あなたの旅立ち、綴りますの作品情報・感想・評価・動画配信

「あなたの旅立ち、綴ります」に投稿された感想・評価

IGA

IGAの感想・評価

3.7
良く綴られるために生きるのか。
自分らしく生きて、ありのままを綴られたいのか。

大事なのは、自分らしく旅をして、
後悔なく旅立つこと。
m

mの感想・評価

4.0
ワイルドカードイケてる
インターン、ポテンシャル高くて有能すぎ
年齢を超えた3人の結束感半端ない

信念を持ち貫くって大事
思考を変えて行動に移していく過程が大好き

わたしも自分の訃報書こうかな…
ambition neutered by self doubt
老害バーさんが死期を知ったこときっかけで自分の人生を振り返り,最後だけは善人たれという姿を描いた・・・とは趣が異なる作品でした.こんばんは三遊亭呼延灼です.
一言でいうなら,「燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」でございます.
半世紀ほど前,ハリエット・ローラーという自分に絶対的自信があり,また事実極めて有能な女性が広告会社を起業します.女性の経営者が珍しい時代.あたかも砕氷船が氷海を砕きつつ航海するように,偏見や差別そして困難を破砕しながら会社を大きくしていきました.ですが,その自負故に老いたる現在は他人への評価が厳しい偏屈な人として認識され,邸宅にただ一人という生活を送っています.ある日お悔やみ記事を目にし,自身の訃報記事を生前に完成させる事を思いつきます.そこで新聞社を訪ね,訃報を専門とするアンに作成を依頼しますが・・・
そのアンは訃報記事を職としていますが,手帳にエッセイを書き綴りいつか出版を,という夢があります.しかし幼少期に母親に捨てられた出来事が,自分が原因ではと心に痼になり自信がもてずにいます.

自己肯定の塊であるハリエットさんと,失敗を恐れ一歩を踏み出せずにいるアンさん.二人の紡ぎ綴る言葉と物語はとても心地よいものでした.二人だけではなく,新聞社の編集長,ラジオ局のオーナー,ハリエットさんの元部下等々,交わされる言葉の数々がとても心地よかった.脚本のスチュアート・ロス・フィンクさん.IMDBで確認しましたが,本作の脚本のみがクレジットされてらっしゃる.才能あるんだから,もっと書けばよろしいのに.ってIMDBのあらすじって日本語表記できるんですね.今知りました.
言葉といえば,原題のThe Last Word.ハリエットは眠るように亡くなり辞世の言葉を残しませんでした.であるならLast Wordとはアンの弔事を指すのでしょう.実際アンの言葉そのものが,ハリエットを表す最上の言葉だったと存じます(斎場だけにね!).そこでアンは言います.「ハリエットは人の可能性を信じた」と.そう,他人に厳しかったハリエットですが,それを乗り越え自身と共にある人を認める人物でした.それが証拠にアンや,施設にいたお子のブレンダに与えた助言は的確であり,示唆に富むものでした.そればかりではなく,81歳でDJにトライするなど,ハリエットは人生を楽しむ事を忘れない人物,さらには失敗を恐れない人柄としてアンは言葉を紡ぎます.そのハリエットに影響されたアンとブレンダが新たな一歩を踏み出したのは言うまでもありません.

いつも以上に表現がくるくる回るアマンダ・セイフライドさん.2017年には本作を含めあと三本(うち一本はリブートのツイン・ピークス)という多忙ぶりで,しかもそんな繁忙期が現在も継続し,どっかのニ○ラ○・ケ○ジみたく高確率ハズレ馬券というわけでもありません(Jiu Jitsuはホント酷かった).
えっおまえさんも与太話ばっかしてないで,弟弟子の朱貴を見習って高座上がんなさいですって.残念でしたぁぁぁ,上がりたくても呼んでもらえないんですぅぅぅぅ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ナイテナイカラダイジョウブ
偏屈で孤独な金持ちおばあちゃんが
周囲を巻き込み背中を押す。

3人でのドライブシーンは爽快。
かなり自分で物事を決めたがる広告会社の創業者の婆さんと、訃報記事を書きながらも自分のやりたいエッセーを書くということが出来ない女の物語。

憎たらしい婆さんだが、”思い切って、自分のやりたいことをやる”という大切さを教えてくれた!
山南

山南の感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

仕事が出来るのに周りとの協調性に欠ける為、孤独な晩年を過ごしていたハリエットの哀愁が切なく、その後、思い付きでアンと出逢った事から始まる物語。

ブレンダの存在も良かった。
ハリエットのお葬式で、アンとブレンダと撮影したスリーショットの写真が飾られていて、涙腺崩壊。
さやか

さやかの感想・評価

3.7
頑固なお爺さん系いっぱいあるけど
今回はお婆さんやけどとても良かった

訃報記者?!色んな仕事あるなぁ
人の人生の一部始終知れて楽しそう〜!
自分の人生をまとめてみてほしいなって思った

ハリエットのやりたい事をすぐに実現できるの凄い
おみそれした👏🏻( ´・֊・` )かっこよすぎか
いつの間にかブレンダが懐いてて可愛いw

娘との再会勝手にこっちまで喜ばしかったのに
何してんの(′-′ )自分が娘でも帰るわw

ブレンダに言葉遣いは注意するのに
自分はポイ捨てするの引っかかったけど
テーマ・ストーリーは好みだが、なんかハマらなかった。成功者だが高飛車で我が強い嫌われ者と、有能だが今一歩吹っ切れない訃報ライターの成長物語。いや、なんでだろう?絶対好きなはずなのに…。撮り方と演出が平坦すぎるのか…。
ポチ

ポチの感想・評価

3.8
自らの死を間近にしたハリエット✩.*˚
彼女の誤解されやすい態度と性格に、1人で日々を過ごしていた( ˙ᒡ̱˙ )

そんな時に出会った訃報ライターのアン✨彼女の依頼に、はじめは嫌々だったけど……同じ時間を過ごす事で、彼女を理解していく( ᵒ̴̶̷᷄௰ᵒ̴̶̷᷅ )✨
そりゃぁ~イライラする事もあったかもしれないけど、あれもこれも最終的には憎めないから不思議だ‪𓂃 𓈒𓏸◌‬

年の離れた3人の女性達が、これからの人生の変化を迎えるきっかけになる作品🎶
ハリエットの最後も良かった‪𓂃 𓈒𓏸◌‬

とっても素敵な作品でした✩.*˚
m

mの感想・評価

4.2
上映当時に映画館で見て、涙も出るけどすごく元気が出て明るい気持ちになれた映画。
>|