はじまりはヒップホップの作品情報・感想・評価

はじまりはヒップホップ2014年製作の映画)

Hip Hop-eration

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

ニュージーランド・ワイヘキ島。のどかな島で誕生したダンスグループの平均年齢はなんと83歳! 94歳のスターダンサーに元軍曹、主婦歴70年のベテラン、杖が相棒の人もいれば、目がほとんど見えない人も…超個性的なメンバーたちは、振り付けを決めるのも一苦労。 そんな彼らの目標は、エンターテインメントの最高峰・ラスベガスで行われる世界最大のヒップホップダンス選手権に出場すること! 耳慣れないリズムに…

ニュージーランド・ワイヘキ島。のどかな島で誕生したダンスグループの平均年齢はなんと83歳! 94歳のスターダンサーに元軍曹、主婦歴70年のベテラン、杖が相棒の人もいれば、目がほとんど見えない人も…超個性的なメンバーたちは、振り付けを決めるのも一苦労。 そんな彼らの目標は、エンターテインメントの最高峰・ラスベガスで行われる世界最大のヒップホップダンス選手権に出場すること! 耳慣れないリズムに、昔のようには動かない体。ひざも痛いし、持病もある。旅費もないし、パスポートもない。前途多難ではあるけれど、それでも彼らには“勇気”がある。悪戦苦闘もジョークで笑い飛ばしながら、夢のために一直線に進んでいく! ニュージーランドで公開されるや否や「世界最高齢ダンスグループ」の奮闘に感動の声が続出、各国のドキュメンタリー映画祭から上映のオファーが殺到、サンタバーバラ国際映画祭では観客賞を受賞! 「今が一番楽しい!」と語る前向きでチャーミングな彼らの姿に、元気をもらえること間違いなし! いくつになっても、心は歳をとらない。笑って、泣いて、心踊る!!世界を笑顔で包んだ最高のドキュメンタリーが日本上陸!

「はじまりはヒップホップ」に投稿された感想・評価

mayuchi

mayuchiの感想・評価

3.6
【2017年153作目】

本作は、おじいちゃん おばあちゃん達がヒップホップの大会に出る!という目標を掲げ、練習に励む様子のドキュメンタリー。

本作と一緒に名が挙がる作品として、おじいちゃん おばあちゃん達が力強く頑張っている様子が観られる『ヤング@ハート』がありますね。
どちらも私は元気付けられた作品です。

この両作品共ドキュメンタリーなんですが、より本作の方がドキュメンタリー感が強く出ているかと思います。
なので少し淡々と進んでるような箇所もありますが、これで正解だと感じました。

しかしこの様な作品を観ていて思うのですが・・・私より元気だし、バイタリティーに溢れてるし、生き生きしているなと(^_^;)
「もう年だし」とか「あちこち痛いし」とか言い始めるお年頃の方には是非観て頂きたい!
「負けてられない」と元気や勇気を貰える作品です。

何より温かい気持ちになるので、私はこの様な作品は大好きです(´∇`)
mao

maoの感想・評価

4.8
ドキュメンタリーだからこそ伝わる緊張感がすごくよかった🔅
考え方が素敵な人ばかりで、幸せな気持ちになるし、何が起きても長く生きられることは大切だと思った
おばあちゃんたちが、ステージに出て行って整列するだけで観客のスタンディングオベーション。その光景だけで目頭が熱い!

冗談ではなく、健康面が作品のスリルとなっている。無理しないでー(>_<)
クラゲ

クラゲの感想・評価

3.5
読書ノート[10]

「はじまりはヒップホップ」観た。

若者文化に近づいたお年寄りとそれを敬意を持って受け入れた若者。

その交流とスタンディングオベーションに泣きそうになった。

同業者としては作品には映ってない苦労も大いにあるだろうなとは思うけど。

ただ、どのばーちゃん、じーちゃんもキュート♡イェー!!
たくや

たくやの感想・評価

3.1
ヒップホップと言っても平均年齢が83歳なんだから普通にヒップホップは踊れない。気持ちはヒップホップと言うことなのか?ヒップホップと言ってもラジオ体操くらいのゆっくりしたスピードのダンスだった。
高齢者の頑張りは称えたいが、ドキュメンタリーとしてはどの国の話でも同じ感じの内容で特筆すべき所がない普通のドキュメンタリー。
感じたのは高齢になった時にこれだけ前向きになれるのかどうか、自分には無理かもしれない。病気があると前向きにはなれないので、ラスベガスまで行くことでも素晴らしいと思うが、そこでダンスを踊る事自体が驚愕。
YoshiMia

YoshiMiaの感想・評価

3.6
"I'm just having a wonderful time"

平均年齢84歳のご老人達がヒップホップダンスグループを組んでラスベガスの世界大会に出場するお話。実話。
「ヤング@ハート」
というロックを"歌う"老人グループのドキュメンタリーは
魂を揺さぶられたので
類似のニオイがして鑑賞。



歌うならまだ肺への負担?
だけで体力的にマシかなぁ、と思うけど
こちらはダンス!!


え、そんな肩急に上げて大丈夫?
明日から一生上げれなくならない?
(´;ω;`)(´;ω;`)
と見ていて心配でしょうがない笑



個人的にはヤング@ハート
の方が好きでした。
やっぱり音楽の方が
心揺さぶられやすいんだろうなぁ

それに
ボランティアで刑務所に
ショーをしに行ったりしてて
より人の役に立って感じたからかな。




でも今作も
踊りながら死にたいと
真っ直ぐな目で語るおばあちゃんと
仲間の為なら、と
スッとクレジットカードを渡せちゃう関係に

私も将来こうありたいなぁ、
と強く思いました。



最後の最後のシーンで

94才の最年長ダンサーが
ベガスまで来てこんな所で何してるんですか!
と聞かれた時

"ただ時を楽しんでるのよ"

と答えたシーンでは全身が身震いした。




将来に希望が持てなくなった時にどうぞ!
怖いもの見たさで借りたはずやけど、めちゃ感動してしまった。

表情が良い。

94歳でここまでやれるのか?と驚かされるドキュメンタリー。

脚本の無い画で「ダンスをしながら死にたい」なんて言葉が出てくるとは。
shuco

shucoの感想・評価

5.0
なぜだかわからないけど涙が止まらない作品。
先生が素人さんってことにも驚かされるけど、お年寄り好きなとても前向きな女性。
若い人たちの何の濁りもない応援も素晴らしいし、もちろん主人公さん達の姿にも元気をもらえた。
ほらぁ~だからさ、アタシにコレ良いって言わないでって言ってんじゃん。余計な期待をもって観ると、期待がでかすぎて失速する。( ̄ー ̄;

おかしいなぁ…アタシにBINGOのはずなのに。中盤にちょっとだれた。後半に向かっては「いいよぉ~じいちゃん、ばあちゃん頑張ってぇ~!」ってなるんだけどね。

いくつになっても挑戦することは良いことだ。こんな風に年を取って、毎日を楽しんで生きていければ…幸せだね。

H29.10.09 鑑賞
chako

chakoの感想・評価

3.0
ドキュメンタリーと知らずに身始めて、実在するおばあちゃんたちだとわかってびっくり!
みんなすごく輝いてて、かわいくて、楽しそうで、仲良しで、すてきなおばあちゃんたち。
いつか生でヒップオペレーションのダンス見てみたいな。
>|