きっと、いい日が待っているの作品情報・感想・評価

きっと、いい日が待っている2016年製作の映画)

Der kommer en dag/The Day Will Come

上映日:2017年08月05日

製作国:

上映時間:119分

4.1

あらすじ

1967年、コペンハーゲンの養護施設を舞台に、実際に起こった愛と奇跡の物語です。労働者階級家庭の兄弟、13歳のエリックと10歳のエルマーは、病気の母親と引き離され、男児向け養護施設に預けられるが、施設では、しつけという名のもとの体罰が横行していました。エリックたちは慣れない環境に馴染めず、上級生たちからイジメの標的にされてしまいます。ある日、叔父が「一緒に暮らそう」と施設を訪ねてくるが、ヘック校…

1967年、コペンハーゲンの養護施設を舞台に、実際に起こった愛と奇跡の物語です。労働者階級家庭の兄弟、13歳のエリックと10歳のエルマーは、病気の母親と引き離され、男児向け養護施設に預けられるが、施設では、しつけという名のもとの体罰が横行していました。エリックたちは慣れない環境に馴染めず、上級生たちからイジメの標的にされてしまいます。ある日、叔父が「一緒に暮らそう」と施設を訪ねてくるが、ヘック校長に一蹴されてしまい、悲観したエリックとエルマーは施設からの逃亡を図ろうとするが―。

「きっと、いい日が待っている」に投稿された感想・評価

A

Aの感想・評価

4.0
デンマークの美しい自然に囲まれた綺麗な建物の中の地獄。養護施設の先生たちの虐待が、もうビョーキなんじゃないかって思われるレベル。でも、実際にこんなことがあったというんだから恐ろしい。
とことん絶望的な状況に落とされる分、希望がみえるラストの感動はひとしお。
語り部の少年がよかった。
はす

はすの感想・評価

4.1
あまりにも過酷で見るのが辛かった...
息を止めてしまう場面が何度もあった

こんなことが実際にあるなんて怖いと思った
なんて悲しいタイトルでしょう。
「きっと、いい日が待っている」
幸せに満ち足りている時には浮かばない言葉ですね。 昨日は変えられないけど、明日ならきっと変えられる。 夢を語ることすら許されない少年が、それでも心の中にひっそりと希望を持つ。 少し「ショーシャンク」を感じたりした。 想像力は誰にも奪えない。
兄は今日を生き、弟は未来を夢見た。
エリックとエルマー、幼い兄弟の勇気が起こした奇跡の実話。
冷酷無慈悲な校長先生が顔も憎たらしくて、誰かと思ったらマッツ・ミケルセンのお兄さん。
「幽霊」として生きる悲しい選択をする以外に方法が無かった、生気を無くした少年たちの姿は痛々しい。
デンマークは福祉が充実しているというイメージを持っていたので こんな施設が実在したなんて…
私も男の子2人の母親なので、救いの無い描写が続いて胸が締め付けられた。 実話というから本当に酷い。
健気で愛らしい兄弟が、お互いを思い合っていて、この兄弟2人が一緒に居れたのが救いだった。 1人、また1人、勇気を持って手を挙げた子供達に拍手を送りたくなった。
兄弟を演じた2人の子役が、表情が良く とても上手だったので、この映画をよりリアルで素晴らしいものにしていたと思う。
坂上

坂上の感想・評価

3.2
こういう臭すぎる芝居は得意じゃなく語り部の役の男の子くらいがしっくりくるんだよな
yzkni

yzkniの感想・評価

4.2
映画館で観てから数日経って思う。色々と思ってはみたけれど、これしか文字に起こす気が起きない。自分は(少年が)打ちひしがれないで生きていくという可能性について考えそして行動することの方が好きだ。
さち

さちの感想・評価

4.3
2017.09.26

つらい、可哀想、見ていられない と口々に書かれているのを見てそういうことかと納得😂😂

とにかく出てくる大人がというか教師達がほんと最低最悪でもう憤りを感じすぎて精神が疲れた。

弟エルマーの成長っぷりが著しい。
エリックがああなるきっかけの鬼校長による絶望的告知、似たようなこと日常でもあるよね〜…これ頑張ったらこれ出来るなー♪と思ってた…ってやつ〜。ギィィイしたくなるよね、わかるよ。

