幼い依頼人の作品情報・感想・評価

上映館(2館)

幼い依頼人2019年製作の映画)

어린 의뢰인/My First Client

上映日:2020年03月27日

製作国:

上映時間:114分

あらすじ

「幼い依頼人」に投稿された感想・評価

絶望の淵で声を振り絞っても大人達には届かない。悪魔の如き親であろうと子を引き離すことの厳しさ、そんな法や体制に手をあぐねてる間に起こった僅か10歳の少女による実弟の殺害自白。母を感じたいと言う無垢な姉弟の想いを微塵も尊重できない社会や無知でいる個人の罪を突き付ける衝撃作!

実話を基にしてるけど、〝てめえの血は何色だ〟って南斗水鳥拳で切り刻みたくなる程の虐待描写、壊れた人間の激化する残虐性をすぐ傍にある現実として訴える。もちろん単に介入せよ!なんて安い正義や改心で光を描いてないけど憤りや哀れみだけでは何も変わらない事も痛烈に。まずは関心への切実さが伝わる。

やや都合良い展開もあるけど腰掛け程度で就いた児相での姉弟との交流も丁寧なので後半は本当に辛いし、少女の今にも消えそうな心を迫真で見せるチェ・ミョンビンに何度も泣かされた。出来る事の限界と真っ当の狭間で奔走するイ・ドンフィの幼き心に照らされ目の色が変わっていく様子にもやっぱ熱くなる。

それにしてもユソン演じる継母の憎々しさったら怒りで震えそうになった。彼女のなぜ?についてはほぼ触れてないけど衝動とかの類でもなく虐待でのみ保ってるような異常さ。けど似たような事件が後を絶たないしケースは多様やろけど均衡が尽く崩れると虐待に限らず人は悪魔になる。やっぱ韓国映画の描写は容赦ない。
てるる

てるるの感想・評価

4.0
かみひこうきに願いを込めて

韓国で実際に起きた児童虐待事件を基にしたフィクションとのこと。

父親は育児放棄、継母からの虐待を受ける姉弟。
そして嫌々ながら児童相談所で働くジョンヨプ。

この3人の交流シーンが意外と長くて見てて楽しいし微笑ましい。
この姉と妹どちらも良い子だしめちゃくちゃ可愛い。

だからこそ虐待シーンがもうしんどくてしんどくて。
しかも継母役の女優さんがまた上手くてムカムカさせられっぱなし。
最近観た「虐待の証明」より腹が立って仕方なかった。

楽しそうなシーンでも、ここから起こる出来事を考えると前半から涙無しには見られない。

ゴリラ君とイエローキーパー君が最高だったな。

でも通報を軽く見る警察、何も出来ない児相、見て見ぬふりをする近隣住民。

もちろん実際に近隣住民の通報から発覚する虐待もあるけど、その後の対応がダメダメすぎるのはどこも一緒なのか。

日本だと最近では心愛ちゃんと結愛ちゃんの虐待死がホントに痛ましすぎて信じられなかったけど、映画と同じようなことが実際に行われていると思うと恐ろしい。
何より人間の所業とは思えない。

現実は映画のようにはいかないんだろうけど、こういう映画で少しでも虐待が減ることを切に願う。
hiroko

hirokoの感想・評価

3.7
2週間ほど自粛してたけど、これは観たくて久々映画館に。東京はTOHO営業しないとかいよいよ大変な感じ…
(当分大人しくしていようかなと思ってる…)
予告で10歳の姉が弟を殺した?!実際にあった事件を元にした話との事で衝撃を感じてどんな話なんだろう…と気になって。
もう…めちゃくちゃに泣いた…
子役の子、うますぎない?😭こんな事が実際にあったの??と怖くて涙が止まらなかった…
母親の外面の良さと虐待のギャップってめちゃくちゃ多いんだろうな…何回ももう!その家に帰さないで!!てなった。

主人公の人、エクストリームジョブの俳優さんじゃん!!て気づいてテンションあがった。この人好き。
ゴリラ君ありがとうすぎるよ🦍(この描写は映画だから??実際の証拠てどうしたんだろうね🤔)
6060

6060の感想・評価

4.0
怒りで噛み締めた奥歯が
痛くなった。
幼き存在を犠牲にする時、
傍観は加害と同じだ。
実話を基にしてて、どこまでが実話かは分からないけどこういう虐待事件を映画化してしまう韓国のパワーって凄いなと思ってしまう。
この問題ってほんと分からないというか、その虐待してる瞬間、証拠がなかなか見つけれないから難しい。
そしてその対処法を一歩間違えばこちらが不利になってしまうのでその辺の見極めも難しいが、なんかこんなこと言ってるからいつまでも続いてしまうのかなと思ったり。
この作品の主人公みたいに助けたいという気持ちを持って真っ直ぐに行動するのが大事なのかな。
児童福祉施設とか警察とかが我々はここまでしかできないからこの先はどうしようもないとか言ってたりしてその辺は社会とか法律とかに対してのメッセージ性もあるのかなと思いました。
虐待事件なのでその辺りの描写も手加減なしで描いてくる辺り、凄みが増していて素晴らしいと思います。
「エクストリーム・ジョブ」とはまた違った雰囲気で好演しているイ・ドンフィも素晴らしいけど何よりお母さん役のユソンさんが怖すぎて凄すぎる怪演でした。
そして娘役のチェ・ミョンビン。
1つ1つの表情での表現がとても素晴らしく虐待描写も体当たりで演じておりほんと素晴らしかった。
最後は感動して泣いてしまいました。
本当にこういうことがなくなる世の中になってほしいと切実に思います。
け

けの感想・評価

3.6
観てて辛い。
が、最後までもってかれました。
実話らしく更に辛い。
yeeEsan

yeeEsanの感想・評価

4.0
韓国だけでなく日本にも世界の至る所にある現実
自分には何ができるだろうか
まほ

まほの感想・評価

3.5
今日、日本で全く同じような事件起きてびっくりした。
どんな相談も、その深刻さや真意をこっちで勝手に判断するのは危険だと思った。
Kん

Kんの感想・評価

3.7
実話を基に容赦なく再現されているから、辛さも苦しさも鋭くて重い。

継母も子もよくぞ演じ切ったと思う。

演じたことでその後の人生に影がまとわりつかなければ良いけれど、とさえ思う。
asei22

asei22の感想・評価

4.2

こんなにも胸が苦しくなった作品は久々に見た。
だけど、現実の社会現状を突きつけれている
映画だなぁと感じた。

実際に起きた事件について気になって詳しく
調べみたけど、更に悲しくなった。
だけど、自分が勇気を出すことが出来るかななど
考えてしまった部分があった。


悲しくて涙が止まらなかったけど、
見て損のない映画でした。
>|