ロング,ロングバケーションの作品情報・感想・評価・動画配信

「ロング,ロングバケーション」に投稿された感想・評価

p

pの感想・評価

-
いい映画だった
どんな人生にするか、どんな人生の終わりにするかは自分で決める!!
夫は痴呆症が,妻は末期癌が進行する夫婦.文学者だった夫の夢,すなわちヘミングウェイの家を見たいという希望を叶えるために,夫婦はキャンピングカーに乗りマサチューセッツからフロリダの最南端キーウェストまで約2000kmの旅に出ます.
当然ロードムービーの形態ではありますが,行く先々での人々との交流というよりも,終活にも似た二人の行動が主眼となります.目的地に近づけば近づくほどに二人の病状は悪化するという状況は地獄のトリップに見えますが,暗いムードは微塵もありません.だって老いてなお健在,おそらく映画史上最高齢のベッドシーン(撮影当時ヘレン・ミレン72歳,ドナルド・サザーランド82歳)が展開するくらいですもの.そして死よりも恐れるもの,それは二人が離れ離れになること.ツインベッドで眠ることさえ厭うほどに(ここ大事です.試験に出ます.ちゃんとメモるように).

ドナルドといえば,本作は2016年8月の設定,そうドナルド・トランプ氏が大統領候補となり選挙活動を展開している真っ最中であり,作中でも支持者による応援活動と遭遇します.夫は民主党支持者であるのにそれすら忘れトランプ支持者と共に「USA!USA!」と気勢を上げるシーンはユーモラスでありますが,同時に痴呆症の深刻さを表現する良きシーンでありました.

夜はキャンプ場に泊まるのを常としていますが,そこでのお楽しみは過去の思い出写真スライドの鑑賞会.夫の痴呆進行を少しでも遅らせようと,そして改善させようとするかのように.それでもやはり記憶は混濁します.そこで妻は「私のあの人を返して!」と,あまりの現実の辛さに声を荒げ.その妻に対して「私も返してほしい」と夫はつぶやきます.ここは危なかった.もう少しで落涙しそうになりましたが,呼延灼は男の子なので泣かないのです.

泣くといえばラストシーンに涙はありませんでした.本人も周囲を全て悟っていたのでしょう,実際こーゆー悟り方って難しいですよねぇ.私なんて師匠が亡くなられた時,みっともないほどにギャン泣きしちゃいま・・・
あれ?師匠・・・えっっっっ・・・なんで生きてんですか!ってヤメテヤメテヤメテヤメテ師匠の稽古3時間なんて地獄じゃん,ソレダケハ!!!!


あと作品とは何も関係ないことですが,どっかの阿呆なレビュワーがネタバレ指定せずにラストを書いてましてね,こーゆー阿呆は爪の肉の色が毎日変わる呪いにかかればいいんですよ.まったく・・・
じぇふ

じぇふの感想・評価

4.1

わたしもキャンプ旅したい。
今もしたいけど同じように年老いてからのキャンプ旅。外で思い出をプロジェクターで映し出しながらお酒を嗜みたい。贅沢すぎるよ。

年老いても恋人同士のような関係が素敵です
ayu

ayuの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

私たちのハッピーエンド!

アルツハイマー夫と末期癌妻の
ロードムービー。
いとおしいやりとりや表情。
ダンスシーンがとてもよかった。

夫と手を繋ぎながら観ました。
いい映画だったな。愛だな。愛だ。

このレビューはネタバレを含みます

we must not be separated


死を待つより

死を選択する人生
それは
自分の生を選択してることに
コウ

コウの感想・評価

5.0
めちゃくちゃ良い映画。老夫婦2人で旅をしながら、人生を振り返るだけの映画なんだけど、徐々に旅の目的が分かって行く感じが見事。終わり方も美しい。

🎬ランクB
🧡2021/113

---
🔖ヘミングウェイ
「The Leisure Seeker=楽しみを見つける」
これが私たちの、ハッピーエンド。

ウィルとジェーンへ
弁護士の電話番号よ
あらゆる手配はしてあるわ
心配はないけれど-
クレジット会社の請求書にはビックリするかも
最後は少し楽しんだから
こんな結末を許してね
今は辛いでしょう
でも その気持ちは変化する
ホッとするの
私たちの心身が衰えるのを見ないですむから
私たちという重荷を肩から下ろさせたから
どうか罪悪感を感じないでね
私は父さんを愛してる
もうすぐ死ぬのに父さんを置いてけないわ
一心同体だから
今も きっとどこかで一緒にいるわ
素晴らしいバカンスだった
素敵な日々だったわ
私たちのハッピーエンド

愛を込めて 母より
元大学教授で認知症が進んでいるジョンと末期ガンを患っている妻のエラ。共に人生の最後が近づいていると感じ、キャンピングカーでジョンが敬愛するヘミングウェイの家を訪れに、フロリダまで旅をするロードムービー。

主演はドナルド・サザーランドとヘレン・ミレン。相性バッチリな2人のやり取りはテンポも良いし見てて楽しめました。認知症と末期ガンという重い病を抱えた老夫婦ですが、暗さは感じさせずコメディベースで走り続けます。

ロードムービーなだけに道中何もない訳がなく、突然行方不明になったり、給油中にエラを置いて勝手に出発したりするジョンのトラブル。他にもパンクしたり、強盗に襲われるもショットガン使って追い払ったりと様々な出来事が起こるので終始飽きずに楽しめました。

そして旅の途中で発覚する驚きの過去もあり、夫婦仲が窮地に陥る展開もお約束。それでも半世紀連れ添った夫婦の絆はそう簡単に崩れない。夫婦愛の良さを見せてもらえた気がします。

かなり賛否両論分かれそうなラスト。これで本当に良いかどうかは難しい話ですが、最終的には本人たち次第。個人的には確かに残念な面はあるけど、これはこれで良い気もする終わり方だったと思います。
ナツ

ナツの感想・評価

4.0
老夫婦の正真正銘、最期の旅

こんなハッピーエンドがあるだろうか
>|

あなたにおすすめの記事