ブレイブハートの作品情報・感想・評価

ブレイブハート1995年製作の映画)

BRAVEHEART

製作国:

上映時間:177分

ジャンル:

3.8

「ブレイブハート」に投稿された感想・評価

FUJITO

FUJITOの感想・評価

3.2
第68回アカデミー賞作品賞!
第1回目の投稿ということで、何を観るか悩んだんですが自分の生まれ年のアカデミー賞である今作をチョイスしました。

自由のために戦った男の物語。
177分という超大作でありながら、時間を気にさせないテンポのいいストーリーでした。
ミューロン役のキャサリン・マコーマックがかわいい💕
死ぬまで信念を貫く生き方に感動!
こうやって歴史が変わっていくんですね。
史実を元にした歴史映画だけれどその辺の歴史に詳しくなくてもずいぶんとスコットランドに都合よく脚色されてるというのは想像に難くなくウォレスと皇太子妃とのラブロマンスに至ってはもう…wという感じで、伝説のヒーロー像としてはありなんでしょうけど。父親と兄を殺されてからおじの家で育ち、青年になり村に帰ってきて結婚するというにはメルギブソンのビジュアルがトシ食い過ぎてて正直キツかったです。体はすごく鍛えられてて素晴らしかったですが。
“Every man dies. Not every man really lives. ”

これに尽きますね。

当初、“本当に生きる”ことは愛する人と田畑を耕し静かに生きることだった。しかし、それが不可能になった時、如何にして“本当に生きる”のか…メル・ギブソンしびれるわー
(個人的に宗教的文脈が分からないので、“本当に生きる”行為に神による肯定感を乗っけるのは、共感出来ないけどね)
上記テーマを描くには生理・安全欲求がままならない時代を舞台にすると際立つのかも。

演技だと、メル・ギブソンの目の情報量がすごい!とても複雑な感情表現を目だけで観客にビシビシ伝えてくる。

好きなシーンはミューロン父がウィリアムの頭に手を置くシーン。宗教的な背景が無い自分でもグッときた!

地味にエドワード国王のキャラも魅力的だったなー
Jin

Jinの感想・評価

3.7
“お前の心は自由だ。
勇気を持ってその心に従え”

“人は皆死ぬが本当に生きる者は少ない”



スコットランド独立の英雄ウィリアム・ウォレスを描いた物語。

幼き頃に父と兄を殺され、大人になってからは結婚した妻をイングランド軍に殺されたウォレスが、祖国の自由のために戦う話。


14世紀のスコットランド独立戦争の英雄。
自分の利益のために立場が二転三転する貴族たちと、自由のために戦う市民。
政略結婚や親子の愛憎。
欲望に従順すぎて立場が変わりまくる戦国時代のよう。

20年前の映画とはおもえないほどの迫力。大掛かりな戦争シーンの真っ只中で表情アップのカメラワーク。

どこまでが本当か分からない話だけど、自由を求めて戦った漢の話はかっこよかったし、丁寧な立場の説明や見応えある戦闘シーンで、三時間あっという間だった。

特にスコットランド人のちょっと小汚い感じとか、独自の文化、支配が長すぎて民の国としての意識が低いことなど、
民族の特徴が細かくて面白かった。


最近またこういう世界の独立話が話題になってるから、こうやって歴史的立ち位置を勉強し直すのはいいかもしれない。

自由のための戦いは未だ続く。
Ik

Ikの感想・評価

3.7
歴史勉強不足。権力者の覇権争いで敵味方が簡単にひっくり返ったり、日本も戦国時代でやってた訳だけど、なかなか信じ難い。
ウィリアム・ウォレス、男の中の男だ。
メル・ギブソンがかっこよすぎる!
しかも主演だけでなく監督もしてるとは!彼の他の作品も気になってしまった。
外見からは野性的な印象が強いが、内面には強い信念と知性がある。改めてこんな男になりたいと思った。
ヒロインはどちらも美人でした。
特にミューロンの笑顔が素敵でした。
テーマソングも良かった。

名言
「人は皆死ぬが、本当に生きるものは少ない」
Sally

Sallyの感想・評価

4.0
ちょっと俗っぽい感じもあるけど、信念があっていい。じーんとする。
いい映画!またみたい^ - ^
第一次スコットランド独立戦争の英雄ウィリアム・ウォレスを描いた歴史映画。3時間もあるので、観ようかどうか迷ったが、やはりこの手の歴史映画は見応えがあるので、飽きなかった。「事実は小説より奇なり」というが、やはり実際に起きた歴史だけに、人間心理等がリアルだ。ストーリーのテンポも良いし、戦闘シーンなども迫力がある。現代でもスコットランド独立が話題になるが、イングランドとの長い軋轢の一幕が垣間見え、映画による創作もあるのだろうが、英国史の勉強にもなる。歴史映画好きにはかなりオススメ。
こういうのを観ると、スコットランドVSイングランド とか、セルティックVSマンUとかの意味がなんとなくわかる気がする……でも、気がするだけで本当のところは日本人にはわからないんだろうけど。
>|