ランナウェイズの作品情報・感想・評価

「ランナウェイズ」に投稿された感想・評価

ぱぐ

ぱぐの感想・評価

3.4
実話を元にしてるみたいで良かった。
I love Rock 'n' Roll作った人がメンバーなのかー。
ロックンロールという感じでした。クリステン・スチュワートは適役で、ダコタ・ファニングもよかったです。なかなか面白かったです
伝説のガールズバンド。

「Cherry Bomb」この曲はガールズバンド最高の歌だと思っている。

ランナウェイズの結成から解散までを描いた作品。
女性だから革ジャンはダメとかエレキギター弾かせてもらえなかったりと彼女たちの革命は素晴らしい。
女性というよりも若さ故の葛藤だったり過ちを犯したりとそこらへんをうまく描いている。

日本でも結構な人気を得たようだが、解散の原因が日本人カメラマンのせいというのがなんだか申し訳ない笑
シン

シンの感想・評価

4.2
このクソみたいな世界にクソしてやりてぇみたいなダサいことを毎日ギター弾きながら言ってた高一の若い自分を少し思い出したが、もうそんな記憶は今後一切無くしてしまおうと思う。恥ずかしすぎるから笑
まあロックよな。ラナウェイズ懐かしいし、またCD屋さんで探してみよっと。
NISHI

NISHIの感想・評価

3.7
ランナウェイズっていうガールズロックバンド知らなかった。かっこいい。

クリスティン・スチュワートと、ダコタ・ファニング。なんとも言えない雰囲気と、艶っぽさがあるふたり。そんな2人のそれぞれの役がかっこよかった。
トワイライトシリーズで知ったクリスティン・スチュワート。ジョーン・ジェット役で黒髪のザ・ロック女子で、すごい好きだった。

シェリーカーリー(ダコタファニング)のデヴィット・ボウイよかった。
即席セックスピストルズTシャツめちゃかっこいい。
elie

elieの感想・評価

3.4
ガールズロックの先駆けで
こんなバンドが存在していたのを初めて知った
ロックンロール=汗臭い男たちのスポーツ
という概念を覆した伝説のバンド
股の流血から始まり
作品中でも実際の写真見ても
かなりロックな女の子たちだったのが分かる(笑)
それを演じてる
クリステンスチュアート & #ダコタファニング が
とにかく可愛いくてかっこいい♬
ダコタのデヴィッドボウイ に憧れてボウイメイク💄して歌うシーンとか
ブルーのアイメイクに肩の🍒がセクシー
クリステンの醸し出す雰囲気はひたすら
かっこよすぎる
2人ともイかれてる時の目が素敵だった

最後に流れた#ジョーンジェット のソロ曲だけ
唯一知ってたけど
劇中の歌もかっこよかった
\チチチチ...チェリーボォォォム!!!/
は耳に残ります(笑)
そして日本でも当時かなりの人気を
博してたらしいけど
あの日本ファンはやばい(笑)

評価はそんなに高くないけど
個人的には70年代のロックでエモい雰囲気が
好きでした◎
ys

ysの感想・評価

4.0
2011鑑賞。
ダコタ熱演❗️
ランナウェイズは興味なかったけど、ジョーンジェットを少し聴くようになった。
キックアスの歌とか。
Akane

Akaneの感想・評価

3.1
本当にいたんですか…?このバンド。
薬やらあれやらでクレイジーな女の子達だなって。でも歌に対しては真面目な主人公が良いね。
がい

がいの感想・評価

3.5
音楽音痴なので実話とは知らず 完。
クリステンスチュワートが相変わらず男前
そして今作シャノンさんは実在する有名レコードプロデューサー役
赤い革ジャン着て変な首輪してメイクしてます
時にはカットジーンズにエプロン姿(下だけのフリル付き)
時には真っ赤なルージュ
一歩間違うとオネエです。シャノンオネエ。新種。
時には目の周りが青く三角に塗られてます。グザヴィエドランならフツーにイケる。マイケルシャノンだとこうなる。ん。なるほど。ワタシ的にはアリ。全然アリ。
YouTubeで散々歌って踊る半裸のマイケルシャノンを見てますので免疫ついてます。ロックンロールなマイケルシャノンに驚きは無い。
しかし劇中ではやはり女子に「キモい男」と呼ばれてるマイケルシャノン 定番。
新たなキモさ全開 出番割と多し
シャノンさんの口から「JAPAN」が聞けるこれたま貴重な珍品シャノン映画
そして劇中、ワタシの不動No.1映画「ロックストック〜」と同じ曲が流れてソコも⤴️⤴️
775

775の感想・評価

3.6
最高に好きなタッチ。
展開なんて正直もうわかるけど、そんなのより音楽がいけてた、、。本当にいた人たちなのだとわかり、すっかり最近のプレイリスト!力強い声はいつだってエネルギッシュな気持ちにさせてくれる
>|