ギミー・デンジャーの作品情報・感想・評価

ギミー・デンジャー2016年製作の映画)

Gimme Danger

上映日:2017年09月02日

製作国:

上映時間:108分

3.8

あらすじ

1967年、ミシガン州アナーバーで結成されたバンド、ザ・ストゥージズ。過激で危険なフロントマン、イギー・ポップを中⼼にバンドは活動を始めるが、その型にハマらない⾳楽はキワモノ扱いされ思うように活動できない中、彼らにいち早く注⽬したのはイギリスで⼈気絶頂だったデヴィッド・ボウイだった。ボウイに呼び寄せられストゥージズは渡英。しかしたった3枚のアルバムを残し、74年にバンドは解散する―。セックス・ピ…

1967年、ミシガン州アナーバーで結成されたバンド、ザ・ストゥージズ。過激で危険なフロントマン、イギー・ポップを中⼼にバンドは活動を始めるが、その型にハマらない⾳楽はキワモノ扱いされ思うように活動できない中、彼らにいち早く注⽬したのはイギリスで⼈気絶頂だったデヴィッド・ボウイだった。ボウイに呼び寄せられストゥージズは渡英。しかしたった3枚のアルバムを残し、74年にバンドは解散する―。セックス・ピストルズ、ニルヴァーナ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなど後の⾳楽シーン に多⼤な影響を与え伝説となったストゥージズ。彼らがロック・ファンを惹きつける理由は何なのか。イギー・ポップを軸に、メンバーと、本当に近しい関係者のインタビュー、そして新たに発⾒された貴重な映像や写真で、ストゥージズの真実が明らかになる。

「ギミー・デンジャー」に投稿された感想・評価

Doom

Doomの感想・評価

3.8
2夜連続ヒカリ座の2夜連続ジムせんせい。

ストゥージーズを知らなくても少しでもロック、パンクに興味があれば観ていて楽しいし、ジムせんせいのセレクションした資料映像も面白くて飽きない。

分かりやすくストゥージーズのお話がまとまっていて、当時のカルチャーや彼らの影響力の大きさを再認識できた。

もちろん家に帰ってサーチアンドデストロイを弾きました。
実家なので音控えめに。

謎のメガホン○
イギーの真面目さ○
60年代シカゴの水辺◎
バンドメンバーの人の良さが分かる写真○
KAORI

KAORIの感想・評価

4.0
#ciao802
素晴らしい!貫き通した物の勝ち、ほんとに清々しい!最後のセリフ、『グラムロックでもヒップホップでもオルタナティブでもない、何でもない、俺は俺だ』かっこよすぎた。
イギー・ポップ!
ああカッコいいなあ、いいなあ
「ステージの上で前転してたよ」のところ、たまらんかった
人間のことどんどん好きになる
TsutomuZ

TsutomuZの感想・評価

3.5
イギーポップがどのように音楽業界で生き抜いてきたのかを知ることができた。他のメンバーは亡くなっていくのに、彼だけ元気なので、オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライブの吸血鬼かのようだった。
ツクダ

ツクダの感想・評価

3.9
グッときまくり
イギー目映い
愛ですね

ドキュメンタリーは寝てしまう法則はかわらず
Lambretta

Lambrettaの感想・評価

3.9
ギミーデンジャーやっと観れた。
俺はジャームッシャがしっかりストゥージズに引導を渡してくれたって思った。
ストゥージズみたいなメチャクチャでパワフルで暴力的でエモーショナルなバンドがかつて存在していたって事を。
STOOGESが無かったらロックはそもそも存在していなかったと思う。
ジャームッシの監督作品という事で観たが、イギー・ポップを知らなかったのでよく分からなかった。
eddiecoyle

eddiecoyleの感想・評価

3.6
ストゥージズは1stと3rdを持ってて、そこまで好きって感じではなかったのだが、これ観て2nd聴いたら完全にヤられる始末。
メインの感想は「早く帰って、爆音でstooges聴きたい」
若いイギーがとにかくかわいかったし、よかったんだけど、やはり俺はアーティストバイオにそんなに興味がないので一曲全部流してほしい気持ちが勝った。
よくマイクワットさんが日本でやるイベント行ってたから出演してて、普通にうれしかった。まあ今のメンバーだから出るの当たり前なんだけど。マイクとダイナソーのJからATPの話よかった。
イギーのストゥージズ以前のバンドは面白かったな。ドラマーだったのかよとか。
miwonuku

miwonukuの感想・評価

3.4
イギーポップかっこよかった。ジムジャームッシュが監督だからか構成や編集も好きだった。
>|