7番房の奇跡の作品情報・感想・評価・動画配信

7番房の奇跡2013年製作の映画)

7번방의 선물/Miracle in Cell No. 7

上映日:2014年01月25日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「7番房の奇跡」に投稿された感想・評価

ムショモノに必要なものを取り揃えた上で感動に向かって突っ走ってく感じ
終わった後オープニング見直した
障害者を主人公に据えた御涙頂戴映画。
ファンタジーというか、「ありえへーん」の部分が多すぎる。
感動への持って行き方が雑で、既視感がすごい。
MovieMafia

MovieMafiaの感想・評価

4.0
寝る前に見るんじゃなかった...。

知的障害を持った父親が、警察署長の娘の死亡現場に立ち会ってしまったことが地獄の始まり。観ればすぐ分かるが、彼は人を殺せるような人柄ではない。

7番房に入った父親ヨングの人間性、事件の真相は房の仲間や看守には伝わっているが、権力を前に捏造された事実を覆せない。

悔しさ、葛藤を感じながら見入ってしまった。

そして作品を観ていると徐々に7番房のメンバーは悪人とは思えないほど可愛らしく見えてくる。笑

ぜひ観て欲しい、泣ける作品。
あゆみ

あゆみの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

パパのおかげで産まれました ありがとう
っていうイェスンのセリフと同じ気持ちになる映画だった 見るの2回目だったけど泣きすぎてしんどい
よよ

よよの感想・評価

4.0
ほっこり心穏やかに観れるシーンもあるが、最後はとても苦しくて涙止まらなかった
先日、バファリンルナを購入。景品でかわいいルナのピルケースが付いていた。娘にあげた。
3日前に海街チャチャチャをみた。冒頭シーンでキム・ソンホが月にかわってお仕置きするぞ、と言っていた。
今日、娘の友人の話でこの映画タイトルがでた。ネトフリマイリストには入れていた。早速みると、初めから終わりまでセーラームーン、で今夜は中秋の名月。
記録。

ダンサーインザダークとかグリーンマイルよりは後味○でした。

このレビューはネタバレを含みます

ヨングがイェスンと別れる時に泣いてたけど、あれだけ物分かりが悪いほどの知的障害なのに死刑になるってことはわかるのね、それだけ丁寧に看守とかが説明したのかもしれないけどなんか映画的に感動に持っていくために泣かせた気がする

アイアムサムの時よりは心の余裕あるけどまだ少し見てる時に苛立ってしまう

私怨で公的権力使って人の人生を台無しにするのは良くないよ、気持ちはわかるけど、自分で自分の機嫌くらい取れよ

このレビューはネタバレを含みます

感動で泣く気満々だったのにめちゃくちゃ胸糞悪い
助けてくださいってもっと早く言ってればなあ

でもムショ仲間たちの心遣いはジーンときたよ
親切なクムジャさんしかりこういう雰囲気?好き
現実ではあり得ないシチュエーションが多く感じるが親子愛の深さや罪人であっても、奥には深い愛情を人は持ち合わせているんだと表現されていたと思う。
日本の映画(ドラマ)で言うと、「私は貝になりたい」とよく似てる。
また、子役の女の子の演技が神レベル。俳優するために生まれてきたみたいだ。
r1ace

r1aceの感想・評価

3.1
一言で言うと韓国版「アイ・アム・サム」
子役は120点、成長してからも見事。
その他、俳優陣はとても良い。
セーラームーンの使い方もうまい。

しかしながら、さすがに「泣かせ」
に全振りしてる(ように見える)物語は
個人的に、そう個人的に好きでは無い。
泣かせるために極端すぎる悪人と無慈悲、
障害者の善人と超展開を用意すれば
それゃ物語を作るのは楽だわな。

あと「ここまできたらファンタジーやな」
と思わざるを得ないゆるゆるフリーダムな
刑務所にアタマがついて行かず。
子供を所内に連れ込んでもバレない、
後半は刑務所公認とかさすがに無茶すぎる。
この発想は無かった、というか
あり得なさすぎて誰もがやらんかった事を
やりやがったな、というレベル。

母親について全く言及が無いのも謎すぎる。
いや、そもそもこのレベルの知的障害で
子供と普通に暮らせてたって事も謎。
死刑執行の情報が普通に広まってるのも謎。
なんか疑問ばかり湧いてくる。
>|

あなたにおすすめの記事