ピリオド -羽ばたく女性たち-の作品情報・感想・評価・動画配信

ピリオド -羽ばたく女性たち-2018年製作の映画)

Period. End of Sentence.

製作国:

上映時間:26分

3.8

あらすじ

「ピリオド -羽ばたく女性たち-」に投稿された感想・評価

Tomoka

Tomokaの感想・評価

-
授業で



periodがインドの女性たちにとって実質的な人生の”period”になり得るっていう状況を描いたドキュメンタリー。「ナプキン使用率を100%の国を目指します」っていう目標にまず驚きすぎて。まだそこなんだ、、って。でも現地の女性たちの働きと、pad machineの導入は見ていて嬉しかったし2021年の今はどうなっているのか気になるな
sumicco

sumiccoの感想・評価

3.8
ナプキンのない町に
ナプキン製造機を入れたら
女性たちに仕事ができて
ナプキンがどんどん作られて
タブーだったナプキンの存在が知れ渡り
女性たちがどんどん買えるようになり…

こんな
Win-Win な状態を見たら
寄付したくなるじゃないですか!


アメリカにいた頃
急性胃腸炎で緊急入院になりまして
間の悪いことに
その日から生理になったので
看護師に頼んだんですけど。

日本ではありえないほど
ぶっっっ厚いナプキンを渡されて驚愕。

今どき
誰がこんなものをつけるんだ!
なんて遅れた国なんだ!
って
内心でめっちゃ毒づいたあの日を思い出し…

このドキュメンタリーの中で
初めての手作りの分厚いナプキンに
目をキラキラさせて
「日用品だけど美しい」
と言った女性の笑顔に、グサッと…


インドの生理事情に触れて
日本とのあまりの差に唸りながら
でも
"これから明るくなるんだ"
という希望を感じられる
短編ドキュメンタリーでした。

生理は本当に煩わしいですけど
世界の隅から隅まで
この大変さと戦う女性がいると思うと
強大な連帯感で
少しだけ気持ちが軽くなりますね。
上旬

上旬の感想・評価

3.7
【第91回アカデミー賞 短編ドキュメンタリー映画賞受賞】
インドの不衛生な生理事情、ひいては女性蔑視を告発した作品。後に『パッドマン』として劇映画にもなるほど社会問題と化している。

男性は生理に無頓着というかそもそも知らなかったりするというのが驚き。インドの男性優位社会ってここまでなのか。

警察官になりたいと話す女性がとても印象的。逆に言うと警察官くらいしか女性がまともに自立して生計をたてられる職業がないってことだよね。
「娘は母にも妻は夫にも相談できなかった
友人同士でもダメ
月経はこのインド最大のタブー」

生理中の女性はお寺に行ってお祈りすることも許されない。生理になると学校から抜け出して誰もいないのを確認してから布を変える。面倒だから中退する。

女性も男性も生理という言葉は禁じられているため恥ずかしくて言えない。

インドに革命を起こした<パッドマン>ことムルガナンダム氏がどれだけ凄いかが分かった。

ドキュメンタリー映画「ピリオド羽ばたく女性たち」を観てから映画「パッドマン5億人の女性を救った男」を観て欲しい。
Kororin68

Kororin68の感想・評価

3.2
インド映画「パッドマン」(実話ベース映画)の、ドキュメンタリー・スピンオフ。
タブーだった「生理」を、ケアする課題として大事にし始めて、女性の向上、収入、自尊心、可能性を開いていったことがよく分かる。
最後は、この働きを応援するリンクへと誘導してくれます。
ワクワクして、そこに自分も参加できてしまう、短篇映画です(24分)
インドの田舎村に機械を導入し安価な生理用ナプキンを製造することで、生理につきまとう悪いイメージを払拭し、女性の経済的自立を促そうと女たちが立ち上がる。
『パッドマン』の実録。ずっと前から存在は知ってたけど観るの後回しにしてた。映画→本作ドキュメンタリーの順で観ても、逆でも良し。お金は手段でしかないよな、と自分の力でお金を稼ぐ女性たちの姿をみて思う。
これを見たらパッドマンも見なきゃいけないし、パッドマンを見ていたらこれも見なきゃいけない
reika

reikaの感想・評価

4.0
「月経って知ってる?」の男性の答えが「病気でしょ」というやりとりに驚いた。
インドでは生理がタブー視はされていることは耳にしたことがあったけど、本当に病気として認識されていたり、女の子たちが恥ずかしそうに周りを気にしながら話すその姿勢に違和感も覚えた。だけど日本でも、オープンに話せる環境は整っていないなと、人の振り見て我が振り直せだなと。パワフルさを自覚する女性が増え、もっともっと可能性に溢れるようになればいいな。
私たちなんでもできる!っていう感覚を覚えることがまずは大きな一歩だと感じた👏🏻
パットマンも気になる!
ちゅむ

ちゅむの感想・評価

3.5
Padmanのその後のドキュメンタリーのよう。これ見る前にPadman見ることをオススメします。

女性はパワフルだが、自覚してない。
は、状況が大きく違えど日本の女性にも当てはまる気がする。
はるか

はるかの感想・評価

4.0
昔は日本でも、生理=血穢って言われてたのは知ってたけど、現在でもインドの郊外では理解が薄いなんて信じられなかった。

ナプキンの事業が女性の自立につながるってなんだか素敵だなと思いました。

他の方がおすすめしてるパッドマン
是非見てみたいなとすごく思います!
>|

あなたにおすすめの記事