レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想いの作品情報・感想・評価

「レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い」に投稿された感想・評価

 20代後半に観ました。最も好きな映画の一つと記憶しています。僕のハートムービーで、何度も観ていました。
 原作のシュチュエーションをスゴく深く、掘り下げたと感じました。

 前半のスローな展開は、未開発のアメリカの大自然の雄大さを演出していると考えられます。

 素晴らしいとはいえ、自然しかない場所に都会から美しい娘が1人で嫁いでくる。節操なく見える人もいるかもしれませんが、兄弟で奪い合いになるのも、娘がぐらぐらするのも必然なこと。
 夫に先立たれた若い美しい娘が、あの環境で、独りでいる方が不自然なのです。

 トリスタンは、勝負をすれば、勝つのは自分と知っていながら、その選択は、敗北に徹し、本当に自分を犠牲にしていたと思います。言わば、自分の欲望と闘いながら、残り物の幸福を噛みしめるように頂く。
 そして、家族愛は、父親に準じています。

 途中に少しだけ、トリスタンが、航海に出て、世界中を旅するシーンがあります。僕は、サーフィンをしていて、海が好きなので、トリスタンが世界中を船で旅するエピソードが観たいです。
pilmo

pilmoの感想・評価

3.6
サウンドトラックが好き。
ストーリーは、どうということない。アメリカの開拓時代の歴史ドキュメントのような感じ。
まろ

まろの感想・評価

2.3
なんか散漫な感じ。
主人公含め、話を進めるために無理矢理行動してる感じで説得力が無い。この人物が行動したからこういう話になった、みたいな必然性は皆無。
途切れず流れる音楽が自分にはどうにもミスマッチで、そんないい話にも思えない中くどかった。
とにかく、野性的なブラピがかっこいい。
序盤の恐ろしい兄弟愛、おいおい少女マンガかよって白けて見てた。最後まですっきりしないモヤモヤした話だったけど壮絶で悪くなかったかな。
スザンナ不運すぎてその運命選ぶ気持ちは分からなくもない。でも最初にイザベラ裏切ったのはあなたよ。
EUJ

EUJの感想・評価

3.4
先住民との問題、第一次世界大戦から禁酒法時代までを生きたある家族の話。特に次男のトリスタン(ブラッド・ピット)に焦点をあてている。

上記の激動の時代をうまくまとめおり、随所に入るナレーションや自然の雄大さ、俳優陣の演技など見て印象的なシーンは多い。
ただ、ストーリーが薄く、インディアンのイメージやヒロインのただ可哀想なだけなどがあげられる。

あと、ブラッド・ピットがカッコよさは存分に詰まっている。
マツモ

マツモの感想・評価

3.7
物語の密度よ
最後の締めくくり方、いかにもって感じだな

大きくなっても小突き合う兄弟いいな、ロケーション壮大すぎなのとても良いしブラッドピッドが格好良すぎる
reo

reoの感想・評価

-
半分程を鑑賞して止めた。
役者の表現力にスター性が有る程、陳腐に見えてしまう演出とストーリーだと感じた。
>|