ごはんの作品情報・感想・評価

ごはん2017年製作の映画)

上映日:2017年01月21日

上映時間:118分

3.6

『ごはん』に投稿された感想・評価

高円寺シアターバッカス/SF特撮映画セレクト特別編『未来映画社 特集』にて鑑賞。
まいった、当然良い意味で言ってます。
安田監督作品は『拳銃と目玉焼』以来の鑑賞ですが、2本共に感動レベルの高さを維持…

>>続きを読む
IMAO

IMAOの感想・評価

4.0

安田監督は実家が農家だそうだ。彼は映像作家となったが、そのスピリッツは多分農業にある。その想いがこの映画を作らせた。だからこの映画そのものは嘘だが、その想いには嘘がない。そこがこの映画の最大の強みで…

>>続きを読む
めっちゃおなかが空きます。

観終わってから食べたおにぎりが美味しすぎました。
はやみ

はやみの感想・評価

3.5
門真国際映画祭にて観賞。
映像がとても綺麗だし、登場人物ひとりひとりの物語が垣間見えてやわらかさを感じました。

人が大切にしてたものって失ってから気づくことが多いんですよね。
指

指の感想・評価

3.8
人の本音と大事にしたものに
触れた時に溢れてくる

お父さんが本当に
暖かくて不器用で愛しかった

年月をかけた
美しい田んぼの風景
馮美梅

馮美梅の感想・評価

3.8

東京でOL生活をしていたひかり、ある日脳いっ血で他界する。

問題は父が預かってる田んぼをどうするかで近所の人たちにとっても問題。手伝ってくれてるゲンちゃんも仕事中に骨折して仕事にならない有様。

>>続きを読む
「七人の侍」をまた見たくなるお米映画でした!

ごはん🍚が食べたくなるし、お米も人も脆くて、弱くて、伸びるものかも 雑
kyaname

kyanameの感想・評価

3.4

お米が題材という時点で観ることが確定したし、ポイントが高くなるのは仕様です。
全体的には荒削り、お米で言えば籾~玄米って感じで、主人公が展開に引っ張られて不自然な動きをしているのが気になったり、意図…

>>続きを読む

「拳銃と目玉焼」の安田淳一監督が3年かけて作成した低予算かつエンターテイメントムービー。残念ながら初日の舞台挨拶には行けなかったが、映画は素晴らしい内容。
米作りのテキスト的内容であり、日本の農業の…

>>続きを読む
トラ猫

トラ猫の感想・評価

3.3

ブルク7での上映最終日の舞台挨拶付きの回に仕事帰りにダッシュでなんとか間に合って鑑賞できました。

前回の拳銃と目玉焼きも舞台挨拶での鑑賞でした。この映画監督の出演者の舞台挨拶は、なんか普通の舞台挨…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事