きっと、いい日が待っているの作品情報・感想・評価

きっと、いい日が待っている2016年製作の映画)

Der kommer en dag/The Day Will Come

上映日:2017年08月05日

製作国:

上映時間:119分

4.0

あらすじ

1967年、コペンハーゲンの養護施設を舞台に、実際に起こった愛と奇跡の物語です。労働者階級家庭の兄弟、13歳のエリックと10歳のエルマーは、病気の母親と引き離され、男児向け養護施設に預けられるが、施設では、しつけという名のもとの体罰が横行していました。エリックたちは慣れない環境に馴染めず、上級生たちからイジメの標的にされてしまいます。ある日、叔父が「一緒に暮らそう」と施設を訪ねてくるが、ヘック校…

1967年、コペンハーゲンの養護施設を舞台に、実際に起こった愛と奇跡の物語です。労働者階級家庭の兄弟、13歳のエリックと10歳のエルマーは、病気の母親と引き離され、男児向け養護施設に預けられるが、施設では、しつけという名のもとの体罰が横行していました。エリックたちは慣れない環境に馴染めず、上級生たちからイジメの標的にされてしまいます。ある日、叔父が「一緒に暮らそう」と施設を訪ねてくるが、ヘック校長に一蹴されてしまい、悲観したエリックとエルマーは施設からの逃亡を図ろうとするが―。

「きっと、いい日が待っている」に投稿された感想・評価

eto

etoの感想・評価

3.8
どこまでも不運な兄弟…あまりにも酷いことばかり起こるので、観ている最中はこれはフィクション?ノンフィクション?と考えていたが最後の最後に完全なる真実だと知る。そしてゾッとする。
希望のあるラストだったのが救いだが、そこに行くまで長く暗く、物語は進んでいく。本当に色々なことが起こる。
今も後遺症に悩む人々がいると考えるだけで悲しくなる…
こんなに子供がビンタされるなんて
容赦ないビンタです

ほっぺたが真っ赤になるまで
ビンタの連続

性的虐待まで

弱い立場の子供を力で押さえ付けて
クソ校長、クソ教師ばかり

たった1人の頼れる先生も去った時
絶望感しか無かった

子供たちには「いつか」なんかないのに

兄弟が命がけで得たもの

それは他の子供達の心も動かした

検査官が「個人的に話しがあるか?」
の問いかけに
皆が手を上げた時

涙がこぼれた

救いはあったけど
始終胸が痛むストーリーでした

昨日観てる時は衝撃でストーリーを追いかけるのが精一杯やった

今日思い出して悔しくて悔しくて
泣けた

あのクソ校長、マッツ・ミケルセンの
兄ちゃんらしい
子供を虐げるやつは好かん。
理由があってもだめだけど、理由がないのはもう最低。人がたくさん出てくるけど、みんな動機が薄い弱い…

こどもが煙草吸ってたシーンだけ◎。
cota

cotaの感想・評価

-
どう評価をすれば良いのか分からない程、胸が締め付けられる。クズな大人ばかりで子供の立場が只々苦しい。自分がその場にいたらあのプーチンみたいなクソ校長にウンコを食わしていたけど、、弱い立場の者を守れる大人であり続けたいと強く感じさせられた。悲しみより個人的には闘志の湧いてくる映画。
ルフト

ルフトの感想・評価

4.0
2018/7/06
デンマークで起きた実際の事件をもとにした映画。
movitomi

movitomiの感想・評価

4.5
デンマークの児童養護施設学校での、校長を中心とした施設ぐるみの生徒虐待を、生徒が命を懸けて暴く、実話に基づいた話😤

中心となる3人の子役がうまかったー😂

時は、1960年代、日本では東京オリンピックが行われた頃。きっと、世界のいろいろなところで、こういう現実があったのでしょう😩

いつの時代にも、人間の奢りは消えませんね😑
RydiaRich

RydiaRichの感想・評価

4.2
実話を基に描かれているなんて悲しくなります。
子供たちは弱いから従うしかない。
でも、勇気を出した子供たちのおかげで未来がたくさん救われたと思うと、正義感て大切だし勇気を持つことも大切だと考えさせられます。
〜記録〜

子供達の小さな勇気がみられた。
目を背けたくなる部分が多々あったけれど、最後まで諦めない心が大事なことだと知らされる映画だった
施設の校長への苛立ちが収まらない部分がたくさんあった。笑
きょる

きょるの感想・評価

4.0
1967年にデンマークの施設で起きた事件を基に、ある兄弟のお話。

予想以上に胸がえぐられるような、身体中ズキズキとくる痛み。
自分の気持ちをうまく言葉に出来なかった時や蓋をしてした辛い思い出、誰にでもあるであろう幼少時の苦い経験をふと思い出される今作。
観ていて正直辛かった。
「そういえば自分もこんな事あったな…嫌だ思い出しちゃった」となるかもしれないです。自分はなった。
かと言って多くの方に観てもらいたくもなる映画。
子供を子供として接するのがそもそも間違いなんだよねぇ。
こんな施設が今は無いことを願うばかり。

ラース・ミケルセン(マッツのお兄ちゃん)がとっても良かったなぁ。厳格な校長先生、これは必見ですぞ…!
ありさ

ありさの感想・評価

4.4

「兄は今日を生きた」
「弟は未来を夢みた」

実際にゴッドハウン児童養護施設で起こった少年虐待の話。

虐待のシーンは痛々しく目を背けたくなるが、施設にはいったばかりの兄弟と終盤の兄弟では、目の表情が全く違う。
暴力を振られる恐怖の目、
理不尽な大人への軽蔑の目、
会話が制限されてる中での子供たちの目の演技に注目して欲しい。

泣きながらご飯を食べるシーンは、とても心がいたたまれた。悲しい時に泣くことさえ禁じられ、近親からの電話の正しい内容さえ教えてもらえず、大人の権力で事実をねじ曲げられていた。
勇気をもって手を貸してくれる大人があと1人でもいれば被害はもっとおさえられたはず。

兄は弟を思い大人と戦い、弟は兄を思い行動を起こす。現実を変えた兄弟の絆に涙。

ワンダーといい、宇宙飛行士を夢見る子供は無邪気でかわいいな。
ただエルマーが飛ぶシーンは中でも1番痛々しかった。

エルマー役の子の目がとても綺麗で、お兄ちゃん役の子も痩せたら絶対イケメン!
2人とも映画初主演とは思えないほどの圧巻の演技。

劇中でナレーションを務めたトゥーヤ、いや、まじイケメンすぎる。そしていいやつすぎる。ナレーションも落ち着いてる声で最初なんとなく聞いてたからエリックかエルマーが大人になってから語ってるのかと思ってたけど、途中でトゥーヤが喋ってることに気づけた。トゥーヤ役の子調べてもなかなかでてこないけど、この子も将来が楽しみ。
>|