高津川の作品情報・感想・評価

高津川2019年製作の映画)

製作国:

上映時間:113分

3.6

あらすじ

「高津川」に投稿された感想・評価

daichaso

daichasoの感想・評価

1.5
地方の自然や伝統を守りたい気持ちは凄く伝わる。それらを映し出す映像も良い(鮎が綺麗だった)。だが、人物描写が表面的なのが残念。実際には地元が好きで嫌い、みたいなグレーな心境って多分にある。そこを描けないと、「地方は大切」と既に思っている人以外にはなかなか訴えかけられないと思う。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.1
ゆったりとした映画なので、眠くなってしまった。
凹凸のある映画が好きなので、物足りなさを感じた。
良かった点としては、都会で生まれ育ってきたので、劇中の田舎の景色はとても綺麗で印象に残った。
bnft

bnftの感想・評価

2.0
風土の描写は素晴らしく、役者の演技もよい。心情に共感するし泣ける。

でもね、
こういう万歳突撃みたいなドラマづくりは昭和に封じて出てこれないようにしないと。所謂本当そういうとこやぞ、と言う。後は推して知るべし。

いやむしろ死に際の走馬灯ファンタジーとしてリアルなのかも知れない。

河瀬監督のVisionとの違いを考えてしまった。
ibuko

ibukoの感想・評価

4.4
中国地方先行上映。
同じようなところ、日本の各地にあるん
だろうなぁって思うような田舎の話なのだけど、途中からポロポロ泣けて泣けて(;_;)

自分の田舎も人口が減り、田畑は荒れ。
親も年を取り…。
家を出てからは 親から仕送りや野菜を送ってもらい、今は同じように子供に仕送りをして。
そして ずっと田舎に住む同級生もいる。

故郷や親を大切にしたいと思わせてくれます。
田舎に住む人も 都会に住む人も 若い人にも観てもらいたいなぁと思える映画です(*^^*)
Aki

Akiの感想・評価

-
前情報無しに先行上映との触れ込みに惹かれて鑑賞。素晴らしかった。出演者も舞台も、失礼ながら地味なれど、全く緩むことのない映画。北の国からの現代版のようでもあるが、あざとい演出も脚本も一切なくさりげなく故郷への憧憬、都会へ逃げた恥ずかしさを伝えてくれるよう。大ヒットは難しいかもしれないが、成功を願わずにいられない映画。

このレビューはネタバレを含みます

島根県先行上映で見ました。
美しい自然と人々の暮らしといった、光景が実によく描かれています。
過疎で失われつつある川との共存、地域の伝統文化や、良い水の恵みに育まれた食文化、こうしたものへの郷愁がにじみ出ていて、もう手遅れかもしれない、という思いを一段と強化させてくれる作品でもあります。
他県の人が見ればまた違うのかもしれませんが。
島根県に暮らすものとしては、ちょっと寂しさを感じるような思いが残ります。
izumo

izumoの感想・評価

4.5
帰ってきたタイミングでこれを見たので、ドンピシャでした。
DVD買います。

変に親が理解があるから子供はここを出てくんだよ的なセリフが響きました。
令和2年(2020年)1月5日(日)
於:広島サロンシネマ
評価:④
*過疎や認知症の課題は深刻だけれども、日本人に生まれてきて良かったなぁとしみじみ思える作品で、人への情を初め、親の子への思いや子の親への思いなどがすっと心の襞に染み入ってきます✨また、映像がとても美しい✨
加えて、日頃、映画の題材にあまりならない神楽が取り上げられていて、神楽好きには堪らない映画です🎥
yun

yunの感想・評価

4.0
何度かうるっとした場面もあり、静かなトーンながらも最後まで退屈に感じることなくあっという間に時間が過ぎた。
地元が田舎なこともあり、リアリティを感じた。
映像も美しく、石見神楽もかっこよかった。
観てよかったので周りにも勧めたい。
た

たの感想・評価

4.5
きっと今年1,2を争うくらい観て良かった映画。

透明感のある高津川の描写や、赤い瓦?が映える集落、朝の光が差し込む山々、そういう映像美がとてもよかった。

きれいな里山も伝統芸能も先祖代々の継承も、全部そこに人が住んでいてこそだなと改めて感じさせられた。もちろん、豊かな自然あっての暮らしだけども。

そんな風に心に染みるような前半と打って変わって、後半の物語の展開ではこんなに心が揺さぶられるとは思わなかった。

あんなに涙が止まらなかったのは久しぶりと思う。
マコトの立場が自分だったらと思うと考えさせられるものがあった。
マナブのように本気で焼くおせっかいは決して無駄じゃないんだろうな。
露骨さのない、しみじみと人情が感じさせられるようなシーンが散りばめられていて、それがとても愛おしかった。

最後に現実的な目でみると、水質豊かな一級河川があってインフラも整ってて、イベントがあってそこに集まる人々がいる田舎はまだ健全な方なのかなと感じた。
>|