ブレイブハートの作品情報・感想・評価

ブレイブハート1995年製作の映画)

BRAVEHEART

製作国:

上映時間:177分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ブレイブハート」に投稿された感想・評価

AM

AMの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

おおお
トロイのキャスト揃ってる!
から興奮。

妻が殺され、
彼女の父は跪くウォレスに震える拳を振り上げようとするが、頭に優しく手を置いた。
コイツなんかと出会ってなければ。
ただ苦しみを分かち合ってる以上、
この怒りをどこに当てれば良いのか。

そして最後、ウォレスのバラバラ遺体が見せしめされた後、自由を勝ち取るために戦うスコットランド軍の最前線に彼女の父が。
憔悴どころか軍の士気は上がっていた。
完璧だと思った。
キャスト沢山いたけど、
それぞれが光ってた印象が強い。
本気度十二分。
馬にトゲ刺す戦闘シーンのメイキング見た過ぎてしょうがない。
あと馬と海に飛び込むシーン。

「民衆に自由を与えるものこそ真の貴族だ」
「人は皆死ぬが 本当(真)に生きる者は少ない」

自由になりたくないかい!?
思うように生きたくはないかい!?
君は思うように生きているかい!?

「Freedom!!!」

震えた映画でした。

追記:よく映画や歌詞でもそうだけど潮時という言葉を誤って使っていることは多い。
ただこの映画では正しく使われているので、素晴らしいと思いました。
こういう細かいポイントも、良い映画をより好きになるためのポイント♪
【1回目の鑑賞】
愛する妻の命を奪われ復讐するところ等は初代のマッドマックスと同じで、しかも2度も美しい女性からモテるなんてズルいくらい羨ましい!こんな事言ってはならない真面目にレビューせねばならない重いテーマの戦争映画ですね。では、本編について真面目に書くならば、権力行使し酷い事をする組織に立ち向かう勇気に終始釘付けになった。どの時代にも真のリーダーとはこういう人が成るのだなぁと感じた。ラストシーンの処刑台で最後まで組織に立ち向かう本物の強さに大号泣!目を背けてしまう残虐なシーンも多いが、人間のズルさや欲を考えさせられる非常にスケールの大きい映画であり何回も観たいと思いましたね。
Tucker

Tuckerの感想・評価

2.0
なんかおすすめされたから見たけど、すっごく普通だった映画。

なんか少年ジャンプ的な暑さを感じる映画だった。

当時のリアリティを追求してるのかもしれないけど、全編通して映像というか風景が地味だった印象
-----------------
自分用記録
②4-1  吹替
実話を基にしたスコットランド独立戦争の映画。

哀しすぎるきっかけから
自由を求め民衆を従えて戦うウォレス。
最後は親しきものの裏切りに会いながら道半ばで倒れるも、彼の意思は継がれて行き最後は。

何気なく観てみたがとても心に残った。
一度は見るべき作品。
TrueRy

TrueRyの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ベスト映画の一つ。正直、メルギブソンは好きじゃない。でもなんだ、この作品のメルギブソンは、めちゃめちゃいいやん!

愛を享受する瞬間、悲しみ、怒り、虚しさ、裏切り。それらを表情でうったえ、伝えてくる彼にいつしか感情移入し、彼を応援したくなる。彼の正義、が故郷、そしてスコットランドを一つにし、そして歴史を作ることに。

歴史の戦闘ものは数あれど、描写や戦略、展開がリアルに感じられ、そこも手に汗握るポイントに!

後半の色恋は必然性は感じないが、王が苦しむように直接伝えたのには少し拍手。

しかしブルース、あなたの悲痛な表情だけは見たくなかった。自分の良心に気付くのがもう少し早ければ。。。

フリーーダーーーーム!!
Hana

Hanaの感想・評価

3.8
フォレスの最後まで信念を貫く姿は心にぐっときた
あそこまで強い意志を持てる人間になりたい
実際この長さで五回くらいは見てるので、面白がってるんだろう。
maron0914

maron0914の感想・評価

3.8
幼少期に父親を、結婚式後すぐ妻をイングランドに殺害された実在のスコットランド英雄ウィリアム・ウォレスが復讐と自由をかけて戦う物語。

メル・ギブソン監督映画は何本か観てきたけど、ほんとに残酷な描写に妥協がない。
目を覆いたくなるような光景が多い。
だけど、「こう作らないと伝わらない。」という制作魂を感じる。

結末は悲しいけど、後味は悪くはない。
そんな作品。
見事な殺陣。

何人か大怪我してる、多分。

見事な教訓。

上級国民の言うことは、しんじてはいけない。

それと、ハリウッドスターは、剣さばきと乗馬が上手くなくてはならない。

大作映画を見るたびに実感します。
>|