幼い依頼人の作品情報・感想・評価・動画配信

『幼い依頼人』に投稿された感想・評価

pluvia

pluviaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

『虐待の証明』『幼い依頼人』を連日セットで鑑賞しました。

虐待のうえに弟が…なのに、写真を見たくらいで?と、ラストで唐突な流れは。
虐待の根底にあった連鎖と今後も続くであろうトラウマには触れず、傷はないがしろにエンドマークを打つために解決風な結末というのも…。

両方の映画で事件が、熱しやすく冷めやすいマスコミに取り上げられる共通点もあります。

それらの作り自体が、観客が映画を見終わるように、社会の関心も同質の感想だけを残して次の話題に移っていく様子と重なるのです。
逆説的に、鑑賞者を風刺しているのかもと推測してみました。


“僕を産んだ罪”で両親を訴える映画『存在のない子供たち』も連想しました。
ねぎ

ねぎの感想・評価

3.8
辛そうで長いこと観るのをためらっていたが、観てよかった…!も思える作品だった。

児童虐待は辛いけれど、継母役と子役たちが想定のナナメ上いく演技の上手さでそっちに引き込まれてしまった…すごい!
実話(漆谷継母児童虐待死亡事件)ベースだけど実話の方がエグかったという…恐ろしや。

継母役の方もこの撮影してる間メンタル辛かっただろうな。よく引き受けたし、プロ根性に拍手を送りたい。
如蓮

如蓮の感想・評価

3.8
心削られてる感覚の映画でした。全体的雰囲気は「トガニ」に似ていた気がします。継母役のユソンの迫力ある演技が怖くて怖くて。ラストは自分も傍聴席にいるような感覚になりました。
masacco

masaccoの感想・評価

-
序盤はコメディタッチで進むが、少しずつ虐待描写が激しさを増し、法廷で事件の詳細が明らかになるシーンでは目を覆いたくなった。元になった事件はもっと苛酷だった。軽い話題でお茶を濁すと、ジョンヨプ役のイ・ドンフィが星野源というか平匡さんにしか見えなかった。
LEGION

LEGIONの感想・評価

3.5
本来なら守ってくれるはずの存在である親から攻撃を受けることがどれほど苦痛であるかを表現してるような作品だった。
活動を通して疲労や苦痛を生むことのある”外”に対して心を安らぎ身体を休める”内”があることで人は生きていけるが、”内”の存在が”外”と比べものにならないほど過酷の場と化し、その状況下に置かれる者が右も左も分からない子供であったとしたら言葉にできないほど恐ろしく感じる。作品を通し、虐待した母親を見てると愛情を受けずに幼少期を過ごすことで将来的に負の連鎖が起こるようにも思えてしまう。

このレビューはネタバレを含みます

大号泣で顔浮腫んだ笑
罪を認めないだけでなく、子供に押しつけるなんてありえない…
そして見て見ぬ振りをする大人、、心にグサグサ刺さって辛かった。
ともあれ、動いてくれた人たちがいてくれて本当によかった。。
あとジャンホいいやつだしかわいかった
すず

すずの感想・評価

-
虐待の描写のリアルさえぐいなぁ。韓国映画は、本当に、リアルさを追求することで観客にぶっ刺してくるんだよなぁ。
ミチ

ミチの感想・評価

-
あまりにも辛くて点数はつけられない…
虐待する親が悪いのは当然の事だけど、相談支援の管轄がほとんど何もできないとは。あそこまで明らかに外傷がありながら一時保護もできないなんて。

検索してみたら当時の法体制では親権者の同意がなければ隔離保護する事ができなかったようで。
さすがに今は同意なしでも保護できるようになったとの事。最後のテロップでも虐待件数が増えていたから、法改正により親からの虐待が通報・支援しやすくなったのだろうか。

親自体の問題も貧困などと切り離せない社会の問題ではあるんだろうけど、だからといって子どもに皺寄せが来るのはあってはならない。冒頭で話していた見て見ぬふりの傍観者も有罪と思う。

日本では通告する義務が国民全てに課せられているので、見て見ぬふりをしないように社会で守らないと、と改めて強く思った。

いやーでも虐待シーンは本当に辛かった。芝居とはいえ演じる方も辛かっただろうなぁ。継母役のユソンさん、HUSHでは正義感ある働くママだったのに…すごい。
やよい

やよいの感想・評価

3.5
もどかし過ぎた。
虐待されてる子供を助けるって、そんなに難しいことなん?
マジで死なないと動かんやん。
あーイライラした。
る

るの感想・評価

3.8
ダビン(チェ・ミョンビン)
ミンジュン(イ・ジュウォン)
チャンホ(イ・ロウン)
>|

あなたにおすすめの記事