43年後のアイ・ラヴ・ユーの作品情報・感想・評価・動画配信

「43年後のアイ・ラヴ・ユー」に投稿された感想・評価

sasami

sasamiの感想・評価

3.5
昔愛し合った彼女に会いにアルツハイマーの振りをして老人ホームに行く話

ゆりの花を送ったり思い出の曲をプレゼント、ロマンチックすぎる
いよら

いよらの感想・評価

3.7
心温まる映画でしたね。

妻に先立たれて一人暮らしをしているクロード。ある日、昔の恋人で女優だったリリィが認知症で施設に入っていることを知り、彼女が少しでも昔を思い出せるようにと、認知症と偽って施設に入所してしまうという話です。

ただ、そばにいたい、それだけなんですよね、彼の行動理由は。
少しでも思い出してほしいからといって、強引な方法を取ることはないし、昔話も人の話ように語ってるところもあって、「君に読む物語」を思い出しました。まあ結婚相手は別にいるんですけど。
そして思い出してもらう方法が良かったですね。彼女が一番輝いていた瞬間。それを再現できるようなもの。生き生きとしていたリリィはホントに輝いてました。

最近、ファーザーという認知症の映画を見ただけに、認知症と偽るっていうのは、ちょっと当人たちの気持ちを蔑ろにしてるんじゃないかなと思ったりもしたんですけど、他の入所者に対しても温かく接していたので良かったです。でも認知症と偽るのはどうかとは思いますけどね。

孫とのやりとりも楽しかったです。というか、この主人公クロードが結構自由な人で、毒舌だったり、お酒好きだったりしてて、それも面白かったです。
犬

犬の感想・評価

3.2
美徳

妻に先立たれ、ひとり気ままな老後生活を送っていた70歳の元演劇評論家クロードは、昔の恋人で人気舞台女優のリリィがアルツハイマーのため介護施設に入ったことを知る
もう一度リリィに会いたいと考えたクロードは、自身もアルツハイマーのフリをして同じ施設に入居するという大胆な計画を実行
リリィと再会を果たすことに成功するが、リリィの記憶からクロードの存在はきれいに失われていた……

ブルース・ダーンが主演を務め、アルツハイマーで過去の記憶が失われた元恋人に思いを伝えようと奮闘する老人の姿を描いたハートフルドラマ

なんとか記憶を
あの手この手で頑張ります

笑い
ホッコリしました

演劇について

過去
家族の話もあり

雰囲気良かったです
はむ

はむの感想・評価

4.0
かつて愛し合った女性がアルツハイマーに
長い年月が経ち、再会を果たした彼はもう一度愛を伝えるために彼女の心の扉をノックし続ける
そんな風に愛される彼女も幸せだけど
そんな風に愛せる人のいる彼もなんて幸せなんだろう
愛の記憶はなくならないと思いたくなる作品
同じような病気の家族がいたのでより感情移入してしまいました
記憶をなくした、とされる人もきっと心の奥の小さな部屋に楽しかったこと、そして愛した人たちのことを覚えてくれていると信じたいです
Kate

Kateの感想・評価

3.8
主演ブルース•ダーン
43年前の恋人、舞台女優のリリィはアルツハイマーを患っていた。彼女に会うため嘘をついて近づくが記憶は戻らない。果たして彼の嘘は実を結ぶのか?
shoma

shomaの感想・評価

3.7
主人公のクロードは妻を亡くし、親友のシェーンと老後を謳歌していた。

そんなある日、初恋の相手でもあり昔の恋人リリィがアルツハイマーを患い、施設に入居していることを知る。
クロードはアルツハイマーの"フリ"をして同じ施設に入居することになる。

主人公のクロードがとてもチャーミングで行動力も半端ない笑
それだけリリィのことを今でも愛していることが伝わってきます🥰

親友のシェーンもクロードの頼みを何でもやってくれて本当に良い友達🎵

愛は病気より勝るのか🤭

『きみに読む物語』をよりコメディタッチに描いたような、心温まる映画でした✨
Natsu

Natsuの感想・評価

3.6
いくつになってもドキドキ、ワクワク感を持ち続けられるんだと思いました。おじいちゃん、おばあちゃんになっても素敵な人生が待っている!そうありたいと、とても感じました。元気なお年寄りになるぞ〜😊
いかにもアメリカって感じのストーリーだけど、主演のふたりがとにかくいい。
いやーブルースダーン歳とったなあ。娘婿の話はいらなかった感はありますが、もっと短くなっちゃいますもんね。素敵な脚本でした。
kazu

kazuの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

少し違うけど、君に読む物語 のようなSTORY。
仲の良いじーちゃん同士の会話にクスっと笑うとこあったり、言い合ってる薬💊の名前に聞き覚えがあって、ちょっとガクン⤵︎😓ときたり…
でも、そんなに泣けなかったかな、だって、そんな言うたら、奥さんだった人がかわいそう…って、思って
 やっぱり 君に読む物語 がいいな…
>|

あなたにおすすめの記事