみようと劇場へ。
おもしろかった。
もっとばあちゃんたちを観ていたかったし、
もっと他のばあちゃんにもスポットを当ててほしかったが、
物足りないくらいがちょうどいい作品な気がする。

遺品セールって初めて聞いた。
アメリカではポピュラーなんですかね。
客が下衆くて苦笑。
その後出てくるアリスの旦那の死とか
結構ブラックなユーモアが散りばめられていた。
こういうのは好き。

マーサがシニアタウンに引っ越し、
隣に住んでいたのがシェリル。
ものすごく図々しくて大嫌いなタイプ。
なんで文句言わないのか!
なんで距離を置かないのか!! とマーサにもイライラ。
高校での披露が済んでしばらくまでずっとイライラ。

たぶん、マーサはすごくいい教師だったのだろう。
生徒の悪い一面を見ただけでは
切り捨てることがないような先生。
話が進むうちにシェリルが
図々しいだけの人じゃないことがわかってきて、
見切りをつけるのが早い自分を少し反省した。

悪い言葉を使ってみたかったアリス、
楽しげに中指立てる怪我したご婦人(名前失念)など、
抑圧された人生を送ってきたことへの反抗がかわいい。

怪我があったり体調崩したり
他住民の反対にあったり紆余曲折しつつも
確実に協力者を増やしていざコンテストへ。
無理のない動きだけなのがリアル。
楽しそうでキラキラしていて、
ジャンプがないのは年齢的に仕方ないんだろうけど
センターだけでもちょっと跳んだら
もっと映えるだろうななんて思いながら
にこにこ観ていた。
花火も大丈夫だった。

でも、1年後のコンテストでメンバーの
ユニフォームに描かれたイニシャルが
全員「M」になっていたことで涙腺崩壊。
ベタだけどやられた。

マーサはすべてが恰好良かった。
役柄だけでなくダイアン・キートンその人が恰好いいんだろう。
あんな恰好いいばあちゃんになりたいが、
遠すぎてなにから頑張ればいいのかわからない。

劇場では127席のところに私含めて客4人。
最後列中央。
左右は端まで誰もいない。
前方4列くらいも端から端まで誰もいない。
という訳で絶対に音を立てないよう細心の注意を払いつつ、
スクリーンの彼女らに合わせて
座ったまま腕だけ真似して踊りながら観たのだけど、
全然追いつけない!
最初の練習のシーンからもう早い。
カウントに合わせて真似ようとしても置いていかれる。
クロエがコーチに就いてからマーサが提案した動きは
肩甲骨付近の筋肉が痛む。
ヨガのばあちゃんは別格としても
平均72歳のばあちゃんたちの動きに
想像以上についていけなかった……。
あまりの動けなさになにから頑張ればいいのかわからない。
シニアの皆さんがチャレンジする映画は
元気がもらえる。

ダイアン・キートンの
キリッとした姿がかっこよかった。

わかっていた結末だけど、
心が熱くなった。
ete

eteの感想・評価

3.3
ダイアンキートンが素敵。

ストーリーはシンプルで、ある程度想像がつく展開で、いい意味で裏切らない。
ストーリーにもう少し抑揚があると良かったのかな。

もっと学ぶことが多くありそうな物語だから、もう少し登場人物を深く表現できれば、より良かったと思う。

全体的には、温かく、優しく、笑えて、少し考えさせられるいいお話。
なんにも考えずに見れる良い映画ってこういう映画。

予告やポスターからの期待値以上のものは一切無いからあえて書くこともないけど安心して気軽に観れる。
直人

直人の感想・評価

4.0
2019年アメリカ作品。ダイアン・キートン主演。

とてもとても久しぶりに映画館での鑑賞。
コロナ前にムビチケを買っていたんだが公開延期でようやくこのたび銀幕で観ることができるようになった。

シニアタウンに越した女性が,かつて夢観ていたチアリーディングに挑戦するという話。
ちょっとお手軽すぎやしませんかね?というような展開がところどころあるものの,悪くはないかと。
笑いと涙と感動と。
お約束満載ではあるんだがいい映画。

https://www.youtube.com/watch?v=p8k0FC29T6Q

このレビューはネタバレを含みます

若い頃から、お年寄りが元気になる映画は無条件で観てしまう。これも嫌味がなく、元気をわけてもらえる良作でした。
妻がチアをするのをよく思わず、家に閉じ込めようとする夫に再度交渉すると「俺が死ぬまで待て」
次のカットでお亡くなりになったの最高にブラックジョークきいてて好きです。
レイ

レイの感想・評価

3.4
“夢は諦めなければ叶う”が題材かと思ったら、それは3割ぐらいで、実際は“誰に笑われても挑戦する事に歳は関係ない。自分の為の挑戦が周りをも笑顔にする”っていう映画だった。感動より素敵が似合う作品かな。短めだからか内容はだいぶ、てか結構サラッとしてるww でも良きو✧
ROSA

ROSAの感想・評価

-
いっぱい笑って🤣
いっぱい泣いて🥺
いっぱい元気もらった😉
ダイアン・キートン素敵💖✨💕
まNASU

まNASUの感想・評価

3.4
人生の残り時間を知り、どう生きるかを探していた主人公が、チアリーダーになるという少女の頃の夢を叶える話。
テーマは重くなりそうだが、思い悩むようなヒューマンドラマの要素はあまりなく、あっけらかんとしたコメディに仕上がっている。
人生は思い通りにならず、あまりにも短いのだから、思い切ってやってしまってもいいじゃない。


もう少し重い雰囲気を放っているかと思ったが、全くそんなことはなかった。
残りの人生を楽しもう的な他の作品と比べると、深みがなく見劣りする。
敢えてこの題材にする必要があったか疑問が残る。
ただ、始終笑いに溢れているので、単純なコメディとしては結構良かった。
ブラックジョークも盛り込んであり面白かった。


アルバトロス君お久しぶり…。
振り付け練習の1番最初、パッと両手を上に上げる動きで
1人スーパーマンみたいに片手しか上がらないのを観てすぐ思い当たった
肩が痛いのです!まさに今の私と同じだ
この間から、美容師さんに教わったハンドクラップ♪というエクササイズ?をYouTubeで見ながらやってるんだけど
右手は耳をすますポーズまでしか上がらない
だから、最初からもう他人事とは思えなかった

◯十肩はしばらくすれば治るらしいけど、
私はあまり想像力が無いのを経験で補っている節があるので、
とたんに老いること、体が思うようにきかないことが現実的となっている
あの隣の男の子なんて、時間はまだまだ無限にある感覚なんだろうな
あの女の子と2人、良い子たちだったな
いつかは誰だって灰になるとしても、
その前にあんな仲間と楽しく頑張れたら言うことないな
そう思って、クライマックスではもう自動的にボタボタと泣けた

旦那さんに反対されてた人と、
息子に辞めさせられそうになった人
それぞれに、ビックリして可笑しかった
警備主任は、バガーヴァンスの伝説🎥でマットデイモンとゴルフコンペしてた俳優さん!
この方も良かった✨
>|