ザ・ダート: モトリー・クルー自伝の作品情報・感想・評価・動画配信

「ザ・ダート: モトリー・クルー自伝」に投稿された感想・評価

brownsugar

brownsugarの感想・評価

3.5
酒、女、ドラッグをキメるのがかっこいいといつまでも思ってる爺さん達の自慰的フィルム。それがモトリークルー。
Sanpo

Sanpoの感想・評価

3.5
かなり面白かった。
盛ってる部分や逆にやんわりした表現にしてる部分はあるだろうけどね。
序盤のバンドが成功していく過程は観てて気持ちいい。
クズの『ボヘミアン・ラプソディ』

なんの気なしにみたけどめっちゃ面白かった。ドキュメンタリーではなく普通の劇映画。

モトリーは『ドクターフィールグッド』しか知らず、トミー・リーのソロが好きだったくらいの知識しかない状態だった。が、全く知らなくても丁寧な映画なので面白いと思います!
ほんとに古き悪きロックを体現するような人たちで、こうやってスクリーン越しに観ている分には最高に面白いが絶対に同じホテルには泊まりたくないものだ(もちろんオジーとも…)

とにかくメンバー4人のキャラが立ちすぎてて、それぞれの視点が移り変わるたびにワクワクするし、リーダーのニッキーの自分探しを軸としたストーリーがちゃんとしてて、ラストは普通に感動。
感動したのでモトリーのことを調べたら、あの後もメンバーが抜けたり戻ったり逮捕されたりドラッグやったりで、実際はぜんっぜん綺麗なストーリーじゃなかったのも笑った。
TAKEUTI

TAKEUTIの感想・評価

4.3
過激な性描写が多くモトリー・クルーの生き様バンドマンのステレオタイプなイメージが悪い意味でも濃縮されてると思った。
だが不思議と感動させられる観てると奮い立たされる魅力があるのは彼ら自身の表現者としての欲求に忠実でブレない芯や勇気が確かにそこに存在するからだろう。
個人的にニッキーがオーバードーズを起こして救急車で搬送されてる最中俺の車でニッキーを死なせねえぞ!とモルヒネ?を打ってた救命士の兄ちゃんがすげーかっこいいなと思った。
Hiro

Hiroの感想・評価

3.6
モトリー・クルーは学生の頃オリジナルメンバーで再結成していたこともありよく聴いてたけど、ハノイ・ロックスとの関わりとか初めて知るエピソードも多かった。
オジーぶっ飛びすぎね。
Kickstart My Heart、今聴いてもシビれるわー。
はまお

はまおの感想・評価

5.0
今日からモトリークルーがどれだけ最高なのかを人に伝えるためだけに生きる
OKJ

OKJの感想・評価

4.4
めちゃくちゃ面白かったー!
多分だけど、
登場人物が本人とそっくりなんだろうな
オジーとかも納得な感じ
オジーがおしっこ舐める所笑った

実話ベースのメタルバンドの栄枯盛衰、
そして復活劇

当時のこの手の映画めちゃ好き
破茶滅茶が許された時代
いい時代だったなーと
モトリーの曲の良さ改めて確認
また聞きたくなった

おれもぶっ飛びたいよ!笑
kickstart my heart ってタイトルにしたら?

かっこ付くってだけで良い事だよ。
KanKawai

KanKawaiの感想・評価

3.7
2019年作品。ハードロックバンド、モトリー・クルーの結成から解散までを各メンバーのエピソードを交えて綴る自伝映画。数々のバンドの悲劇と破茶滅茶さを伴って、成功していく様はドラマティックである。エンド・クレジットで映画のワンシーンと実際のシーンが検証のように展開する点も見ものである。
アカリ

アカリの感想・評価

3.7
最近のモトリー・クルー関連の作品でいうと『パム・アンド・トミー』で、トミー・リーとパメラ・アンダーソンのセックスビデオ流出事件を題材にしたドラマが記憶に新しい。

モトリー・クルーというバンドはそのドラマを観るまで知らなかったけど、本作を観てみると世界中で熱狂的な人気を誇ってたようで、今まで知らなかった自分が恥ずかしくなるくらい。
メンバー集めから結成、そして人気絶頂からの仲間割れなど、ロックバンドの伝記映画では有りがちなストーリーであるけど曲に関してはあまり触れず私生活にフォーカスを当てた作品である。
モトリー・クルーメンバーの自著を基に製作してるからそのようになるのかな。
メンバーひとりひとりに焦点を当て、それぞれ見せ場がある描き方も良かった。


エンドクレジットで本編の映像と実際の映像を比較したものが流れて、それも面白いので観て欲しいです。
>|

あなたにおすすめの記事