ラスト・オブ・モヒカンの作品情報・感想・評価・動画配信

「ラスト・オブ・モヒカン」に投稿された感想・評価

Love

Loveの感想・評価

5.0
30年近く前に見て以来、久しぶりに鑑賞しました。
今見ても色褪せない名作でラストは感動しました。
壮大な自然も音楽も、愛を貫く主人公も全てが美しい作品です。
inu

inuの感想・評価

3.0
嫌な奴と思っていたヘイワードが1番かっこよかった。
ウンカスとアリスにも幸せになって欲しかったなぁ…
物語と音楽の雄大さがとても合っていた。
寿司

寿司の感想・評価

3.8
ダニエル・デイ=ルイスの凄さを改めて認識させられる映画でした。山の中を走る姿でも、ドラマパートでの落ち着いた佇まいでも、どの場面を観ても先住民の役を演じてる感が全くなく、本物にしか見えなかったです。引退が本当に惜しまれる。

ストーリーはいたって普通だし、最後のシーンも盛り上げの為に無理に形作った感じが否めませんが、マイケル・マン監督の演出力で上手く作品全体が整えられていると思います。
時七紙

時七紙の感想・評価

3.8
アメリカ史として欠かせない側面を描いた原住民が闘う物語ではあるものの、主人公とヒロインのラブロマンスが主軸にあるので万人が共感して観やすい。まるでディズニー映画のよう(時に殺伐で残酷だけれど)。森も山も人も美しい。
戦争映画かと思いきや、むしろ恋愛映画、メロドラマとしてすばらしかった。
劇的なシーンを土砂降りの中で撮るのって良くあるけど滝の裏側で撮るつうのは凄まじい。
夜の野営中、歩き回る主人公がふと足を止めるとカメラがパンしていき、フレームの中に女が入ってくるシーンの空間処理。めちゃくちゃマイケル・マンでカッコよすぎる。
東裕二

東裕二の感想・評価

3.6
20211010-385

原作:ジェームズ・フェニモア・クーパー『モヒカン族の最後』

美術:ウォルフ・クレーガー
taaaaaaa

taaaaaaaの感想・評価

4.0
Blu-rayを入手したので視聴。
この手の大河ロマン系大好き。
アメリカ大陸の大自然良い。
non

nonの感想・評価

3.6
サー・ダニエル・デイ=ルイス主演、「Heat」のマイケル・マン監督。

1750年代の北アメリカで実際に起こったフレンチ・インディアン戦争(原住民を巻き込んだイギリス軍対フランス軍の戦争)が舞台。デイルイス氏は孤児?でモヒカン族の族長に育てられたホークアイと呼ばれ射撃の名手という設定。山を縦横無尽に走り、獲物を仕留める何とも野性味溢れるシーンから始まる。うわーーー😳

イギリス軍の将軍の娘コーラとのラブロマンスはそれぞれの兄弟姉妹(ウンカスとアリス)の死で何だかチーン…となってしまった。最後のモヒカン族となってしまった父チンガチェックが可哀想。アメリカでは何度も映画化されて人気だそうだけれど、ストーリーははまらなかった。

「父の祈りを」で父親役のピート・ポスルスウェイト氏がイギリス軍将校役で出演していましたね。あまり映らなかったけれど。
ラストオブってそういうことかよ…

マスケット銃片手にひたすら走りまくるモヒカン族がかっこよすぎる。
やっぱいいっすねマイケルマン。
感動した🥺
やはり強い男はかっこよい。
自然と共に生きる男はかっこよい。
強い女もかっこよい。
>|

あなたにおすすめの記事