はじまりはヒップホップの作品情報・感想・評価

はじまりはヒップホップ2014年製作の映画)

Hip Hop-eration

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

ニュージーランド・ワイヘキ島。のどかな島で誕生したダンスグループの平均年齢はなんと83歳! 94歳のスターダンサーに元軍曹、主婦歴70年のベテラン、杖が相棒の人もいれば、目がほとんど見えない人も…超個性的なメンバーたちは、振り付けを決めるのも一苦労。 そんな彼らの目標は、エンターテインメントの最高峰・ラスベガスで行われる世界最大のヒップホップダンス選手権に出場すること! 耳慣れないリズムに…

ニュージーランド・ワイヘキ島。のどかな島で誕生したダンスグループの平均年齢はなんと83歳! 94歳のスターダンサーに元軍曹、主婦歴70年のベテラン、杖が相棒の人もいれば、目がほとんど見えない人も…超個性的なメンバーたちは、振り付けを決めるのも一苦労。 そんな彼らの目標は、エンターテインメントの最高峰・ラスベガスで行われる世界最大のヒップホップダンス選手権に出場すること! 耳慣れないリズムに、昔のようには動かない体。ひざも痛いし、持病もある。旅費もないし、パスポートもない。前途多難ではあるけれど、それでも彼らには“勇気”がある。悪戦苦闘もジョークで笑い飛ばしながら、夢のために一直線に進んでいく! ニュージーランドで公開されるや否や「世界最高齢ダンスグループ」の奮闘に感動の声が続出、各国のドキュメンタリー映画祭から上映のオファーが殺到、サンタバーバラ国際映画祭では観客賞を受賞! 「今が一番楽しい!」と語る前向きでチャーミングな彼らの姿に、元気をもらえること間違いなし! いくつになっても、心は歳をとらない。笑って、泣いて、心踊る!!世界を笑顔で包んだ最高のドキュメンタリーが日本上陸!

「はじまりはヒップホップ」に投稿された感想・評価

Mai

Maiの感想・評価

-
No.5 /4000

Age is just a number. It can't limit you.

私の母は美容師。たまに老人ホームに行って老人たちの髪を切っている。私もアシスタントとして同行したことがあるんだけど、その時にお話ししたおばあちゃんのことを思い出す映画だった。そのおばあちゃん、私と話している最中に涙をこぼしたのね。「一緒にお話しができて嬉しかった」って。
カットが終わってバイバイした後、そのおばあちゃんがまた近づいてきて、ティッシュの包みをくれたのよ。開いてみるとキャラメルが入ってた。本当に嬉しかった。

「死ぬ直前に『生まれてよかった』と思ってほしい。」
「冥土の土産をたくさん持たせてから、あの世へ送り出したい。」
人と、特に老人と接するときにこう思う。
私も老人と一緒に何かしたいと思える映画だった。
Yut

Yutの感想・評価

3.0
ドキュメンタリーだったかー
だんすの出来はあれだけど
おばちゃん達が楽しんでるってのがみんなの拍手をよんだのかな
でも
素敵ってかんじ
K

Kの感想・評価

4.1
ニュージーランドで結成された、最年少が73歳の世界最高齢のダンスグループが、ラスベガスで開催された世界最大のヒップホップ・ダンス選手権に参加した姿を追ったドキュメンタリー。

メインメンバーの若かりし頃の思い出が実際の写真と本人の語りによって描かれているシーンからは、改めて歳を重ねるということはたくさん経験をすることであって、できないことが少なくなることでは無いということを学べる。老いても新しいことに挑戦できる、彼らのようでありたいと思う。

振付の先生も素晴らしい。ヒップホップの知識は無くとも、老人たちをモチベートし、よりよく生きるための助けてとしてダンスを教えるというアイディアも、生徒たちとの関わり方も素晴らしい。

この映画に登場するすべての人々のポジティブなエネルギーが本当に素晴らしい!!リアルな言葉もすごく心に響く。
最高年齢は94歳のおじいちゃん、おばあちゃんチームがヒップホップの世界大会に挑戦しにいくドキュメンタリー!

もうみんな可愛すぎる!笑
海外の施設とか行ってみたいな!
めっちゃ楽しそうや!笑
yoshis

yoshisの感想・評価

3.0
歳を取っても挑戦し続けるのはすごい。何より人生を楽しんでる。こういう歳の取り方をしたい。
まえーに見たけど、ラップかと思ったらヒップホップダンスやった。しかもドキュメンタリー。
おもしろかったけどね。
audrey

audreyの感想・評価

3.8
初めはドキュメンタリーとは知らず、ちょっと不思議な感じで見てたけど、最後は勇気をいっぱいもらえた。いつまでも好奇心を失わない彼女達みたいなおばあちゃんになりたい!
ドキュメンタリー特有の心地良さがあります。

例えるなら、「陽だまり」みたいな感じ?

おじいちゃんとおばあちゃんが イキイキとしている姿は とっても微笑ましくなりますよね。そんなシーンがギューッと詰まった作品です。


ヒップホップで世界大会に出ちゃうってのが注目を集めた理由なんだろうけど、そんなことはどうでもいいんです!(乱暴、笑)

実際の見どころも ヒップホップではなく、おじいちゃん、おばあちゃんの生き様ですd(*´∇`*)

おじいちゃん、おばあちゃんのインタビューは 若い頃から始まって今に至る感じで それぞれの人生を垣間見ることができます。

やっぱりあれだけ生きていれば どんな話もドラマがあるんですよねー。ステキな思い出話が展開されます。

そして、その思い出話をしながら コーヒー飲む手がぶるぶる震えてたり、料理の時に包丁もぶるぶる震えていたりして、やっぱり年老いることって大変だなぁーって思ってしまいました(^-^;

それぞれの人生があって、90歳近くまで生きて、大変なこともあるけど、今も尚楽しんでいる生き様にみんなが心を打たれているんですよね(^Д^)


みんな、こういう老人になろうよ!

そう言われている気がします(^-^)

この点数なのは ものすごいドラマ性があるわけでもないですし、感動的に何かを成し遂げるわけでもなく、どこにでもありそうなコミュニティにいる老人のお話だから。笑

おじいちゃんおばあちゃんの話を聞いて 微笑みたい気分になった時に見てみましょう!

ヒップホップやダンスが好きな人というよりは、おじいちゃん子やおばあちゃん子だった人にオススメできる一本かな。
年を重ね、知恵がついても自分の本質は変わらない。16歳や25歳、32歳と同じ。今後の人生に勇気をもらえる映画だなあ。
yurina

yurinaの感想・評価

3.7
自分が90歳になったときに同じように行動出来るかって考えたらやっぱり凄いなぁと感動。パワフル。ヒップホップネームが可愛い
>|