「ブレイブハート」に投稿された感想・評価

フリーダムを勝ち取れ
これを機に10年ぶりくらいに観たけど、やっぱり最高の映画だな...メルギブソン監督の映画の中でも最高傑作だし、史実系のヒーローが主役の映画の中でも最高傑作だ。
スコットランドの自由を求め戦う実在した人物のお話。

ラストの叫びで涙。
信念を折らない生き方がなんともカッコイイ!
ブレなさすぎるよ、ウィルアム…。

戦いのシーンで集まるエキストラの数には圧巻。CGではない、ナマモノ感がいい。
映画採点
作品82
監督A56
主演B+6
助演B+6
脚本B+6
衣装・映像S5
音楽 A3
思わず3時間見入ってて、気づいたら
最後に泣いてて驚いた。
人は皆死ぬが本当に生きる人は少ない
凄く刺さった言葉だった。
かっこいい生き方は明らかなのに、
なぜ、皆がそうは生きられないのか。
また折に触れて観たいと思った。
freedoooooooooooooooooooooooooooooom.
熱い映画を観たな~って感じになります。

名作ですね
映画なので歴史上(ではイザベラと出会ってない)と少し違いがありますが、映画史に残る作品です。
タイタニックやアバターの亡きジェームズ・ホーナーの音楽は泣けよ。
 映画は100分を理想としている私にとって3時間の超大作は中々手がでにくいのだが、『ハクソー・リッジ』も公開されるしアカデミー作品賞を受賞している訳なのでこの機会に鑑賞。

 監督兼主演はメルギブ。微妙に長髪が似合ってないと思うのは俺だけなのだろうか。先日見た『アポカリプト』と同様にバイオレンスや伝説要素が強く、おそらく『マッドマックス』シリーズの影響を受けているのだろう。
 イギリス内の民族が仲が悪いのは昨今のニュース番組やケン・ローチ監督の『麦の穂をゆらす風』でなんとなく知っているのだが、ウィリアム・ウォレスの存在はこの映画で初めて知った。映画的な面白さのために所々脚色や改変はあるが基本的には史実であるらしい。すこし調べたが、この後エドワード2世の嫁イザベラがクーデターを起こし、エドワード3世に王位を継がせるとか。それを知っているともっと面白いけど、イザベラとウォレスの間に子供(後のエドワード3世?)ができたという映画的改変は蛇足かなあと思う。

 総合的には良作といって間違いなく、3時間もあるが集中して見てられる。撮影はアイルランドらしく、その大自然が物語をつつみ、壮大さと美しさの印象を与える。
 前半ウォレスと嫁がイチャイチャし始めたときはどうなることやらと思ったが、初夜権の行使にやってきたイングランド兵があっさりと嫁を殺してからは面白い。え、もう死んじゃうの!?みたいな。スピーディーな戦闘、バイオレンスは圧巻である。
 しかし、今度はイングランド兵が単細胞のステレオタイプ的な悪として描きすぎていてる点に引っかかる。とどのつまりもうすこし人間味が欲しい。そこに貴族・アイルランド人・イザベラの裏切りや葛藤が入り込んできたのが上手いなあ、と。
 
 現代でも金や権力にすがりつく輩はごまんといる。分からんでもないが、それはウォレスの言うように生きながら死んでいる。そんな奴等に殺される機会があるならばウォレスの最後の叫びを引用したいね。FREEDOOOOOOM!!!
>|