きっと、いい日が待っているの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • きっと、いい日が待っているの作品情報・感想・評価

きっと、いい日が待っている2016年製作の映画)

Der kommer en dag/The Day Will Come

上映日:2017年08月05日

製作国:

上映時間:119分

あらすじ

1967年、コペンハーゲンの養護施設を舞台に、実際に起こった愛と奇跡の物語です。労働者階級家庭の兄弟、13歳のエリックと10歳のエルマーは、病気の母親と引き離され、男児向け養護施設に預けられるが、施設では、しつけという名のもとの体罰が横行していました。エリックたちは慣れない環境に馴染めず、上級生たちからイジメの標的にされてしまいます。ある日、叔父が「一緒に暮らそう」と施設を訪ねてくるが、ヘック校…

1967年、コペンハーゲンの養護施設を舞台に、実際に起こった愛と奇跡の物語です。労働者階級家庭の兄弟、13歳のエリックと10歳のエルマーは、病気の母親と引き離され、男児向け養護施設に預けられるが、施設では、しつけという名のもとの体罰が横行していました。エリックたちは慣れない環境に馴染めず、上級生たちからイジメの標的にされてしまいます。ある日、叔父が「一緒に暮らそう」と施設を訪ねてくるが、ヘック校長に一蹴されてしまい、悲観したエリックとエルマーは施設からの逃亡を図ろうとするが―。

「きっと、いい日が待っている」に投稿された感想・評価

Bom

Bomの感想・評価

3.4
色んな状況で、辛い現実を誰かに助けを求める勇気はなかなか難しい。エリックが支えてくれていたからこそエルマーが強くなっていったし、周りにも認められた。兎に角演技が上手。エルマーが決心した時の強さったら。母性本能出まくりです。ドイツデンマークフランスってこういうブラックジョークがギリギリで秀悦だなとつくづく思う。
2017年~311本目
10月~445本目
PONCO

PONCOの感想・評価

4.0
誰も知らない、を思い出す。兄弟を守ろうとするお兄ちゃん。でも弟の方が強い。弟の最後の行動に泣かされるよぉ、
mmmm

mmmmの感想・評価

3.7
飛んだ時に宇宙飛行士になるところが好き
yuki

yukiの感想・評価

-
養護施設に入れられた2人の兄弟、兄のエリックは足の悪い弟のエルマーを必死に守ろうとしていたけど、エルマーも又兄を守ろうとしていたんです…。
2人の兄弟愛に涙…
そして、2人の少年俳優さんが本当素晴らしい演技!

やっぱりラースミケルセンは極悪非道だった!けどセクシーだったなぁ…兄弟揃って声がね…反則。

恵比寿ガーデンシネマで上映される映画は好きな作品ばっかりで困る!全部観たくなる…でも全部は無理。

(おまけ)
ストップモーションアニメの「ズッキーニと呼ばれて」を思い出しました。
tumugi

tumugiの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

圧倒的に権力がある大人の虐待って、本当に最低だ。
暴力で子供を支配するなんて、結局弱い人間のする事だと思う。
虐待のシーンは、ムカついてしかたなかった。
そんな中でも、エリックとエルマーは、お互いを思う気持ちを失わず必死に生きていて、大人たちよりずっと強いと思った。

エルマーの行動には、考えさせられた。
友達が、欲しいであろう言葉を手紙に付け加えて読む場面や、チョコレートのカケラを、みんなにわけてあげる場面。
あの劣悪な環境に、もし自分がいたとして
あんな風に、他人を思いやれるだろうか?
そうありたいけど、自信ないなぁ。
そして、兄を救うために
行動したエルマー。
僕はやるよ!といったあの顔が忘れられない。
お手製宇宙服を着て、校長の車をぶっ壊した時、私も一緒になってぶっ壊してる気持ちになってスッキリした。
足が悪くてお前は、宇宙飛行士にはなれないって言ったお兄ちゃん。
でも、お兄ちゃんの為には飛べたんだよね …。
あ〜思い出したら泣けてきたT^T
そして、一番最後のシーンでみんなが手を挙げた瞬間、エルマーの優しさがみんなに勇気を与えたんだと思った。
本当の優しさは、何よりも強い。
エルマーに強さについて教えてもらった気がした。
T兵衛

T兵衛の感想・評価

5.0
本作は残酷で許しがたく非人道的な"体罰"という傷害罪であり暴行罪であるものが"教育"として正当化されていた時代、1967年コペンハーゲンで起きた実話が基になっています。

13歳のエリックと10歳のエルマーは病を患う母親と3人暮らしをしており、貧しいながらも慎ましく幸せに暮らしていた。ある日、病気の悪化した母は入院することになり、役人の判断で兄弟は男子児童むけの養護施設へと預けられることになる。
この養護施設では少年達が強制暴力、薬物投与というあまりにも凄惨な扱いを受けていた。さらに逃亡を謀ろうとしても強制送還の後、"しつけ"と称した陰惨な暴力という逃げ道のない絶望的な日常が続く。そんな過酷な現実の中、必死に生きる少年達の姿をエリック/エルマー兄弟を中心に描いた作品。
(一部パンフレットよりあらすじ引用)

弟エルマーの抱く宇宙飛行士になるという夢、それは宇宙に行き月面着陸すれば世界が変わると本気で信じているからです。そんなエルマーに対し、幾度となく非常な現実と(希望を失った)大人達が希望を信じる心をへし折ろうしてきます。
それでも希望を語り続けるエルマーの姿(希望の手紙を読むシーンは最高)が周囲に勇気と希望を与え、子どもという弱者が大人という強者に対し蜂起を起こしていく姿は感動という言葉では表し切れません。

