カルテット!人生のオペラハウスの作品情報・感想・評価・動画配信

「カルテット!人生のオペラハウス」に投稿された感想・評価

yukoyuko

yukoyukoの感想・評価

3.0
出演しているおじいちゃんおばあちゃんたち、みんな素敵でした。ただ、内容はちょっと退屈かなぁ。これといった大きな山場もないし。最後のコンサートもっとしっかり聞かせて欲しかったな。結局カルテットのメンバーが歌うシーンもなかったし。残念。
kodama

kodamaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

こんな優雅な老人ホームがあるならぜひ入りたい。毎日みんなで歌ってる演奏して、最高じゃないですか…。イギリスのマナーハウス?みたいな建物で暮らせるだけでも、コンクリートジャングルに住む私のような平民には夢のような生活だ。入居料めちゃくちゃ高そうだけど。

舞台に上がるときに、さらっと「結婚しよう」と伝えるのがすごく良かった。おじいちゃんおばあちゃんだけど、すごくキュンとした。
ぽむ

ぽむの感想・評価

3.5
現役を引退し、老人ホームで暮らす音楽家たちがホームの存続をかけたコンサートに挑む姿を描く物語。

笑いもあり楽しく見れる。
おじいちゃん、おばあちゃん素敵だった。
ストーリーは可もなく不可もなく。
ダラっとした感じもなく時間的にもいい感じ。

カルテット!
人生のオペラハウス
うーん。もう少し音楽要素があっても良かったなぁ。
Cozy39

Cozy39の感想・評価

2.4
ダスティン・ホフマンが70超えての初監督作品。

音楽やキャラクターは良かったのに、全般的にスローな感じで抑揚がなく、さあこれから、という感じもなく終わってしまった。
それなら、最後の音楽の場面をちゃんと聴かせてよと思う。

題材はいいのに何か勿体ないなあという残念な感じがありました。
キキ

キキの感想・評価

3.1
ゆったり、心地いい音楽たち
もうちょっと聴きたかったな~

盛り上がりはないけれど、音楽に一生を捧げる素敵なご老人たち。年をとっても
体が悪くなっても、仲間と一緒にこうやって老後をすごしていきたい。

エンドロールで実際のキャストが現役時代の写真とともに紹介される、みなさんかっこよすぎる、、🎼
音楽家にとっての引退とは何か。ビーチャムハウスは引退した音楽家たちが多く入居する老人ホームでの物語。
その路一筋の人間がその道から外れたとしてもプライドや経験だけは色あせる事はない。特に音楽家に於いてはその傾向が強いのだろうと思う。かつての栄光の姿と今の自分とのギャップに苦しみ頑なに歌おうとはしない往年のプリマドンナ、ジーンを旧友3人が最後は温かく迎え入れるシーンは微笑ましい。4人で歌う歌劇「リゴレット」の四重唱「美しい恋の乙女よ」をはじめとする劇中に奏でられるクラシックもまた癒し。
キャストは全て音楽家たちによるもので演奏のシーンもリアルで心地よい。
歳を取る事が引退につながるわけではない。生涯現役でありたい。
HOKUPOKU

HOKUPOKUの感想・評価

3.3
登場人物の心理描写いまいちピンとこず。建物や自然の映像は美しい。
Rachel

Rachelの感想・評価

3.4
なんと優雅な老人ホーム。
やはり成功者は違う。
みんな自分の過去の偉業を自慢しまくる。
映画なら微笑ましい、、。

全体的にもう一声感あったけど、レジーの一途な想いがかわいい!
サラッと言うプロポーズにグッとくる!!
DVD📀所有、再鑑賞。ダスティン・ホフマン初監督作品。

引退した音楽家たちが暮らす「ビーチャム・ハウス」で穏やかに余生を送るレジー、シシー、ウィルフのもとに、昔のカルテットメンバーでありながら、野心とエゴで皆を傷つけ去っていったジーンがやってくる。近く開かれるコンサートが成功しなければハウス閉鎖という危機を迎え、誰もが伝説のカルテット復活に期待を寄せるが……。「戦場のピアニスト」「潜水服は蝶の夢を見る」などで知られる脚本家のロナルド・ハーウッドによる戯曲を映画化した。
ろっち

ろっちの感想・評価

3.9
老人ホームの話。
引退した音楽家達が集う老人ホーム。経営難で定例の音楽会で盛り返そうと奮闘するも、切札が無く困っていた。そこにかつてのスターが入居してくる…が過去に色々あって……ってあらすじ。
面白かった。往年の名女優名俳優、名音楽家達の共演でした。そして名曲の数々でした。ストーリー云々よりも音楽を聞くだけでも幸せになれます。
まぁ多くは語るまい(笑)
>|