こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE2 UFO襲来!トルネード大作戦!!の作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE2 UFO襲来!トルネード大作戦!!の映画情報・感想・評価

こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE2 UFO襲来!トルネード大作戦!!2003年製作の映画)

製作国:

上映時間:109分

ジャンル:

3.2

「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE2 UFO襲来!トルネード大作戦!!」に投稿された感想・評価

ハワイに行ったりテロリストが東京で竜巻を起こしたりする。
両さんが幼なじみと再会するってのはオッサンの物語らしく好みだけど、キャラの行動とかにはツッコミどころがハンパないし、事件の被害が酷すぎる。でも大体楽しいギャグでどうでもよくなる。
前作はキャラが良かったが、今作は超アクションしか印象に残らないかも。
tyapioka

tyapiokaの感想・評価

3.1
記録整理。テレビスペシャルとの違いがわからないけど、普通に楽しめた。主題歌がすき。
懐かしの『こち亀』🐢 ストーリーはさておき、久々に両津の旦那と本田のバイクアクションが見れて良かった。

映画でも相変わらずのハチャメチャ振り!いろいろあるけど真面目にツッコミ入れる内容ではないからね..😅

平山あやも怪しいけど渡辺正行が棒読みなのは笑えた😁

『アグネス・ラム』ネタや、交番で道を尋ねる『あの人』の登場、エンディングの懐かしいキャラはファンにとって嬉しい演出👍
マイク

マイクの感想・評価

2.0
こち亀が終わるとは
思いませんでしたよね。

映画の世界に飛び込まなくても
毎週日曜夜に見れるだけで良いんですよね。
あな

あなの感想・評価

2.5
テレビアニメ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の劇場版第2作品目。前作の劇場版もまずまずの出来だったので、さほど期待せずに鑑賞した。結果は、思っていたよりも酷い出来だった。前作はまぁ許せるレベルには収まっていたが、今作に至っては何がしたいのかよくわからなくなったほど薄っぺらなストーリーでつまらなかった。
まぁ序盤は、両さんが派出所メンバーのハワイ旅行にお忍びで付いてくるところなんかは単純に「こち亀」らしくて笑えた。が、そこからテロらしきものの陰謀に巻き込まれてどうちゃらこうちゃらと、いかにも劇場版らしい展開に突入するのだが、そこからが眠くて堪らなかった。それは単純につまらないということもあるが、中でも今作のヒロインであるミーナを平山あや、その父親を渡辺正行が演じているのだが、この二人の演技がどうしようもないくらい下手くそ。これだけでも大きなマイナスだ。更にこのミーナやその父親の竜平の言動がアホなものばかりで説得力がなく、共感できなかった。例えば、ミーナはせっかく命を助けてくれた両さんをテロリストだと嘘の証言をしたり、初めて両さんと出会ったシーンも中々あり得ないものなのに、反応は普通だったりと、所々リアクションに違和感を覚えた。竜平は竜平で、なぜテロリストに追われていたのかとか、というかなぜ追われているのにわざわざ娘の元へお忍びで近づくのかとかアホなのかなぁと思わせる行動がいくつかあった。テロリストの動機等はギャグ作品であるから良しとしても、前述したように(特に劇場版オリジナル)キャラクターの動機が不明瞭であったことと、そもそものストーリーがまぁ雑。せめてミーナと竜平の親子物語ぐらいはちゃんと描いたほうがよいと思った。竜巻の表現は、そこそこクオリティが高かったので、そこに力を入れるのはどうかとも思うけどまぁよかった。
KH

KHの感想・評価

2.1

このレビューはネタバレを含みます

前作に比べてすべての点において劣っている。

両津は亀有にミステリーサークルを作りUFOグッズを売って一儲けしようと考えるも部長にバレれ失敗。研修旅行の持ち回りでハワイに行くことになっていたが先日の騒動で両津はおいて行かれることに、でもそこは両津、小学校の頃ハワイに転向していった親友・竜平に会うためという理由もありハワイに無理やりついていく。ハワイについて竜平の家へと行くももう竜平は死んだと聞かされる。

いやぁ渡辺正行の声優が下手糞すぎて全く感動は入ってきません。なんかストーリーもよくわからない展開で熱くもないし、平山あや演じるヒロインも可愛くもないしオチも弱い。いじめっ子時代に1回やられただけって。前作がとても映画していたので期待しましたが、前作とまず絵が違います、下手になってます。麗子の顔が立て長すぎて気持ち悪いです。

唯一ファンとしておっとなった点はボルボと左近寺が派出所で留守番してる時に道尋ねに来る人が漫画原作の第1作目の登場キャラだったとこぐらいですかね・・
こち亀を実写にしたい気持ちは分かるが、アニメ化までで止めておいたほうがいい。今の日本映画で漫画原作の実写化は失敗フラグとしか。
St

Stの感想・評価

3.0
ヒロインと幼馴染という重要人物の声優、というかタレント2人(平山さんと渡辺さん)の棒読みが序盤からずっとひどいので萎えてしまった。あの役に渡辺さんを充てたのは、完全に主演のラサールさんつながりでってことなんだろうけど、棒読み以上に顔と声がビジュアル的に全く合ってないよ。さすがに違和感を感じざるを得なかった。(敵役の生瀬さんの演技は素晴らしかった)

それに竜巻をどうにか留めておけと安全な場所で両津に無茶を言う署長や、テロリストらが東京を破壊しまくる状況において、管轄の署長に『これはいったいどういうことだね?』と危機感0の発言をわざわざ電話で言ってくる警視総監には、フィクションでもイラっとした。これが警察を皮肉っている描写だとしたら見事だが、主要人物のひとりにまでそう言わせるのはさすがに残念だった。まあ署長は事なかれ主義なのでこういう性格かもしれないが、ああいう緊迫した場面で言うのはかなりのマイナスイメージ。

ただ、ストーリーそのものはまずまずだし、あのこち亀キャラ総出演の大団円も良かった。作品そのもののインパクトが薄いし結局はベタベタな内容なのでまた見たいとは思えないが。
tomo1220

tomo1220の感想・評価

3.4
こち亀最後の映画。
相変わらずハチャメチャな両さんが日本を救う話し。
テンポや笑いは抜群(笑)
こち亀知らない人でも楽しめる。
二つしか映画がないのであともう数本映画見たかった。こち亀は素晴らしいアニメの一つ。
★★★☆☆3.4
両さんがモテモテの劇場版第2弾。

世界の平和が両さんの手に掛かってくるという規模のデカさ!やり過ぎエンターテインメントサスペンスアクション。

ほんとぶっ飛んでて面白い。
主題歌であるSEX MACHINEGUNの「語れ涙!」がめちゃくちゃ熱い。
>|