真犯人のネタバレレビュー・内容・結末

「真犯人」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ヒステリック女すぎて終始イライラしたし、なんでこんな女と結婚したんか理解不能
面白かった。あっという間に見れたけど、、、、。
ちょっと、犯行理由が弱いかも、、。
あと、浮気された旦那さんの登場が、取って付けたように感じてしまった。
まじか、、、。いやーーー、かなり後味悪いですわ。犯人は秒殺でわかりましたが。
後何と言っても時系列が前後したりするから見方が難しい。
牢屋から妻に俺を助けろとかお前だけだとか自分本意に言ってる旦那を見てクソだなーと思ってはいたけど、事実を知ったら更にクソで。更に嫁もクソで。ていうか皆んなクソで、、、。
旦那を無罪にして釈放させようとしてたけど、牢屋から出て来てもまたあのクソ旦那は不倫するよって話し。
最後旦那は、嫁の私物を見て嫁が犯人だって気づいたってことだよね?これまた後味悪いわー。
全てをなくしたヨンフンのこの先は悲しいけどもう獄中自殺しかないのではなかろうか。
本当ねぇ、クソだらけだったわ、、、。
長期休みの深夜とかにやっていそうな作品。あ、あと韓国語は本当に日本語にそっくり、というか単語とかがたまに同じなんだな。
まさかこんな結末だとは予想がつかなかった・・・
ハラハラドキドキ楽しめました!
誰だろうと気になってしまう作品でした。
時系列がコロコロ変わるので
たまに混乱する
そして最後に得するのは、、、
ちょっと虚しすぎる
辛口の感想です。
韓国ミステリ映画にある「後半で怒涛の伏線回収/ネタバレ」に忠実でした。かといってパラサイトほど社会問題を描くでもなく登場人物の詳細を明かすわけでもなく進んでいくため、後半に至るまでにやや中だるみ感があるのは否めませんでした。分かりにくいな、飽きちゃうなと思った構成は時系列が突然戻って過去の説明がちょくちょく入ることです。最初から見ていても主要登場人物の説明や関係性が何もないままストーリーが重苦しく進み「この人たちはどういう関係?」「どういう職業?」「なんの話をしているの?」と途中で?が止まらずそこから話に入りにくくなってしまいました。そして突然「過去にこういうことがあった」「実はこういう関係性」と匂わせる回想が差し込まれるので、お手洗いに席を外すとなおわからなくなってしまいます。
ミステリーでは珍しくない構成だと思うので私の好みの問題かも。


最後まで犯人を当てることができなかったので、犯人が誰かわからないように最後の最後まで持っていったこの映画はすごいなあと思います。ただあまりにも分からなかったので少しだけ伏線欲しかったです。あれば「ああ、あの時のあの行動、犯人だからこそしたわけね」となるのになぁ。
最後に犯人が明らかになって怒涛の説明で「おぉ、そうだったん...」と若干置いていかれた感があります。
でも冷たい雨の夜の映画にはぴったりでした。終始重苦しい雰囲気ですので、あったかい飲み物ともこもこパジャマなどで楽しめたらいいと思います!
妻を殺され犯人として親友が逮捕される。
事件の真犯人を探す主人公が、自らの手で真相を解き明かしていくサスペンス。

最後、真実を掴んだが全てを失った主人公が事件の犯人として逮捕される。
真実を話す気力を失い、せめて親友の子供を守るために黙秘を貫く主人公と出所して事件の真相を悟る親友。
この対比がなかなか後味悪くて、そこは非常によかった。
ただそこに至るまでが結構退屈で、それなりに激しいシーンもなんだか空滑りしていて、パズルのピースがはまっていくような謎ときの快感もなく、全然興奮しなかった。
2キルした嫁が一番悪いけど、そもそも引き金引いたクソ夫もなかなか反省してなくて胸糞系ムービー

不倫は良くないねぇ
自己中だねぇ
モラルないねぇ
ある夜、主人公の妻が殺害される。犯人は彼の親友で、妻とは不倫関係にあった。
それから半年、妻を失ったショックで塞ぎこんでいた主人公のもとに親友の妻が訪ねてきて、裁判で親友の無実を証言してほしいと懇願する。親友の殺害の動機に違和感をおぼえた主人公は独自に捜査を始め、事件の真相に関わるある男にたどりつく。裁判の期日が迫る焦りから、主人公はその男を自室に監禁して......という話。韓国映画。

タイトルどおり、真犯人の誰なのかの謎を愉しむ話なのだが、時系列を入れ替えたこともあり、とにかく分かりにくい作品。
主人公はかなり病んでいる様子だし、親友妻がヒステリックに喚くキャラクターなので落ち着いて事件のことを観客が考えられないのもイマイチだった。登場人物が限られているので、真犯人の候補が少なすぎる。そして誰が犯人でもおかしくないので驚きも少なかった。
オチもあんな真犯人の都合の良い展開になるのかなあと疑問に感じた。終盤主人公たちが部屋の中で事件の真相を大声で話しているのにドアの向こうにいる警察に聞こえていないのも不自然だった。

いくら捜査が終了した事件とはいえ、警察が事件の資料を被害者遺族にまるまる渡してしまうのはヤバイでしょう......
ある日妻が殺され、逮捕されたのは親友だった。
親友の妻と事件を調べ直すと、
ある男にたどり着く

犯人すぐに分かりすぎ

ただ、それまでの経緯が楽しめた。
でも、あのラストは納得いかない。
イライラするわ
>|