ギミー・デンジャーの作品情報・感想・評価

ギミー・デンジャー2016年製作の映画)

Gimme Danger

上映日:2017年09月02日

製作国:

上映時間:108分

3.8

あらすじ

1967年、ミシガン州アナーバーで結成されたバンド、ザ・ストゥージズ。過激で危険なフロントマン、イギー・ポップを中⼼にバンドは活動を始めるが、その型にハマらない⾳楽はキワモノ扱いされ思うように活動できない中、彼らにいち早く注⽬したのはイギリスで⼈気絶頂だったデヴィッド・ボウイだった。ボウイに呼び寄せられストゥージズは渡英。しかしたった3枚のアルバムを残し、74年にバンドは解散する―。セックス・ピ…

1967年、ミシガン州アナーバーで結成されたバンド、ザ・ストゥージズ。過激で危険なフロントマン、イギー・ポップを中⼼にバンドは活動を始めるが、その型にハマらない⾳楽はキワモノ扱いされ思うように活動できない中、彼らにいち早く注⽬したのはイギリスで⼈気絶頂だったデヴィッド・ボウイだった。ボウイに呼び寄せられストゥージズは渡英。しかしたった3枚のアルバムを残し、74年にバンドは解散する―。セックス・ピストルズ、ニルヴァーナ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなど後の⾳楽シーン に多⼤な影響を与え伝説となったストゥージズ。彼らがロック・ファンを惹きつける理由は何なのか。イギー・ポップを軸に、メンバーと、本当に近しい関係者のインタビュー、そして新たに発⾒された貴重な映像や写真で、ストゥージズの真実が明らかになる。

「ギミー・デンジャー」に投稿された感想・評価

Punch

Punchの感想・評価

3.8
何の予備知識もなく見たけどジム・ジャームッシュの技量なのかストゥージズの魅力なのか面白く見れた。ジム・ジャームッシュのセンスには脱帽。熱盛。
いよ

いよの感想・評価

3.5
イギーポップのことあんまり知らなくてもわりと楽しめた
Minshit

Minshitの感想・評価

-
情報量が多いから、集中力高めてから観るのがおすすめ。制作してる人たちのイギーとバンドへの愛がびんびんに伝わる真面目な作品。
ドキュメンタリーなので、ROCKモノの映画にしてはライブパフォーマンス映像は最低限だしフルコーラスではなく途中でフェイドアウトするし、、、だけど情報量はかなり多い。読書するように映像と音を嗜む映画だと思う。予備知識なしでも楽しめるが、ネット、書籍その他に情報は転がっているので多少は予習してから観た方が断然楽しめると思うので、そうすることをオススメする。表面上のロック史に必ずしも盛り込まれていないオリジネーターとしてのストゥージズの功績が当事者の証言と時代背景とともに描かれており、それ自体歴史的価値のあるコンテンツだ。
ストゥージズは70年代当時に比べたら何倍もの評価を勝ち得ている。勝ち得ているが、それを歴史上のモニュメントとして形あるものとして残そうとする人間が今までいなかった。それを敢行したのがジム・ジャームッシュ監督であり、彼は最初で最後のチャンスを形にしてくれたと思う。今後ジャームッシュ以外の誰かが似たようなことをやろうとしてもメンバーが殆ど生存していないため不可能だろう。
ジャームッシュの功績のおかげで、ロック史においてはヴェルヴェット・アンダーグランド、ドアーズ辺りと並列に同等のポジションでストゥージズが位置づけられるはずだ。
ジム・ジャームッシュのstoogesへの愛がとても感じられる映画。映画を作ろうとか考えないでたまたま記録として撮っていたインタビュー映像だったみたいだけど、メンバーが死ぬほんと直前くらいにタイミングよくインタビューを撮ってたんだからすごい。たまに入る無意味な映像がジム・ジャームッシュって感じでよかった。mc5の映像もたくさん出るし、この辺の音楽が好きな人はきっと観るべき
KKMX

KKMXの感想・評価

4.5
ジムジャーのストゥージズ愛がビンビンに伝わってくる傑作ドキュメンタリーでした。
イギーポップ大先生だけではなく、なかなか日本では知られていないストゥージズの歴史を知れたのは良かった。
特に魅力を感じたのはジェームズ・ウィリアムソン。ギター・ヒーローとしてもイカしているし、その後の転身も振り幅が大きくて味がありますね。

とはいえ、主役であるイギーポップ大先生の存在感は最高!あれだけ熱狂的なステージングなのに、心の奥底は完全に冷めていて、そのクールさはキャリアのはじめからあったんだなぁと実感。権威やムーブメントを心からバカにしているから、孤高であれているように感じた。

この映画を機に、イギー大先生の再評価も進みそうなので、広い意味で価値ある映画だったと思います。
しみー

しみーの感想・評価

5.0
イギー個人史は潔くバッサリ(29年分!)カットしたことによってメンバー間の絆がより強く浮き彫りになったのが良かった。当時の彼ら(特にイギー)は実際にはもっと過激で悲惨なエピソードも多いのに、ここではその辺はサラッとまとめている。いくらでもスキャンダラスにできたのに敢えてしなかったのは、音楽面の軌跡をフィルムに残すことで、ロック史に於けるストゥージズの重要性を後世にも伝えたいという思いからか、ジャームッシュ作品には珍しく時系列でわかりやすく、当時の彼らの断片的な映像を補うようにアニメーションや名作映画の引用等を用いて飽きさせない作りになってる。MC5との関係を絡めつつ、60年代アメリカのカウンターカルチャーとしてのロック史や文化史もきっちり背景として描いてみせるが、それも後半の為の序章でしかないのかと思うくらい、クライマックスの畳みかけるような展開が素晴しい。ラストのイギーの言葉も最高!
845cinema

845cinemaの感想・評価

4.0
ジャームッシュが以前撮った「イヤーオブザホース」はザラザラした断片という印象で、ニール・ヤングの乾いたヒリヒリの感触と一致しているように思う。それに対して本作は道化としてのイギー・ポップらしさに溢れた楽しい映画になっている。アニメーションが入ったりしていて、おしゃれと言われがちなジャームッシュのコミカルな面がより前に出ている感じ。何より喋ってるイギーが楽しそうなのがいい。

音源は聴いてきたもののバンドの歴史には疎いので様々なエピソードがとても興味深い。高校時代のドラムセットには笑った。
naotoono

naotoonoの感想・評価

4.1
グラムロックでもヒップホップでもパンクでもない、どこにも属さない。
俺は俺だ。
「俺はどこにも属さない。俺は俺だ(うる覚え)」とかイギーポップカッコよすぎでしょ…。まさにオリジナルな存在。ロックンローラーですよ。
>|