ギミー・デンジャーの作品情報・感想・評価

ギミー・デンジャー2016年製作の映画)

Gimme Danger

上映日:2017年09月02日

製作国:

上映時間:108分

あらすじ

1967年、ミシガン州アナーバーで結成されたバンド、ザ・ストゥージズ。過激で危険なフロントマン、イギー・ポップを中⼼にバンドは活動を始めるが、その型にハマらない⾳楽はキワモノ扱いされ思うように活動できない中、彼らにいち早く注⽬したのはイギリスで⼈気絶頂だったデヴィッド・ボウイだった。ボウイに呼び寄せられストゥージズは渡英。しかしたった3枚のアルバムを残し、74年にバンドは解散する―。セックス・ピ…

1967年、ミシガン州アナーバーで結成されたバンド、ザ・ストゥージズ。過激で危険なフロントマン、イギー・ポップを中⼼にバンドは活動を始めるが、その型にハマらない⾳楽はキワモノ扱いされ思うように活動できない中、彼らにいち早く注⽬したのはイギリスで⼈気絶頂だったデヴィッド・ボウイだった。ボウイに呼び寄せられストゥージズは渡英。しかしたった3枚のアルバムを残し、74年にバンドは解散する―。セックス・ピストルズ、ニルヴァーナ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなど後の⾳楽シーン に多⼤な影響を与え伝説となったストゥージズ。彼らがロック・ファンを惹きつける理由は何なのか。イギー・ポップを軸に、メンバーと、本当に近しい関係者のインタビュー、そして新たに発⾒された貴重な映像や写真で、ストゥージズの真実が明らかになる。

「ギミー・デンジャー」に投稿された感想・評価

ミリ

ミリの感想・評価

-
2017年を忘れないわ、ジャームッシュ
ロックの伝説が生きてるのは新鮮。
生きても伝説なのはすごいと実感。

イギーポップ×ジム・ジャームッシュはせこいよな。

60年代を破壊した。
とにかくロックの殿堂入りした時のコメントがかっこよすぎた。
emlps

emlpsの感想・評価

3.8
ジム・ジャームッシュその2、ギミーデンジャー。イギーポップ率いる”ストゥージズの”、ドキュメンタリー。
与えられたみなぎるパワーに静かな興奮が冷めない帰路、ベスパ響かせて帰宅し急いでビールを流し込んだ。イギーの語るストゥージズでの出来事にどんどん引き込まれる。結成前の彼のドラム時代の話から見たことのない光景に興味は止まらないのです。
近年何本か観た音楽のドキュメンタリー映画の中でも私には相当おもしろかった。挟まれる映像のセンスも。あーあ、いつも思う、バンドって人生のよう!知らない人生を2時間で堪能して、自分の新しい経験と錯覚させてしまう。映画のそういうところ、いつも頼りにしてます。
あんまり内容と関係ないけど
部分的にアニメーションドキュメンタリーの手法が使われてて、日本ではほとんどないけど他の国ではわりとメジャーな方法だと聞いていたからなるほどこういうものか、と納得。
映像どことなく洒落てたな〜
MissY

MissYの感想・評価

5.0
やっと見た!イギーが後半で、グラムロックでもパンクでもない、俺は俺だ!ってな事言うんですが、それに尽きる!いい映画でした。ところどころお茶目なところもあり、ジム・ジャームッシュの愛を感じました。映画館で見て良かった!フジロックフェスで豪雨の中、荒れ馬のように踊り狂うイギー・ポップを見た時のことを思い出した。
川瀬亮

川瀬亮の感想・評価

4.0
似合わないけど、ティアドロップのサングラスを買おうと思いました。素晴らしきクールの体現者たち。
SatoshiIto

SatoshiItoの感想・評価

4.0
『ギミー・デンジャー』
ジャームッシュが撮ったストゥージズのドキュメント。
挿入される軽妙な映像が、重たい人間ドラマにせずに、偉大かつお間抜けな愛すべきバンドの業績を讃えている。

先日、この歳になって衝動的にファズを買いまして。そして、イギーの身体見て、館内の自販機で特茶も購入。
ロックはこれからですぜ。
SALLYDETH

SALLYDETHの感想・評価

5.0
ロッカーになりたい16歳の気持ちでレコード爆音で流しながらブルーのラメライナーつけて自宅で踊る。そんな気持ちになっちゃう。行き先のない衝動!ストゥージズ最高!!!イギーは死ぬまで上半身裸で踊り狂って!!!!!
tomoko

tomokoの感想・評価

3.6
ラーメンを食べた後に観たから睡魔に結構やられた。
ドキュメンタリーだけどジム・ジャームッシュらしさが出てて良かった。
ストゥージズのことを知ってればもっと楽しめたな。
イギーの目は何色?美しすぎる
イギーはセクシー
運命なんだろうな
>|