生き人形マリアの作品情報・感想・評価

「生き人形マリア」に投稿された感想・評価

NCT

NCTの感想・評価

-
コメディー。
人形出る度に笑ってしまう。
評価はゼロに近い。

けど、エルドン可愛い。
porikozn

porikoznの感想・評価

2.8
不運にも子供を亡くした家庭に、女児の等身大の生き人形を3家族に送った精神科医!
皆も書いてるけど、生き人形のインパクトありまくりの、まつ毛に ォィォィ(爆笑)
チャッキーみたいに人形が動くって言うより、人形の顔マスクをつけた女児が動いてる感じ。だから等身大なのかー。
どうして、3家族に人形が贈られたのかがわかってスッキリしたが、それにしても中々死なないオッサンだな〜(笑)
マレーシアでも、現地の言葉(マレー語?)と英語がごちゃまぜになってる言語なんですね。
プロットとしては、よくある可哀想なお話です。
人形ホラーって不気味さがfirst principle、根本的なものだと思うんですが、その点に特化した佳品ではないかと。
ぶちゃ

ぶちゃの感想・評価

2.0
・"ブレーキが効かない"と、なんの変哲も無い橋で蛇行運転をしだすバス

・まつ毛がヤバくて大人のおもちゃみたいな人形

・本気で蹴り飛ばされる人形役


等々のツッコミどころ満載
お話としては、群像タッチなのに同じようなことばっかりしてて、うーん...
am

amの感想・評価

2.2
10/5 新文芸坐オールナイト【コワオモッ! 2019年上半期、秀作ホラー大会】
三本目

いやいやいやいや睫毛!!マツゲどうした!!!まつげ!!!!
マツゲの出オチ感がすごくて劇場でもクスクス笑いが起こってた
マツゲの衝撃と睡魔の間で揺れつつも結局中盤から睡魔に負けてしまったのでマツゲの事しか書けないけど、最後まで起きててもマツゲの事しか書けなかったかもしれない。
peco

pecoの感想・評価

-
人形のまつ毛、何でこういう風にしたんだろう…!?ってとこに慣れると、後はどうでも良くなってくる…
たくや

たくやの感想・評価

1.0
池袋の新文芸坐ホラーオールナイトにて。

評価は敬意をこめて、あえて低くしている!
これ面白くはないけど、本当はすごく皆に観てほしい作品なの!!笑


フィリピンから日本上陸。
色々な意味で恐ろしいホラー映画。笑

人形出てきたときはその顔にめちゃくちゃ怖さを感じたんだけど((((;゜Д゜)))
ようは殺人する人形❗
しかし、そこでホラーとしての怖さは終わる。笑

そこから怖いのは、ストーリーそのものの出来の悪さ。笑
伏線などという概念はなく、色々な意味で予想がつかなさすぎる話が続くwww
でもこれがなんか魅力的。

チャッキーのオマージュ?いやパクリ??しかもチャッキーの良さをちゃんと越えていないクオリティーの低さが、もはや見所。

レンタルは12月!
ぜひ逆に、あえて、この作品を
観てほしいなー

正直、一周回って好きかもしれない。笑
そーいう愛着がわくB級ホラー映画。

一度は観てほしいので、オススメ🤣
Ranan

Rananの感想・評価

-
ねえ!つけまつげ逆だよ!!!
あと最後まで見られなかったごめんなさい!
桃

桃の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

フィリピンもキリスト教なの、知らなかった。他にもそういうのがいろいろあって、フィリピンのことバナナ以外なんも知らないな、っておもいました。
人形は、チャッキーみたいに人間の脳を取り出したりもっと狂気的なのかと思ったけど、電気消して刺したり殴ったりするだけの感じでした。女の子だから?まぁわたし人形モノ不得意なんで助かりました...
隣の人が途中からずっと寝てました。
まつ毛めっちゃ笑う。今年の仮装「生き人形マリア」にしようかな
なべ

なべの感想・評価

1.0
新文芸坐コワオモッオールナイト3本目。

こ、ここここ、これはひどい!
余興か!盆踊り大会で流されたPTA総出演によるお楽しみ映画かw
誕生日にドローン買ってもらってパパの車追いかけてみたよ!的なうれしそうなオープニングとかやめて!会話の変な間はやめてくれ!編集下手くそか!カチンコがなる前の素の表情がコンマ何秒か入ってるってば!
せめて笑いながら観られたらよかったんだけど、眠くて笑う気にもなれず、かといって怒るほどの元気もなく、友だちの家で編集してない結婚式のビデオを見せられてるような、恥ずかしさを伴う居心地の悪さというか、今までの人生の中で汚点をつくってしまったような、まるで自分が悪かったような気分が味わえる駄作っぷり。
いや、駄作と言っては他の駄作に失礼かw
せめて人形くらいちゃんとつくろうぜ!話はそこからだ!

フィリピン産の映画といえば、以前観た「バイバスト」くらいしか知らない。あの時は出演者の演技が拙いと言ったけど、ほんとごめん。バイバストの皆さんは今作に比べたらめっちゃ上手。プロの演技でした。

ふー。

とにかく自分の寛容度、忍耐力をひたすら試される映画でした。誰にも勧めたくないけど、ぼくの気持ちをわかって欲しいところもあり、他の人が毒づくのを見たい気もあって。観るなら、みんなでピザでも食いながら突っ込める態勢での鑑賞をオススメします(誰か毒づいて!)

あ、邦題が原題とは全然違います。原題は「呪いの生き人形 私たちの生き様を見せてやる 時々サイズ感が変わるけど許してね チュ♡」です(嘘)。
>|