ロング,ロングバケーションの作品情報・感想・評価

ロング,ロングバケーション2017年製作の映画)

The Leisure Seeker

上映日:2018年01月26日

製作国:

上映時間:112分

ジャンル:

3.8

あらすじ

夫婦生活はや半世紀となる元文学教師のジョン(※アルツハイマー進行中)と妻のエラ(※末期がん)。子供たちは巣立ち、人生の責任はすべて果たしきった今こそ、夫婦水入らずで思う存分に自分たちの時間を過ごせる時が来たのだ。愛車のキャンピングカーでルート1号線を軽快に走り、向かうはジョンが敬愛するヘミングウェイの家があるフロリダ・キーウエスト。毎晩思い出の8ミリを投影し、共に歩んできた人生を追懐しながらひた…

夫婦生活はや半世紀となる元文学教師のジョン(※アルツハイマー進行中)と妻のエラ(※末期がん)。子供たちは巣立ち、人生の責任はすべて果たしきった今こそ、夫婦水入らずで思う存分に自分たちの時間を過ごせる時が来たのだ。愛車のキャンピングカーでルート1号線を軽快に走り、向かうはジョンが敬愛するヘミングウェイの家があるフロリダ・キーウエスト。毎晩思い出の8ミリを投影し、共に歩んできた人生を追懐しながらひたすら南へと旅していく。「ただいま」なんて気にしないくて良い、最後にして最高の旅が始まる!

「ロング,ロングバケーション」に投稿された感想・評価

yoshiki

yoshikiの感想・評価

3.8
あと1.5倍の時間の、超絶大作にすれば、完璧な映画になったかなと思う
1つ1つの困難、悩みを乗り越えるのが早すぎるなあと思った

でも、誰かとともに生きる ということを考えさせられる、素晴らしい映画だった
記録
ブランク13、エターナルときて、3本目にこの作品。見てて言うのもなんですが、辛いです。
子供2人が大学で関東に出て、1人で過ごしていると辛くなります。
こんなラスト送りたかったなぁ

娘さんとの電話、その後の弟とのやりとり泣けました。
生涯、長いような短いような。悲しいことや、いろいろな事件、許せないこともあったけも、幸せなこともたくさんあって。ハッピーだったかどうかなんて、一口で語れる人はいないんだろうな。みんなが違う道を歩いて、それぞれに想うことがある、それが人生なんだろうな。
私の人生は私だけのもの。親の人生も。
ゆ

ゆの感想・評価

3.0
愛の逃避行。

長寿(老人の時間が伸びた)の現代社会で、いかにして人は老いと寄り添って生きるか?的な映画かと、途中まで思っていたし、老いの切なさと少しの喜びに感動していたが、最後まで見るとこれは二人の恋物語、がちがちのラブストーリーだと分かる。"長く生きた人"の恋物語。

ラブだね!

ヘレンミレンもドナルドサザランドもがっつりおじいちゃんおばあちゃんだが、見つめあう二人のシーンでは美しくオーラを放っている。恋し合う二人。

2016年とか、トランプとかあったけど、原作があるのかなぁ?
tugmi

tugmiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

人生の最後まで一緒にいること。
ガソリンスタンドに置いていっても、妻や子供の顔を忘れてしまっても、ジョンにとってはずっとエラが一番で、元彼にずっと嫉妬してる。(浮気の後ろめたさもあったのかしら)
毎日顔を忘れてしまうジョンに、貴方がいないと生きていけないというエラになんとも言えない気持ちになる。劣悪な老人ホームにぶち込んでサヨナラしたくなるほど好きだったんだな。
ヘミングウェイの家は残念だったけど、現実とはそんなものか。
海のシーンが天国みたいに綺麗だった。

毎晩必ずスクリーンで、重ねて過ごした思い出を2人で見る。走馬灯みたいだったな。

自分も人生の最後はキャンピングカーに乗って毎晩人生の上映会をしようと思った。
笑いアリ、切なさアリ
不思議と、悲しいとは思わないラストでした。
cozycozy

cozycozyの感想・評価

3.7
辛くて切ないハッピーエンドだった。ドナルド・サザーランドとヘレン・ミレンの掛け合いがいっそう物語を色濃くする。
ヘレン・ミレンとドナルド・サザーランド、名優の共演。
結末は、つらいものがある。夫婦で旅する最後のふたりの時間。失なわれる記憶。残り少ない時間。老いと人生。ユーモアもあり楽しいけれど、最後はせつなくなる映画。
ゆー

ゆーの感想・評価

3.8
笑って観れていい映画でした!見ててすごく微笑ましかった♪あんな旅してみたい!!
miumiu

miumiuの感想・評価

3.7
老夫婦がキャンピングカーで旅するロードムービー。夫婦を演じるのがヘレン・ミレンとドナルド・サザーランドと豪華、抜群の安定感。

夫が認知症、ということで若い時の記憶がきっかけでキュンとしたり逆に大喧嘩したり。しんみりした話かと思いきや結構笑えた。
非常に佳い映画、人生のどの時期に観るかで泣く場面も笑う場面もガラリと変わりそうだなあ。
観ている間は正直「長いなあ」と思った、でも振り返るとどの場面もカットできない、欠かせない。

旅の間も、2人の服装がずーっとお洒落なのが素敵だった。まるでデートのよう。
特にヘミングウェイの家で着ていた白いワンピース、可愛かったなあ。
>|