はじまりはヒップホップの作品情報・感想・評価

はじまりはヒップホップ2014年製作の映画)

Hip Hop-eration

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

ニュージーランド・ワイヘキ島。のどかな島で誕生したダンスグループの平均年齢はなんと83歳! 94歳のスターダンサーに元軍曹、主婦歴70年のベテラン、杖が相棒の人もいれば、目がほとんど見えない人も…超個性的なメンバーたちは、振り付けを決めるのも一苦労。 そんな彼らの目標は、エンターテインメントの最高峰・ラスベガスで行われる世界最大のヒップホップダンス選手権に出場すること! 耳慣れないリズムに…

ニュージーランド・ワイヘキ島。のどかな島で誕生したダンスグループの平均年齢はなんと83歳! 94歳のスターダンサーに元軍曹、主婦歴70年のベテラン、杖が相棒の人もいれば、目がほとんど見えない人も…超個性的なメンバーたちは、振り付けを決めるのも一苦労。 そんな彼らの目標は、エンターテインメントの最高峰・ラスベガスで行われる世界最大のヒップホップダンス選手権に出場すること! 耳慣れないリズムに、昔のようには動かない体。ひざも痛いし、持病もある。旅費もないし、パスポートもない。前途多難ではあるけれど、それでも彼らには“勇気”がある。悪戦苦闘もジョークで笑い飛ばしながら、夢のために一直線に進んでいく! ニュージーランドで公開されるや否や「世界最高齢ダンスグループ」の奮闘に感動の声が続出、各国のドキュメンタリー映画祭から上映のオファーが殺到、サンタバーバラ国際映画祭では観客賞を受賞! 「今が一番楽しい!」と語る前向きでチャーミングな彼らの姿に、元気をもらえること間違いなし! いくつになっても、心は歳をとらない。笑って、泣いて、心踊る!!世界を笑顔で包んだ最高のドキュメンタリーが日本上陸!

「はじまりはヒップホップ」に投稿された感想・評価

PON

PONの感想・評価

3.8
おじいさん、おばあさんが輝いていた。

こう言った形で若者と交流が生まれればどちらにとっても良いのになぁと思えた。

まだ若いのに歳を気にして嘆く日々を一蹴してくれた映画。
おばあちゃん、おじいちゃん、可愛い!!

新しいことに挑戦するその姿は美しいな。でもこれはヒップホップなんかなw?
MioIda

MioIdaの感想・評価

4.0
ドキュメンタリー映画
新しいことに挑戦して楽しむ姿はそれだけで人に希望と感動を与える、てことを、改めて感じた映画。
高齢のダンサーも若者のダンサーも、お互い敬意を持って交流してて素敵。
Kism

Kismの感想・評価

3.5
めっちゃドキュメント!知らんやったー
なんかヒップホップのダンスなのか?とわからないけど、しよう!って思う事がすごい。みんなポジティブ
最後に実際の映像が流れてその時のおばあちゃんと会場の一体感に圧倒されました。
chiho

chihoの感想・評価

3.5
無謀‼︎
でも、人生無謀じゃない事ばかり選んで、どうせ死ぬのに生き惜しみなんかする方が勿体無い!と思わせる映画。

腰の手術チームという、ヒップポップにかなりケンカを売った名前をつけて、高齢者ダンスグループは創設される。

年寄りはこういうもの、という概念って、一体何の役に立っているのかしら?と思う。

年をとったら、静かにして、無茶なことはしないで、まして手術した人は絶対転ばないように!
なんて、死ぬまで毎日死体ごっこしてろって言われてるようにも思える。

「生きてるって?」

この問いは、もはや年代を越えた普遍のものとなった。
この問いに答えるには、この腰の手術チームのように、なるべく多くの誰が作ったかわからない謎の「とらわれ」から自分を解放するしかないのだ!

ダンスシーンは、泣けます!

生きて!
みんなで一緒に生き切ろう!
と感じた映画でした。
加山雄三氏が以前、『僕がラップをすると、”お経”みたいになるから(笑)』と、『何かでコメント』していました。

『非常に謙虚』で、『若い感性』を持つ、『寛容な人』だと思います。

でも、本作を鑑賞し、『加山さん、あなたなら、ラップできますよ!』と、言いたくなりました。

『若者の文化』を受け入れ、『素直に吸収』していく姿勢は、心から”リスペクト”です。

『若者のラップ』に合わせて、『老人が踊る』という、『素敵なコラボ』を見せてくれます。
作中何度涙が出たかわからない程
最高の作品でした。
もっと長編にして個人のこともっと知りたかった。

"ダンスをしながら死にたいわ"

"新車を購入したいと考えてたけど、やめたわ。だって私はベガスに行きたいもの"

いつまでもそんな風でありたいなと思いました。
aya

ayaの感想・評価

3.7
記録
>|