ふたりの桃源郷の作品情報・感想・評価

ふたりの桃源郷2016年製作の映画)

上映日:2016年05月14日

製作国:

上映時間:87分

4.2

あらすじ

「ふたりの桃源郷」に投稿された感想・評価

Taku

Takuの感想・評価

-
点数なんてつけられませんでした。
2人の生きている姿や娘達の姿を観ていて家族の暖かさを感じ取れました。お互いがお互いのことを誠の意味で愛しているのが伝わってきました。
やっている映画館はほとんどありませんがぜひぜひたくさんの人に観ていただきたい作品です。
25年間の記録、絶対に映画にするべき映画でした。夫婦のお互いへの愛情、親として娘を思う気持ち、娘が親を思う気持ち、誰もが自分とだぶらせて、観ずにはいられないと思います。何度も泣けました。
柊

柊の感想・評価

3.9
山に向かって「おじいさーん」と叫んでこんなに可愛いのは、ハイジ以来だ。
小さな映画館でしかやってなかったけど、
ほんとによい。観て良かった!
観て欲しい!!
生きること、老いること、死ぬこと。
沁みました、もう1回観たい。
HAL8192

HAL8192の感想・評価

3.9
ドキュメンタリーとして有り有りと伝えた老後の「田舎暮らし」

「田舎暮らし」に理想を描いている人達を応援する為に、擬似的に錯覚させるような作品が多い印象の中、第二の人生を歩むための「田舎暮らし」の美しさと困難さが見て取れる作品だった。

まず、完全な山での暮らしと隔絶された二人の世界の温かみを感じさせられ、ほのぼのとした序盤からどんどんと真に迫って来る問題が出て来る。

年金問題や娘達の問題、そして何より「老い」の問題だ。

この作品はとにかく「田舎暮らし」を選んだ人生のその一生を克明に映している。
いい悪いではなく、一つの終わり方を見た気分になった。
yuko

yukoの感想・評価

3.3
2017.7.16 札幌プラザ2.5
(札幌映画サークル)
sat0mi

sat0miの感想・評価

3.5
やっとみられてよかった。
大きいスクリーンでみることができる幸せよ。

人生フルーツは見れてないけれど、あなたその川を渡らないではとっても好きだった。比べるわけじゃないしカテゴライズしたいわけでもないけど、おじいちゃんおばあちゃん密着型ドキュメンタリーわりとありますね。

おじいちゃんがかっこよくて!おばあちゃんがかわいい!髪の毛長いおじいちゃんはかっこよくて好きだったけど髪の毛切ってからのおじいちゃんは人が変わったようにまるい雰囲気を纏っていてすごく優しそうで一気におじいちゃまになっていたね。

山とおじいちゃんおばあちゃんの関係は生活そのものなんだね。

大好きなおじいちゃんが上映後に最高のベットシーンだったって言っててやっぱり大好き!って思った。私もそう思った!
良かったです。そもそもの鑑賞のきっかけは武田鉄矢のラジオで紹介されていたのを聞いたことでした。ようやく鑑賞できました。
おばあさんが亡くなった時に、二人が元気だった頃の映像が挿入されるのですが、そこで涙腺に熱いものを感じました。時の移ろいを感じたのでしょうか...。

平成3年は自分は何をしていたのか、平成14年は何歳だったのか、とかを考えながら見ていると色々と考えさせられました。
たくさんの家族・親戚に囲まれて、老夫婦が飲んでいたラガービールは特に旨そうでした。幸せのひとつの理想形を見たような気がしました。
ポレポレ東中野にて

山で暮らす老夫婦の25年間の記録。最初は元気なじいちゃんばあちゃんにほっこりさせながらも段々と迫りくる"老い"という壁とそれを支える家族の姿に胸がいっぱいになった。

生きるということは支え合うことなんだと改めて感じさせられる愛らしい人生の話。

上映終わったみたいだけど人生フルーツが好きだった人はぜひ
>|