釣りバカ日誌3の作品情報・感想・評価

「釣りバカ日誌3」に投稿された感想・評価

1990年12月30日、新宿松竹で鑑賞。(2本立て、前売券1300円)

この映画、「男はつらいよ 寅次郎の休日」との二本立て公開だったので、観た。
観てみると、意外に面白かった。

三国連太郎と石田えりが良かった。

社長(三国)と釣りバカ(西田)が、「会社での関係」と「釣りの時の関係」が逆になるあたりは結構笑えた。

当時、「このシリーズ3作目のようだが、この先も続くのだろうか?」と思ったが、良く続いたシリーズとなった。
K1ngdam

K1ngdamの感想・評価

3.4
久しぶりに釣りバカシリーズをみました。
個人的に言えば、浜ちゃんの奥さんは石田えりの方が良かったですね。
このシリーズは寅さんと同じく、日本の定番ですね。何かホッとします。
デンロ

デンロの感想・評価

3.3
一気にシリーズ化の安定感が定着した感じ
釣りバカといえばこういう感じじゃなかろうか
マイナーチェンジが常にあるので深く考えてはいけない
五月みどりが美人過ぎる 当時51歳には見えない そういう意味では石田えりも美人だし、西田敏行も43にしては・・これはほとんど年相応である 浜崎夫妻に子供が出来ないのは浜ちゃんのが濃過ぎるという話だったが、それは置いといてヤリ過ぎも原因だったのではないだろうか
#FreeAndEasy3 #1990
Hiroki

Hirokiの感想・評価

3.4
刺身食いたくなるな

そして海上での携帯電話の使用は法律上禁止されているらしい。
今作のテーマはズバリ「子どもが欲しい!」
西田敏行はちょくちょく美声を披露する。「こんにちは赤ちゃん♪」だけでなく、鈴木建設の社歌まで上手い。
今作も小ネタは相変わらずキレがあって面白い。が、全体的にはすでにマンネリ化が始まりつつあり、まあそれはそれでお約束に忠実でいいのだが。
nana

nanaの感想・評価

-
釣りバカ日誌と寅さんはお父さんが大好きだったので全部3回くらいずつみてる。子供の頃の記憶なのでどれがどの話か思い出せない…久しぶりに見返したいなあ、近所のTSUTAYAにはない。
五月みどりの下手な釣り、TARAKOの怪演など見どころ多い。
sets

setsの感想・評価

-
ネット
浜ちゃん悩み解消か…
スーさんの元恋人の娘、五月みどり
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.5
世界中のどこに左遷されようが海と魚がいる限りノーダメージ最強はまちゃんwあとスーさん色々と男前エピソードほんとに多いな
>|