はじまりはヒップホップの作品情報・感想・評価

はじまりはヒップホップ2014年製作の映画)

Hip Hop-eration

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

ニュージーランド・ワイヘキ島。のどかな島で誕生したダンスグループの平均年齢はなんと83歳! 94歳のスターダンサーに元軍曹、主婦歴70年のベテラン、杖が相棒の人もいれば、目がほとんど見えない人も…超個性的なメンバーたちは、振り付けを決めるのも一苦労。 そんな彼らの目標は、エンターテインメントの最高峰・ラスベガスで行われる世界最大のヒップホップダンス選手権に出場すること! 耳慣れないリズムに…

ニュージーランド・ワイヘキ島。のどかな島で誕生したダンスグループの平均年齢はなんと83歳! 94歳のスターダンサーに元軍曹、主婦歴70年のベテラン、杖が相棒の人もいれば、目がほとんど見えない人も…超個性的なメンバーたちは、振り付けを決めるのも一苦労。 そんな彼らの目標は、エンターテインメントの最高峰・ラスベガスで行われる世界最大のヒップホップダンス選手権に出場すること! 耳慣れないリズムに、昔のようには動かない体。ひざも痛いし、持病もある。旅費もないし、パスポートもない。前途多難ではあるけれど、それでも彼らには“勇気”がある。悪戦苦闘もジョークで笑い飛ばしながら、夢のために一直線に進んでいく! ニュージーランドで公開されるや否や「世界最高齢ダンスグループ」の奮闘に感動の声が続出、各国のドキュメンタリー映画祭から上映のオファーが殺到、サンタバーバラ国際映画祭では観客賞を受賞! 「今が一番楽しい!」と語る前向きでチャーミングな彼らの姿に、元気をもらえること間違いなし! いくつになっても、心は歳をとらない。笑って、泣いて、心踊る!!世界を笑顔で包んだ最高のドキュメンタリーが日本上陸!

「はじまりはヒップホップ」に投稿された感想・評価

YoshiMia

YoshiMiaの感想・評価

3.6
"I'm just having a wonderful time"

平均年齢84歳のご老人達がヒップホップダンスグループを組んでラスベガスの世界大会に出場するお話。実話。
「ヤング@ハート」
というヒップホップを"歌う"老人グループのドキュメンタリーは
魂を揺さぶられたので
類似のニオイがして鑑賞。



歌うならまだ肺への負担?
だけで体力的にマシかなぁ、と思うけど
こちらはダンス!!


え、そんな肩急に上げて大丈夫?
明日から一生上げれなくならない?
(´;ω;`)(´;ω;`)
と見ていて心配でしょうがない笑



個人的にはヤング@ハート
の方が好きでした。
やっぱり音楽の方が
心揺さぶられやすいんだろうなぁ

それに
ボランティアで刑務所に
ショーをしに行ったりしてて
より人の役に立って感じたからかな。




でも今作も
踊りながら死にたいと
真っ直ぐな目で語るおばあちゃんと
仲間の為なら、と
スッとクレジットカードを渡せちゃう関係に

私も将来こうありたいなぁ、
と強く思いました。



最後の最後のシーンで

94才の最年長ダンサーが
ベガスまで来てこんな所で何してるんですか!
と聞かれた時

"ただ時を楽しんでるのよ"

と答えたシーンでは全身が身震いした。




将来に希望が持てなくなった時にどうぞ!
怖いもの見たさで借りたはずやけど、めちゃ感動してしまった。

表情が良い。

94歳でここまでやれるのか?と驚かされるドキュメンタリー。

脚本の無い画で「ダンスをしながら死にたい」なんて言葉が出てくるとは。
shuco

shucoの感想・評価

5.0
なぜだかわからないけど涙が止まらない作品。
先生が素人さんってことにも驚かされるけど、お年寄り好きなとても前向きな女性。
若い人たちの何の濁りもない応援も素晴らしいし、もちろん主人公さん達の姿にも元気をもらえた。
ほらぁ~だからさ、アタシにコレ良いって言わないでって言ってんじゃん。余計な期待をもって観ると、期待がでかすぎて失速する。( ̄ー ̄;

