ギミー・デンジャーの作品情報・感想・評価

ギミー・デンジャー2016年製作の映画)

Gimme Danger

上映日:2017年09月02日

製作国:

上映時間:108分

3.8

あらすじ

1967年、ミシガン州アナーバーで結成されたバンド、ザ・ストゥージズ。過激で危険なフロントマン、イギー・ポップを中⼼にバンドは活動を始めるが、その型にハマらない⾳楽はキワモノ扱いされ思うように活動できない中、彼らにいち早く注⽬したのはイギリスで⼈気絶頂だったデヴィッド・ボウイだった。ボウイに呼び寄せられストゥージズは渡英。しかしたった3枚のアルバムを残し、74年にバンドは解散する―。セックス・ピ…

1967年、ミシガン州アナーバーで結成されたバンド、ザ・ストゥージズ。過激で危険なフロントマン、イギー・ポップを中⼼にバンドは活動を始めるが、その型にハマらない⾳楽はキワモノ扱いされ思うように活動できない中、彼らにいち早く注⽬したのはイギリスで⼈気絶頂だったデヴィッド・ボウイだった。ボウイに呼び寄せられストゥージズは渡英。しかしたった3枚のアルバムを残し、74年にバンドは解散する―。セックス・ピストルズ、ニルヴァーナ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなど後の⾳楽シーン に多⼤な影響を与え伝説となったストゥージズ。彼らがロック・ファンを惹きつける理由は何なのか。イギー・ポップを軸に、メンバーと、本当に近しい関係者のインタビュー、そして新たに発⾒された貴重な映像や写真で、ストゥージズの真実が明らかになる。

「ギミー・デンジャー」に投稿された感想・評価

高校生の頃クラスに馴染めなくて、超爆音でsearch&destroy聴きながら、
まじでこいつら退屈、クソ。
とか思ってたな。
今思うとあれはいじめられてたのかな…
シャブ中だったイギーが70超えて体バッキバキでカムバックしてきた時は震えたな。
第一線のアーティスト達がイギーをリスペクトしまくってるのは、イギーがいかれたパンクスじゃなくて、人格者だからなんだな。昔は知らんけど。
I wanna be your dog!!
60年代、70年代をぶっ潰した
バンドストゥージズasイギーポップ
そのルーツを探る作品。
バンドのドキュメンタリーは数あれど
ここまでイカれた内容はない。
ストゥージズを結成する前の初期から
ギラギラして面白い話がばかばか飛び出すのね。
名曲とともに紡ぎ出される数々の秘話を
お楽しみに。
そんな映画。
イギーポップの話はおもしろい。ストゥージス自体はあまり聴いていないのでイギーのルーツが色々わかる作品。
この手の映画いつも思うのはもう少し演奏シーンを字幕入りで挿入してくれれば良いのに!イギーの話がおもしろくてもやっぱ飽きてしまうって、なら他のライヴ作品とか本気で見たら!ってこと。まだ若かりし頃の5メートルの高さのドラムセットの話とか桟橋が沈んじゃった話とかよかった😃
危険人物だと思っていたイギーポップ。本作での印象は不器用だけど心優しく情に厚い男という感じでした。犬っぽいなあという印象は変わりませんでしたが。ロックの殿堂入りのスピーチはちょっと泣きそうになってしまった。
ys

ysの感想・評価

3.5
DVDで鑑賞。
ジムとジム、
ジャームッシュ✖️オスターバーグ(イギーポップ)
ストゥージズのドキュメンタリー。
全然聴いてないけど、
SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬🎬にジャームッシュもイギーポップも出てくるので観たくなった。
トレーラーハウスで育ち、
バンド時代はヒットせず、ソロで売れた。
ピストルズ、ダムド、デヴィッドボウイも出てくる。
再結成後は巨大フェス、コーチェラに出演。
イギーポップはミックジャガーと同じで
すごくストイックなイメージ。
鍛えられて引き締まった体。
歳を感じさせないエネルギッシュな雰囲気。
英語で言うとエナジェティック。
今71歳ですね。
俺はグラムロックでも、ヒップホップでも、オルタナでも、パンクでもない!
サントラから1969🎵買いました。
トレインスポッティング🎬のサントラの、
LUST for LIFE🎵も買った。
次はパターソン🎬観ます。
「再結成」ではなく「再統一」した時に上半身裸のスタイルでおそらく何十歳も歳下の人間たちの間にダイブする姿を見て凄いというか何か変な感動でふいに泣きそうになった。

ミッキーローク演じるレスラーのラストシーンのように美しかった。まさに「音楽は人生だ。人生はビジネスじゃない」っていうのを自で行く生き方はまさにレジェンドの生き方、カリスマらしい生き方だと思う。

「俺は俺だ」という言葉がこんなにも自分勝手ではなく誇り高い言葉として聞こえてくるのは、年数を経てより輝きと自信と説得力が増してくるからだと思う。自分に嘘をつかず胸を張って生きる生き方を、それは時に上手く小器用に生きている人達からは眉をひそめられるストゥージーズ(馬鹿者)のように見えるかも知れない、でも決してそうではない。仲間とともに今を生きる、ただ生き延びる為ではない生き方がイギーポップにとってのcoolなんだと思う。
jitsumon

jitsumonの感想・評価

3.5
The Stoogesっていうバンドも知らなければイギーという人物も知らなかったがとても楽しめるドキュメンタリーでした。

ロックが反文化活動になる意味が少しこの映画でわかった気がする、わかってないかもしれないけど、、、

残念なのはやはり音楽とドラッグの関係性がどこか正当化されているところが見られたところか。
Katongyou

Katongyouの感想・評価

3.6
イギーポップ優しい人なんだな、って思った。パンクでもヒップホップでもオルタナでもない、俺は俺。に痺れました。首輪に四つん這いの写真はとってもセクシーね。
長いこと聴いてきたはずのイギー・ポップとストゥージズだが初めて知る事ばかりで面白かった。
名前を連発されるのにインタビューを受けないJマスシスがらしくて良い。メンバーじゃないからかな?
全体的にバンドと音楽に対する愛に溢れた映画になっていてとても良かった。
長生きと健康の為の一般常識をその存在自体によりデストロイし続けるイギーポップの、案の定なんで死なないんだと言いたくなるはちゃめちゃ年代記だった。メンバーは殆ど死んじゃったけどイギーは死なない。たりめーだよ。何やったって死なないイギーは死なないんだよ。我ら皆死すべし存在だけどイギーだけは死なない。どころか老いもしない。死すべき憐れな我らを気遣って定期的にシワくちゃスキンスーツを更新してくれてるけど、スーツの下には変らぬムキムキが透けて見えてるし、サラサラヘアー具合でも未だ老いてないのがバレバレだ。たまに犬のフリなんかしてるけれどやっぱり友達想いのジェントルマン。もうダライ・ラマに並ぶ淫人じゃねえ偉人だ。遡って生まれ変われるのならダライ・ラマかイギーをやってみたい。
>|