ラスト近く、兄エリックのため命を賭してある勇猛果敢な行動をとったエルマーの心を支え奮い立たせたものは何だったか?それは2001年宇宙の旅のレコード(ツァラトゥストラはかく語りき)でした。これは、芸術が現実に対抗する手段であるというメッセージであり、そして映画という総合芸術である本作自体が我々観客に明日への希望を信じる強さと現実と戦う勇気を与えてくれます。
宇宙遊泳を夢想するシーンは若干滑稽にも見えかねませんが、決して馬鹿には出来ないもので、希望を想い描く想像力は生きる上で本当に大切なものです。

最後に、
苛烈な暴力が少年達を心身ともに追い込み続けました。勿論これは殴る蹴る等の物理的暴力以外にも罵詈雑言で精神的な苦痛を与える事も同罪です。映画の最後に注釈がありましたが、この映画のモデルになった施設に入っていた少年達の多くが後に精神疾患を患っていることからも分かる通り、体罰というものがどれ程愚かな行為かは明白ですし、体罰は決して人を育てません。
エリック/エルマー兄弟の家庭の貧しさの一つの要因として男女不平等の賃金格差があり、そういった女性差別もまた、明日への希望を持った活動家の方達の活躍の結果デンマークでは改善されていったそうです。日本は未だ男性優位社会であり、現在そういった改善がままならない状況なのは由々しき事態だと思います。
先ず声を大にして物申す。
これほど素晴らしい映画なのに、上映館が全国でたったの2館とは、何ごとか⁉️⁉️⁉️
娯楽映画も良いけど、魂を揺さぶるこの映画こそ、たくさんの劇場で上映して欲しい。


病気の母親から引き離され、養護施設で生活する兄弟が、虐待を受けながらも強く成長した実話。

これまで映画の中に、たくさんの英雄を見てきました。けど、こんなに小さくて、だけどこんなに強く勇敢な英雄は初めてでした。

号泣なんてとっくに通り過ぎ、嗚咽するレベルで泣きます。

重く、辛く、厳しく、目を背けたくなる映画ですが、是非!観てください。
強く激しく熱烈にお薦めします。
291

291の感想・評価

3.0
ミケルセン兄の表情、迫力だわ。実話を基にしてるんだから、こんなことが起きてると思うと辛いしやはり極限状態の人間って怖い。ただ、同時に人間の信じる、誰かを想う力ってすごい。
小一郎

小一郎の感想・評価

4.2
養護施設でしつけとは名ばかりの体罰が横行していた苛酷な現実、弱者と強者の対決という見どころもあるけれど、この物語はやはり「きっと、いい日が待っている」と信じることで、辛い日々にも耐えて生きていけることを伝える映画だと思う。

1960年代後半、デンマーク・コペンハーゲンの養護施設で起きた実話がもと。貧しい労働者階級の家庭に生まれた13歳のエリックと10歳のエルマー。母親が病気で満足に働くことができず、養護施設に預けられる。

罰と厳格な規律こそが子どもたちを救うための最上の方法と信じる校長によって運営されているその施設はまるで刑務所。教師を頂点として子どもたちの中にも階層が生まれ、自分の身を守るために自分より下の階層の者をつくろうとする。

耐え難い日々の中で生き残るために人間が、とりわけ子どもたちが支えにすべき普遍的なものは「夢」。宇宙飛行士になるという夢を捨てず前向きなエルマーに、周囲の子どもたちも生きる勇気を得ていく。

施設からの脱出を試みるエリックとエルマーの兄弟に待ち受ける運命に心を痛め、強大な悪と弱小な正義の対決に怒りと悲しみがないまぜになった感情が沸き上がり、子どもたちの勝利を願わずにいられなくなる。

大人の築いた壁にどんなに跳ね返されようとも、夢が生を肯定してくれることを、現実にもとづくリアルさとフィクションとのバランスをうまくとりながら、ドラマチックに示してくれる。しんどい気持ちになるけれど、感動できる作品。

ところで疑り深い自分は、夢を持つくらいで本当に辛い日々に耐えるのかしら、と思いそうだったけれど、2016年8月に『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』を見ていたお陰で、ストンと腑に落ちた。

この映画では、ナチスの強制収容所の生き残りレオン・ズィゲル氏本人を招いて子どもたちに体験を語ってもらうシーンがある。演技指導は一切なく、台詞もつけておらず、ズィゲル氏が自らの言葉で語っている(このシーンを見るためだけでも、見る価値のある映画です)。

生徒の「生きる希望は何だったのか?」との質問に対し、ズィゲル氏は「ここで生き残ったら、女の子に自慢できるぞ、という小さな事」だったと。そして「どんな些細なことでも、生きる力となる」と。

子どもが夢中に語ることは、荒唐無稽で、非現実的で、どんなにつまらないと感じることでも、否定してはならない。それは生きるだけで精いっぱいな日々ではなくとも、大人が絶対に守らなければいけないことなのだろうと思う。

●物語(50%×4.5):2.25
・グッとくる。宇宙飛行士になる夢の生かし方が上手い。

●演技、演出(30%×4.0):1.20
・エルマーの宇宙服のシーン、しみる。

●映像、音、音楽(20%×3.5):0.70
・落ち着いた雰囲気の映像が好き。
flare

flareの感想・評価

4.0
2017/8/20 YEBISU GARDEN CINEMA
>|