きっと、いい日が待っているの作品情報・感想・評価

きっと、いい日が待っている2016年製作の映画)

Der kommer en dag/The Day Will Come

上映日:2017年08月05日

製作国:

上映時間:119分

4.0

あらすじ

1967年、コペンハーゲンの養護施設を舞台に、実際に起こった愛と奇跡の物語です。労働者階級家庭の兄弟、13歳のエリックと10歳のエルマーは、病気の母親と引き離され、男児向け養護施設に預けられるが、施設では、しつけという名のもとの体罰が横行していました。エリックたちは慣れない環境に馴染めず、上級生たちからイジメの標的にされてしまいます。ある日、叔父が「一緒に暮らそう」と施設を訪ねてくるが、ヘック校…

1967年、コペンハーゲンの養護施設を舞台に、実際に起こった愛と奇跡の物語です。労働者階級家庭の兄弟、13歳のエリックと10歳のエルマーは、病気の母親と引き離され、男児向け養護施設に預けられるが、施設では、しつけという名のもとの体罰が横行していました。エリックたちは慣れない環境に馴染めず、上級生たちからイジメの標的にされてしまいます。ある日、叔父が「一緒に暮らそう」と施設を訪ねてくるが、ヘック校長に一蹴されてしまい、悲観したエリックとエルマーは施設からの逃亡を図ろうとするが―。

「きっと、いい日が待っている」に投稿された感想・評価

koma2chan

koma2chanの感想・評価

3.8
養護施設の校長及び職員が全員クズでムカつきます。
虐待が酷過ぎで観てて気分悪くなります。
役所の検査官が頼もしいです。
私の好きな準新作縦置きコーナーにたった3本だけ。キレイであまり借りられてもいない様子…

勿体無い!!!!!

この映画があることをまず何より知って欲しい。

過剰に感動を誘う演出は無いからこそ余計に心に刺さるものはあるが必ず希望があると信じて、少年たちと一緒に乗り越えたラストは皆さん書かれているように「ショーシャンクの空に」の如き。

涙は出ないけど、心で何度も何度も泣いた。
O2

O2の感想・評価

4.0
60年代のデンマークの児童養護施設で起きた実話を基にしている作品であるそうなのですが、あまりに辛過ぎて幼い兄弟の涙に貰い涙するシーンが多々ありました…
ショーシャンクの空にと少し似ているなと思いました。
がい

がいの感想・評価

4.0
養護施設の物語なのに思い浮かべたのが刑務所やら少年院映画そして戦争捕虜映画
しかも実話ときてるから呼吸困難 息苦しい
マッツ兄がまたもうスタイル含め全て良し
こんな役どころ初めて見たかもしれない そもそもマッツ兄の映画出演作品が少な過ぎる もっともっと名脇役でイケると思うが
あ〜〜たまにはマッツミケルセンのこんな役柄を観てみたい!!が最大。
Sharkyyy

Sharkyyyの感想・評価

3.7
実話に基づく話。
こんな事が実際にあったなんてゾッとする。
苦しい現実の中、支え合う兄弟の姿がなんともいえない。
こんな悲惨な事が実際にあったとは…

本来であれば大人は子供の健全な成長への支援をしなければならないのに、養護施設のヘック校長や黙って見てた職員は本当に救いの無い大人、支援者であると見ていながら憤りを感じざるを得なかった。
そのなかでもハマーショイ先生のような大人がいたことは不幸中の幸いではあるが、問題が発覚するまでに子供達が受けてきた身体的苦痛は後遺症が残るほどに悲惨なものと考えると、ヘック校長を率いる職員たちは地獄に落ちたって許されることではないと感じた。
kaede

kaedeの感想・評価

4.0
涙!涙!涙!
60年代の児童養護施設での実話を元に作られた話。いろんなことに好奇心を持って、楽しいはずの幼少期を大人たちに抑圧され、、生き延びるためには自分の存在を消すしかないとまで思わせる…そんな教育があったなんて信じられない。
こんな境遇の中、兄弟の勇気ある行動と兄弟愛に感動した。間違ってるものに対して間違ってると主張することは簡単なことではないんだろうけど、間違ってると気付きながらも流されるような大人にはなりたくないって思った。
カオリ

カオリの感想・評価

3.5
ある意味胸糞映画
子供への虐待シーンがいっぱいで、事実を基にしたってことを知ると、胸が痛い

心を閉ざした目をしてるけど、心の中でメラメラ燃える炎…
決して折れない心を持っててくれてよかった。

彼らが、自分から発言し、他の人を思いやれる人であり、何より今幸せである事を切に願う
みるか

みるかの感想・評価

3.9
デンマークの児童養護施設を舞台にした実話に基づくお話。
あまりにも酷い描写が多く、怒りとやるせなさで胸が苦しくなった。幼い兄弟2人を抱き締めてあげたいと何度も思いました。
それでも、後半にエルマーがお兄ちゃんの為に自ら立ち上がるシーンはエルマーの強さを感じた。凄く勇気がいる行動だと思うし、誰にでも出来る事では無いと思う。
2人の幼い兄弟に勇気を貰いました。
辛い話だけど少しでも多くの人に観て欲しいと思った。
スケールは小さいが子供版ショーシャンクはしっくり来る。
取り巻く大人がバカだろうとクズだろうと子供は育つ。嫌なものを嫌だと臆せず言えた瞬間に大人と子供の境界が消える。その点で言えば劣悪な環境で育った人は器がでかい(下克上した場合)。
最近聞いた話だと転生回数が多く、天界へ昇格間近な魂ほど最終試練として過酷な環境に生まれるらしい。そんな気はする。
>|