おかしいなぁ…アタシにBINGOのはずなのに。中盤にちょっとだれた。後半に向かっては「いいよぉ~じいちゃん、ばあちゃん頑張ってぇ~!」ってなるんだけどね。

いくつになっても挑戦することは良いことだ。こんな風に年を取って、毎日を楽しんで生きていければ…幸せだね。

H29.10.09 鑑賞
chako

chakoの感想・評価

3.0
ドキュメンタリーと知らずに身始めて、実在するおばあちゃんたちだとわかってびっくり!
みんなすごく輝いてて、かわいくて、楽しそうで、仲良しで、すてきなおばあちゃんたち。
いつか生でヒップオペレーションのダンス見てみたいな。
ちぃ

ちぃの感想・評価

3.8
自分の中でいつの間にか決め付けていたものを覆された時の人間は弱い。老人がヒップホップなんて……無謀すぎると思うけれど、それを覆えすほどのパワーが彼ら、彼女らにはあった。

TJ含むメンバーがお年寄りのヒップホップを見た後1週間以内に自分の祖父母を訪ねたっていうのが1番好き。本当に可愛い。
最高齢96歳のご老人擁する
ニュージーランドのとある島で活動する
HIPHOPクルー"HIP OP-ERATION"
そんな彼らの
ラスベガスで開かれるHIP HOPダンス世界大会へ向けた挑戦ドキュメント。
このDVDをレンタルショップで偶然見かけ、なにげなく手に取りました。

時折、涙しそうになりながら鑑賞しました。
人はいくつになっても
挑戦する気持ちが大事だということ
年齢は関係ないんだということを
改めて認識させてくれる
そんな映画になりました。


劇中では
一部の方たちの半生が
写真や本人の述懐で少し描かれていて
その生き方も興味深かった。
戦争や災害、結婚などを通して経験されたそれぞれの半生が色濃く映し出されます。

そんな彼らの半生や挑戦を通じて
「好き」という気持ち、出会いが
人生を豊かにするんだと再認識できました。


自分が感動したこと、
心動かされたことには
真っ直ぐに言葉や態度で示す
外国の方たちの姿勢、やっぱり憧れます。
若いクルーとHIP OP-ERATIONクルーの
交流がとても温かで気持ちよかった。

また、
若者たちの文化に触れたいとHIP HOPの世界に飛び込んだ
ご老人たちのその心意気が
本当に素敵だなと感じました。

月並みですが
歳を重ねても
好きなものに正直に真っ直ぐな自分でいたいなと思ったし
挑戦する気持ちが人を若々しくさせるんだと改めて思いました。
ないてしまった…


ストーリー
ニュージーランドの小さな島で結成された、世界最高齢のヒップホップダンスクルー「ヒップ・オペレーション」
平均年齢83歳という異例のダンスクルーが、世界大会を目指す姿を追うドキュメンタリー。


コーチのビリーが、「新しいことにチャレンジしてほしい」という思いで発足したヒップホップダンスクルー。
世界大会での特別出演を打診し、検討してもらうため練習風景を送ったり、PVを作ったりして注目を集めるため奔走する。
登場人物ひとりひとりに、当たり前だけど人生の物語があり、さわり程度にだが本人が写真を交えながら自分の思いを語る。
パスポートも旅費もない、あるのは老いた体と持病だけ!と、問題に直面しても笑っている老人達。
強いなあと心から思った。
みんなで助け合って、絶対に諦めなくて、それがみんなに受け入れられて、本当に感動して涙がボロボロ出た。

最初はストーリーとジャケしか知らなかったため、ドキュメンタリーだと思っておらず、
ドキュメンタリーがあんまり得意ではないので苦手意識を捨てきれなかったけど、最後にはそんなのどうでもよくなるくらい感動した。
優しさと強さが混じった良い映画だったと思う。
りたお

りたおの感想・評価

3.5
予告でみかけて、それだけで泣きそうになって気になってたやつ。
ドキュメンタリーだから上手くいくことばかりじゃないよなと思いつつ、ラストはやっぱり感動した。
おばあちゃん達が旦那さんのことすごく愛してるって語ってるのがすごく素敵だった。本当に憧れる。

PVみたいな作ってたやつ、編集がめちゃかっこよかったw
stkichi

stkichiの感想・評価

3.5
ベタの極みだけど、何歳でも、何でも始められるよね。そして外国の皆さんはとっても盛り上げ上手。
>|