ひとつ勿体なかったのは、誰目線のナレーションなのか、彼があまり出てこないもんだから分かりづらかった(^^;;

あとあの平手打ちの天才の鬼校長:ラース・ミケルセンって、あのマッツ・ミケルセンの実のお兄さんなんやね〜〜!!驚き!(笑)


関係ないけど、前にいたおいさんがシートに脚上げててオイオイって思ってたけど、劇中何度もすすり泣いてるのわかって、いい人やん😂と思って全然イラつかなかった(笑)
鳩島

鳩島の感想・評価

4.0
盗みから始まる兄弟の通った道
一人では生きていけない少年たちが閉鎖的で伝統的な場所でじっと耐えることが続き、手遅れ寸前まで追い込まれます。私は見ていることしかできない、誰かこんなこと変えてくれと思い続けました。
実話を元にという言葉が重い。
人類が輝きの一歩を踏み出していた時代とは思えず悲しく思いました。
起こったことが分かりやすく伝わりすぎてみていられないほどですが暴力的なシーンは控えめで、言葉よりも目が訴えかけてきました。良かったです。
Aki727

Aki727の感想・評価

3.8
ただひたすらに辛い…
辛くて見てられない
報われない…

削がれかけた対抗心、希望を見つけて進むも、折られる。虐待が過ぎる、権力でねじ伏せる、誰も止められない、歯向かう気力も無くす…
slv

slvの感想・評価

4.2
ううー…。つらかった。心がすり減って、精神的にやられた。こんなに苛酷だなんて思ってなかったよ…。

宇宙を夢見るいたいけな兄弟が、極悪な施設で虐待を受ける描写が辛くて、トラウマになるレベル…。
感動と救いがあったので、なんとか心を持ち直したけど…。

極悪な施設の鬼校長を演じたのは、マッツ・ミケルセンの実兄なのですね。
もう、私の中ではトラウマ的に恐ろしい人になってしまったよ。。
あの血も涙もない感じ、ゾッとする。

そしてこれが実話ベースなんだから、本当に胸が痛む。
ラストの字幕のメッセージ見て、ますますどんよりとした気持ちになる。やるせない…。

兄弟を演じた二人をはじめ、子役さんたちの演技が本当に秀逸です。この子役二人の演技力と説得力のおかげで、すっかり引き込まれて心を揺さぶられまくりました。

宇宙へのロマンと憧れの描写は、ファンタジー色があって良かったな。

エルマーの決死の覚悟での月へのジャンプ、あのシーンは思い出すたびにしばらく泣けるよ。。
obao

obaoの感想・評価

4.2
@テアトル梅田
きっと、いい日が待っている。いや、兄弟が欲しかったのは、いい日ではなく普通に暮らせる日々。そんな希望さえも力ずくで抑え込まれてしまい、幽霊として暮らさざるを得ない日々から飛び立つ勇気の物語。

しかし…まぁ。。。
想像以上に子どもたちが虐待されます。体罰という名の暴力…教育と名を変えた虐待。ただただ意に沿わないだけで子どもたちを殴る、殴る。久しぶりにこれ程までにクソな(あまりこんな言葉は使いたくないのだけど、それ以外に当てはまる言葉がない)大人たちを見た。特に、あの校長が…ホント腹が立つ。

デンマークの児童擁護施設。母が病に倒れ、叔父にも経済力がないために、施設に入れられたエリックとエルマーの兄弟。そこでは体罰を是認する校長の下、子どもたちへの虐待が繰り返されていた。この異常な環境の中で反撃する術を持たない子供たちは、幽霊として生きることで毎日をやり過ごしいる。

抑圧され続け生気をなくしてゆく子どもたち。暴力だけでない虐待もあり、観る者も劇場という狭い空間内で逃げ場を探したい程に抑圧されました。
が、エルマーの行動に…映画を観ている者も救われる。彼に心を鷲づかみにされました。しかし、抑圧に対する解放を…もっともっと欲しかった。これでは足りないです。あの校長を殴ってやりたい(あ…あの校長は、マッツ・ミケルセンの実兄だとか)。

良き映画。ですが、何とも苦しい映画でした。
>|