モンタナの風に抱かれての作品情報・感想・評価

「モンタナの風に抱かれて」に投稿された感想・評価

2002年12月30日、鑑賞。

この映画、自然を映した描写は美しいのだが、物語がイマイチだった。

また、内容のわりに長尺。167分は長い!
furafura

furafuraの感想・評価

4.0
馬好きの方の勧めで観ました。
お馬さんに会いたくなる。
美しい映画。
のん

のんの感想・評価

3.5

乗馬中の事故によって心と体に大怪我を負ったグレース(スカーレット・ヨハンソン)と、愛馬ピルグリム。
娘を立ち直らせたい母親アニー(クリスティン・スコット・トーマス)も、実は都会生活でストレスに晒され心がささくれ立っている。
そんな二人が訪れたモンタナで、馬を癒すホースウィスパラー(レッドフォード)をはじめ土地の人々と自然との交わりの中ゆっくり再生されてゆく物語。

多分少数派だろうけどレッドフォードにカウボーイハットが似合うと思えず監督に専念して欲しかったけれど、馬と心を通わせ信頼を築く過程が繊細に丹念に描かれてるのが魅力的。
何も考えずただその映像に魅入ってしまえる。

この少女がスカヨハだったの知らずに観てたので確認再鑑賞しました。
KAZUKI

KAZUKIの感想・評価

3.9
わー、久々にじんわり温まる映画に出会えました。
乗馬中の事故が原因で心に傷を負った母と娘の再生ストーリーなんですけど、只々雄大で美しいモンタナの風景が良い回復剤になってます。
こういう大自然に囲まれた生活から心が癒えていくタイプの映画は大好物です。
三時間近くと長い尺だが、是非じっくり時間をかけて心のリフレッシュにオススメします。

似たタイプの映画だとハルストレムの「アンフィニッシュライフ」も好きなのでまた観たくなりましたね。
静かな物語…今や大ハリウッドスターのスカーレット・ヨハンソンが初々しいが、もう顔は完成してて将来のブレイクは決まってたかのようだ❗

クリスティン・スコット・トーマスというスレンダーな女優も何だろう?!とても印象深い…

ミッションイン・ポッシブル

海辺の家

イングリッシュ・ペイシェント
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

4.0
2007/9/2鑑賞(鑑賞メーターより転載)
私のスカーレット・ヨハンソンのファン歴はここから始まった。この映画の彼女ほど透き通るようなピュアな女性がいるだろうか。モンタナの美しい風景と緩やかに流れる時間がさらにそれをサポートしている(今はやや劣化してしまったが)。あと、馬で事故にあった友達役がケイト・ボスワースということに後から気付いてまたびっくり。
matsukaze1

matsukaze1の感想・評価

4.5
ロバート・レッドフォードが格好いい。クリス・クーパーも格好いい。父親役のサム・ニールも格好いい。

結論:おっさん格好いい。リバーランズスルーイットもおすすめ。
ロバート・レッドフォードのためのロバート・レッドフォードな映画。

傷ついた馬を癒すホース・ウィスパラー。
馬に乗っていて事故にあい、親友を亡くし片足を失った少女とその母親。
そして事故の影響で、暴れるようになってしまった馬のお話。
観たお。この時代、若い私にはわからなかった。不倫を肯定(肯定しないが)しだしたのは、年老いたからなのか?
もっかい観たいなぁ^_^
ちも

ちもの感想・評価

3.5
娘のトラウマの克服なのか、母親の女としてのラブストーリーなのか、どっちがメインなのかよくわからなかったけど好き。
馬が美しい。
>|